ダイエットに効果抜群の5つのエクササイズ

ダイエットに効果抜群の5つのエクササイズ
今までも、ダイエットに効果があるエクササイズは何度も試したけど挫折したということはよくありますよね。

例えば、最初少しサイズダウンしただけで後はどんなに頑張っても効果が上がらないとか、筋肉だけが育ってしまい肝心な部分のダイエットの成果は得られなかったのではないでしょうか。

もしくは効果はあったけどとても辛いエクササイズで、二度とやりたくないというものかのどちらかで、結局は簡単にダイエットなんて出来ないのだと何となく諦めているはず。

だけど、もしかしたら自分に合う出来そうなダイエットがないかという気持ちも捨てきれず、今も理想のダイエットエクササイズを探している人がたくさんいます。

続けやすく、そして目に見える効果を自分自身が感じること、それがダイエットエクササイズで挫折しない方法です。そこで今日は、生活習慣にしたくなる効果的なダイエットエクササイズをお伝えします。

小顔で見た目印象をスッキリさせよう

毎朝、歯磨き後の3分間ダイエットエクササイズで小顔効果を実感しましょう。まず1つ目は鏡の前で大きな口で「あ」「い」「う」「え」「お」と一文字ずつ区切りながら声を出します。

家族に聞こえるのが恥ずかしければ声を出さなくても良いですが、お腹を凹ませながら声を出して行うとお腹のエクササイズにもなるのでおすすめで、これを1分間行ってください。

次に眉を動かさないように目線だけを360度ぐるっと回し顔が痩せてくると弛みやすい目の下のエクササイズをしましょう。筋肉の動きを意識しながらゆっくりと3回位行い、意識的に動かすのに慣れてきたらスピードアップして毎朝10回位やってみてくださいね。

その後、フェイスラインを整えるために、顔は正面に向けたまま顎の関節を軸にして顔の下半分を口を軽く開けた状態で左右にずらします。

変顔を作るようなイメージで行うと、フェイスラインに効いているのが良くわかるので、鏡を見ながらやってみましょう。たった3分でとても簡単なのでチャレンジしてみてください。

 

痩せにくい二の腕の裏をスッキリさせよう

鏡の前で片方の腕を身体の側面に付けた状態で下し、その際に反対の手で二の腕の裏側のお肉を胸側に軽く引っ張ってみると、かなりスッキリした印象になります。この見た目をダイエットエクササイズで手に入れましょう。

まず床に座り、脚を肩幅くらいに広げたら、手は体の側面に自然に下します。手の甲が体側に向くように床に着けて、軽く膝を曲げお尻を浮かせてください。これが基本姿勢です。

基本姿勢を作ったら、すぐに右膝を出来るだけ胸にゆっくりと引き寄せた後、基本姿勢に戻します。その後すぐに右膝をゆっくりと伸ばしながらお尻を基本姿勢よりも上に持ち上げ、足先は頭よりも少し上の高さになるようにしてください。

この時、左のかかとは床に着けない様にし、約4秒間キープしましょう。右膝を曲げながら再度胸に近づけて、ゆっくりと基本姿勢に戻してください。休みを入れずに左右交互に4回ずつ行い、この1セットを1日で4セット行えばOK。

二の腕だけでなく、脚を伸ばす時の高さを変えれば腹筋の様々な個所に効果があるので試してくださいね。

 

キレイな後姿を目指し背中をスッキリさせよう

下着で背中のお肉に段差が出来ていたりするのを見ると、どんなに正面からの姿が素敵でもガッカリしますよね。後姿は年齢が出やすい部分なので、ダイエットエクササイズをするなら、必ずケアしたいパーツのひとつです。

でも、他の気になる部分のエクササイズで目いっぱいだという人も多いでしょう。だから仕事中や自宅でくつろいでいる時に出来る背中をスッキリさせるダイエットエクササイズをご紹介します。

椅子に深く座り、背もたれに背中を軽くつけて背筋を伸ばします。手の平を前に向けたら、ゆっくりと息を吸い込みながら両腕を斜め45度位の高さに大きな伸びをするような感じで伸ばしてください。

そして肩甲骨が動いているのを意識し、息をゆっくり吐きながら肘を肩の真横に来るように曲げながら下ろします。これを1セット10回位繰り返せばOKです。

座った状態の方が肩甲骨が動いているのが分かりやすいのですが、慣れてくれば立ったままでも出来るようになるので、どこでも出来るようになります。

 

ポッコリお腹をスッキリさせよう

食事制限で痩せても、ポッコリお腹はなかなか解消されませんよね。お腹はある程度鍛えなくてはスッキリしないので、お腹を凹ませるダイエットエクササイズをするのがおすすめです。

でもダイエットエクササイズがキツイと続けるのが難しいので、寝たまま出来る簡単なものをやってみましょう。まず床にマットなどを敷いて寝ころび、手を胸の辺りで交差させたら膝を立てます。

脚のすねが床と並行になるように90度に曲げてください。息をゆっくりと吐きながらおへその辺りを覗きこむように上体を傾けたら、ゆっくりと息を吸いながら元の位置に戻りましょう。これを5回位繰り返し、1日3~5セット行えばOKです。

このダイエットエクササイズは、呼吸法を合わせたものなので無理に状態を高く上げたりする必要はありません。ゆっくりとした呼吸で毎日自分が無理なく出来る回数を継続することが、ポッコリお腹を解消するので日課にして忘れないようにやりましょう。

 

むくみやすい脚をスッキリさせよう

細いだけでなく適度に筋肉がついた脚って素敵ですよね。特にバレリーナは真っ直ぐでキレイな脚の人が多いのでバレエのポーズを使ったダイエットエクササイズで、スッキリをした脚を目指してみましょう。

バレエの基本ポーズで「グランプリエ」という内ももからふくらはぎまで脚全体を引き締めるすごいものがあります。腰の高さ位の椅子の背もたれやバーがあれば出来ますよ。

やり方は背もたれに軽く手を掛けたら両脚のかかとをつけた状態でつま先を180度に開くのですが、もし出来なければ可能なだけ開きましょう。

その際、太ももの付け根から足元にかけて脚の内側を外側に向けるように力を入れると筋肉を使っているのが分かり易く効果的なダイエットエクササイズになりますよ。

下腹に力を入れて引っ込め、お尻にもキュッと力を入れたらゆっくりと腰を下におろしてください。膝はつま先と同じ方向(外側)に折るようにし、脚の付け根から膝が床と並行になるまで下すのがポイントです。その後ゆっくりと元の位置に戻し、これを1~2分行ってください。

 

さて、痩せたと実感しやすいダイエットエクササイズ、どれも短時間で出来るものばかりなので、2~3個くらいなら毎日やれそうですよね。

しかし、簡単だからこそ継続することが大切で、目標のスタイルになったからと止めてしまうとすぐに元に戻ってしまうので、回数や時間を減らしたり、少なくても週に2、3回位は行うようにすればキレイな体型をキープすることが可能です。

そうすれば、辛い食事制限や全身筋肉痛になりそうなダイエットエクササイズとはこれからは無縁の生活になります。

それに自分の納得するスタイルを手に入れれば鏡を見るのが楽しくなり、毎日の全身チェックをすることで自然と太りにくい体になるので正面だけでなく、横向きや後姿もきちんと確認するのを忘れないでくださいね。

仮にちょっと気になる箇所が出てきても、継続しているダイエットエクササイズの時間や回数を少し増やせば元に戻ります。要は、戻すのが大変な体型になる前に手を打つのが大切なので、細く長く続けていきましょう。


連記事