痩せたいのに痩せない人が改善すべき7つの生活習慣とは

痩せたいのに痩せない人が改善すべき7つの生活習慣とは
いろいろなダイエットを試しているけどなかなか痩せない…そんな悩みを持つ人はきっと多いはず。痩せたいのに痩せない!そんな悩みを持っているときに目につくのは、すらりと痩せたスリムな人です。スリム美人の人たちは、一体どうやってその体型を維持しているのでしょうか。

スリムな体を維持できる秘訣は、実は生活習慣にあります。そこで今日は痩せたいのに痩せない…と悩んでいるみなさんにスリム美人が行っているの7つの習慣をお伝えします。ではご覧ください。



 

痩せたいのに痩せない人が改善すべき
7つの習慣とは

 

必要以上に食べている


食べ過ぎると太るというのは当たり前の話ですね。スリムな人と太り気味の人は「食べる」ということに関しての習慣が全く違います。

スリムな人は「食事は空腹を満たすもの」と考えています。お腹がすいていないときには必要以上に食べないことが習慣になっているのです。

おいしそうなものがたくさん並んでいても「もうお腹いっぱいだから」と必要以上には食べません。

それに対して太り気味の人は、お腹がすいてないときでも「時間だから」「いま食べないとお腹がすくかも」「残したらもったいない」と必要以上に食べてしまう傾向があります。

ダイエットしようと食事をヘルシーフードに変えても、食べ過ぎてしまっては効果はありません。

痩せたいのに痩せない…と悩んでいる人は、食事の時に「まだお腹すいてる?」と自分に問いかけてみましょう。「空腹じゃない」と感じたら、食べ物の前から離れて食べ過ぎないようにしましょう。

 

朝の時間を無駄している


朝の時間の使い方で、体型は変わってきます。朝は食べたものをエネルギーに変えてしっかりと消費するだけでなく、代謝が良くなり脂肪をため込みにくいのです。

ただ、朝からしっかりと食事をとるためには、朝きっちり目覚めて、体が「食べたい」と欲求する状態にしなければなりません。ギリギリまで寝てバタバタ出かける準備をしていては、食事もとれませんね。

スリム美人は、朝はゆとりを持って起き、しっかりと体を目覚めさせて、食事をとります。余裕がある人は、食事の前にストレッチや散歩をして体を軽く動かした後食べるとよいですね。

夜の間に食べ物は消化されて空腹になっているはずです。お腹に負担のかからない野菜やフルーツをたっぷり食べるようにするといいですね。朝のこの習慣で、自然にお通じが良くなって便秘も解消されますよ。

 

姿勢が悪い


スリム美人の共通点は姿勢が良いことです。正しい姿勢を保つには、常に体の内側の筋肉を使わなければなりません。それで代謝がアップし、脂肪をためにくくなるので、スリムな体型を維持できるんですね。

良い姿勢を保つポイントは3つあります。一つ目は、片腕だけに負担をかけないことです。荷物を持つ時肩腕だけに負担がかかるとバランスが悪くなります。左右均等に使うようにしましょう。

二つ目は座るとき足を組まないことです。足を組むと骨盤が歪み内臓に負担をかけ、代謝が悪くなり、痩せにくくなってしまいます。

足を組まずに、膝を閉じて座るのは、最初は辛いものですが、それを辛いと思わなくなるころ、きっと太ももがすっきりと細くなっているはずです。

三つ目は背筋を伸ばすことです。背筋を伸ばすには、肩を広げお臍のあたりを引っ張り上げるイメージでお腹を持ちあげます。肩や背中周りの筋肉や腹筋二以外に負担がかかってるのわかりますね。

このポイントに気をつけると自然に良い姿勢になっていきます。正しい姿勢が身に着いたころ、あなたもスリムになっているかもしれません。

 

だらだらと動く


スリム美人の共通してきぱきしています。体を動かすことを億劫に思わないんですね。ひと駅分程度の距離なら歩く、エスカレーターを使わず歩く…などは当然の習慣です。

掃除・洗濯、片付け、何をするときもだらだらしないせずてきぱきと動いています。頭の中で「洗濯機を回している間に掃除機をかける」「洗濯物干したら次は…」というように、次の作業の時間割を決めて実行しています。

実はあまり考えずに行動するより、考えながら行動した方が消費カロリーが多いのです。

 

休日もだらだらしている


スリム美人は休日もアクティブです。折角のお休み、のんびりゆっくり過ごしたい…と思うものです。でも、のんびり過ごしたい休日も、朝はしっかりと起きるようにしましょう。

朝に光を浴びることは、体調を整えるのに大切なことなのです。休日に寝坊してダラダラ過ごしてしまうと、平日にてきぱき動いて整えた体のリズムがくるってしまうんですね。

スリム美人は、休日も早起きしてアクティブに活動しています。痩せたくても痩せない…という人は、スリム美人のこの習慣を取り入れましょう。

 

疲れた時に怠けすぎる


座ったまま仕事をしていて疲れた、なんだかだるい…そんな時、ついつい寝転がってしまいますね。スリム美人は、ちょっと疲れたなと思うとき、ちょっと散歩したり、ストレッチをしたりします。

じっとしているのに疲れるのは、体の血行が悪くなっているからです。血流が滞ると、酸素や必要な栄養分が運ばれなくなります。そうすると「疲れた」と感じるんですね。

疲れたときには、適度に体を動かしましょう。ちょっとトイレに行く、手足をぶらぶらする、ストレッチをする…それだけの行動で、血流が良くなり、コリや疲れがほぐされます。

血流が良くなると、代謝が良くなり、痩せやすくなりますよ。痩せたくても痩せないと悩んでいる人は、疲れたらゴロンと寝っ転がらず、少し体を動かしてみましょう。

 

湯船につかっていない


お風呂の時間、見たいテレビもあるし…とシャワーだけで済ませる人は多いですね。スリムな人は湯船につかる時間を大切にしています。

少しぬるめのお湯にじっくりとつかることで、血流を良くし体の中の老廃物を排出しやすくします。お湯の中でストレッチやマッサージをすると、さらに効果的です。リラックス効果があり、寝付きもよくなります。

また、冷え症が改善されて便秘が解消されて、脂肪をためにくくする効果は絶大です。痩せたくても痩せない…と悩んでいる人は、お湯にじっくり浸かる習慣を取り入れましょう。

 

いかがでしたか。スリムな人の生活習慣は、意外にも毎日のちょっとしたことで「これなら私にもできそう」というものが多いですね。スリム美人の習慣を取り入れると、痩せたいのに痩せない自分にはさよならできそうですね。

ただ、間食や、ついついだらんとした姿勢になること、ゴロンと寝っ転がることは、日常生活のあちらこちらで誘惑してきます。その誘惑に負けない固い意志は必要ですね。

でも、スリムになった自分を思い浮かべると、その誘惑も振り払えるはずですよね。

 

今日のまとめ

痩せたいのに痩せない人は

・必要以上に食べない
・朝の時間を大切にする
・姿勢を良くする
・てきぱきと動く
・休日もだらだらしない
・疲れた時は体を動かす
・毎日湯船につかる

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c