さよなら辛いダイエット、5つの頑張らないで痩せる方法!

さよなら辛いダイエット、5つの頑張らないで痩せる方法!
可愛い服を着たくても、たるんだ二の腕やぷよぷよのお腹、緩んだお尻が気になって着られないことがありませんか。おしゃれをしたいからと痩せる方法を探しても、即効性がある方法は見つかりませんよね。痩せる方法の多くは、自分の欲望と戦わなければならないから、サイトや雑誌の情報を読んだだけで、諦めたくなります。頑張らないで痩せる方法があればいいのにと思いますよね。

そこで今日は頑張らないで痩せる方法を探している方に、5つの頑張らないで痩せる方法をお伝えします。ではご覧ください。



 

さよなら辛いダイエット
5つの頑張らないで痩せる方法!

 

風船をふくらます


痩せる方法に「腹式呼吸をすると良い」という話を聞いたことがある方がおられるのではないでしょうか。腹式呼吸をすると血流が良くなって、血中の酸素濃度も上がって代謝が良くなります。それに、腹筋を使うので腸の動きも良くなって、消化が活発になり痩せる体が作れます。

でも、腹式呼吸って難しいですよね。腹式呼吸の練習をするだけで気持ちが疲れてしまいそうです。実は、腹式呼吸にはコツがあるのです。そのコツを簡単に使いこなして痩せる方法をお伝えします。

まずは100円ショップで売っている風船を用意しましょう。一日10回、その風船を吹いてふくらませると、見て分かる腹式呼吸ができます。とても腹筋を使うので、最初は辛いかもしれませんし、お腹が筋肉痛になることもありますが、風船をふくらますことに慣れた頃には、腹筋がついてお腹が引き締まっています。

 

骨盤を立てる


姿勢が良く美しい立ち姿をすると、インナーマッスルが鍛えられます。ですが、ここでは痩せる方法というより、いますぐ痩せて見える方法として、インナーマッスルを鍛える姿勢をとることをおすすめします。

インナーマッスルとは、体の外側からは見えなくて骨盤周辺についている、体を支えるための重要な筋肉です。インナーマッスルを鍛えると、同じ体重でも体が締まって見えますよ。また、体力がついて、重い物を持上げるのが楽になり、走る泳ぐなどのスポーツのパフォーマンスが上がります。インナーマッスルを鍛える体操はいくつかありますが、教室に申し込んだり通ったりと時間がかかるのは、いますぐ痩せたい人には向きませんね。今このサイトを読みながらインナーマッスルを鍛えて痩せる方法があります。その方法が「骨盤を立てる」です。

座っている方の骨盤の立て方を説明します。まず、お尻の下の二つの坐骨と尾骶骨の先が椅子に当たるように座ります。股関節が90度になるように骨盤を起こしましょう。骨盤を立てると猫背も伸びますよ。

立っている方の骨盤の立て方は、まず、お尻の筋肉に力を入れてお尻を締めてください。骨盤の一番上の丸くなった部分、ズボンのベルトがある位置と床が平行になるように、ごく軽く下腹を出します。横から鏡を見て、股関節が曲がっていない真っ直ぐな状態になっていれば、骨盤を立てる姿勢は成功です。いつも鏡を見て、この姿勢を維持してくださいね。これは痩せる方法としては、一番手っ取り早い方法です。骨盤を立てると、お尻の筋肉だけでなく腹筋も使いますし、内臓が動きやすくなるので消化も良くなって少しずつ痩せていきます。とりあえず、姿勢が良くなった分だけ痩せて見えます。

 

スクワットをする


痩せる方法としては少し努力が必要ですが、努力した分の見返りが大きいのがスクワットです。スクワットをしてお尻の筋肉である大殿筋を鍛えると、お尻がキュッと上がります。お尻が締まると、スリムに見えますよね。でも、足の筋力に自信がなくて、もともと無い筋肉は使っても締まらないし、筋肉を鍛えるって時間がかかると思っている人もいますよね。このスクワットなら簡単にできます。

まず、背中を壁につけて立ちましょう。両足を30㎝ほど前に出して肩幅に広げます。背中を壁に付けたまま、椅子に座るようなつもりで両膝を曲げます。この時に、両膝がつま先より前に出ないように気をつけてください。この両膝曲げがスクワットです。足の筋力に自信がない方は、背中を壁にもたれさせたままでスクワットをします。もう少し、力を入れても大丈夫そうだと思われた方は、背中を壁から離しましょう。スクワットの回数は、10回を3セットです。10回やったら休憩を入れて再開してくださいね。

スクワットをしている休憩に、効果の確認の為に自分のお尻を触ってみてください。柔らかかった筋肉が硬くなっていたら、上手に筋肉が使えているということです。続いて、スクワットが終わったら、鏡を見てみましょう。スクワットをする前とお尻の高さが変わって、足が長くなっている自分の姿が見えますよ。

 

炭水化物を減らす


炭水化物ダイエットは体に良くて痩せる方法なのか悪い方法なのか、テレビやネットではまだまだ議論が活発ですが、やり方によっては短期間で効果的に痩せる方法になります。

痩せる方法として炭水化物ダイエットが良くないと言われているのは、炭水化物を全部抜いてしまうからです。炭水化物は体を動かすエネルギーなので、炭水化物がなくなると体がだるくて重くてしんどくなります。だから、一日でエネルギーを使う時間である日中の食事には炭水化物が必要です。朝食と昼食はしっかり炭水化物もとりましょう。夜は寝るだけですから、炭水化物は控えます。その代わり、ダイエット中にもバランスの良い体を作るために、体を作るタンパク質とミネラルやビタミンをたっぷりとります。

夕食だけ炭水化物を抜く痩せる方法を行って理想の体重になったら、夕食にも少しだけ炭水化物をとるようにしましょう。朝、起きた時に使うエネルギーが無くなって、起きぬけのがだるくなります。

 

熟睡する


睡眠不足は体と心の疲れがとれなくて代謝を下げるので、太りやすくなります。痩せる方法として、熟睡できる、質の良い睡眠がとれるよう心がけましょう。なぜなら、熟睡して体と心の疲れを取ると日中の活動性があがって、効果的にカロリーを使えます。逆に睡眠不足の時には食欲を増進させるホルモンのグレリンが増えて、食欲を抑えるホルモンのレプチンが減少するので、甘い物やポテトチップスなどのカロリーの高い食べ物が欲しくなります。カロリーの高い食べ物は太るもとですから、食欲が出るのを抑えるために、良質の睡眠をとりましょう。

夜に熟睡するためには朝の目覚めが大切ですから、朝はカーテンを開けて日光を浴び、しっかり目を覚ましましょう。

 

可愛い服を見つけても、痩せないと着こなせる自信が持てない時もありますよね。痩せる方法を知って、可愛い服をスタイルよく着こなしたいものです。ダイエットは時間がかかると思っている方が多いのですが、今すぐできる痩せる方法もあります。今日はスタイルをよく見せながら痩せる方法を5つお伝えしました。どれも今日からできる簡単な方法です。最初は努力が必要ですが、ちょっと気を付けて癖にしてしまうと、体重が増えたと気が付いた時に手軽にできて、いいスタイルを保てますよ。今日お伝えした、体重を落としながらスタイルよく痩せる方法を覚えておいてくださいね。

 

今日のまとめ

簡単にできる5つの痩せる方法

風船をふくらます
骨盤を立てる
スクワットをする
炭水化物を減らす
熟睡する

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c