辛い低血圧を改善する7つの生活習慣改革術!

辛い低血圧を改善する7つの生活習慣改革術!
毎日朝起きるのが辛く、酷い倦怠感や眩暈で動けない。吐き気や食欲不信、酷い冷え性等の症状に悩まされていませんか?しっかり寝たはずなのに、翌日起きていられない・・・その症状はもしかしたら『低血圧』が原因かもしれません。

高血圧に比べ、低血圧は健康と取られがちですが、日常生活に悪影響を及ぼす場合があります。低血圧症状はうつ病等の症状と似ている事から気付かれにくく、女性のみならず男性にも多く、年齢が高くになるにつれ危険度も増します。

低血圧には2種類あり、病気が原因で起こる『二次性低血圧』と、特に原因が無い『本能性低血圧』で、二次性低血圧は病気を治療する事で改善する事が出来ます。多くは二次性低血圧で、治療で無理に血圧を上げなくても、食生活の改善や適度な運動で症状を改善する事が出来ます。そこで今日は辛い低血圧を軽くする生活習慣についてお伝えします。



 

辛い低血圧を改善する
7つの生活習慣改革術!

 


食生活を改善しよう


低血圧による食欲不振で、食欲がわかない為に、1日1食しか食べない。好きな物だけを好きな時に食べる。そんな食生活を送っていませんか?栄養不足は低血圧を引き起こす原因の1つとされています。量は少なくても、1日三食食べる事が大切です。栄養バランスを考えて、タンパク質・ビタミン・ミネラルを摂るようにしましょう。

食事制限をするダイエットは避けた方が良いでしょう。また、冷たい食べ物や甘い物は身体を冷やす原因となります。甘い物は避け、意識的に温かい物を食べるようにしましょう。疲れやすさを軽減する為に、クエン酸を取り、水分を多く摂る事も大切です。水分を多くとる事で血液量を増やす事が出来ます。

 


生活リズムを整えよう


規則正しい生活をする事で、低血圧を改善する事が出来ます。心臓から血液を送り出す心拍をコントロールしているのは、自律神経(副交感神経)です。不規則な生活を送っていると自律神経が乱れやすく、低血圧を引き起こす原因の1つとなります。

自律神経には活動している時に働く交換神経と、リラックスしている時に働く副交感神経があります。この交感神経と副交感神経の切り替えが上手くいかないと、朝スッキリと起きる事が出来ません。

生活リズムを整え、朝日を浴び、しっかりと朝食を摂る事で自律神経の切り替えを促しましょう。

 


運動をしよう


重力によって血液は下半身にたまりやすくなっています。下半身の筋力が低下すると、心臓に血液を送り返す力が弱くなってしまいます。下半身の筋力をアップする運動を行う事で、低血圧を改善する効果が期待出来ます。低血圧の場合、激しい運動は心臓に負担をかけてしまう事があるので、ウォーキング等の有酸素運動がおすすめです。

筋肉質な人には低血圧が少ない事から、筋肉トレーニングや腹筋を行っても良いでしょう。

 


タバコを控えよう


『朝起きて一服しないと目が覚めない』喫煙者ならではの習慣ですよね。実はこの行為が、あなたの低血圧症状を重くしている原因の1つになっているかもしれません。

タバコには毛細血管を収縮する効果があります。低血圧は全身に血液を送る力が弱く、さらに喫煙によって血のめぐりが悪くなると低血圧症状だけではなく、冷え性の原因ともなります。タバコを控え低血圧症状を改善しましょう。

 


お酒を控えよう


アルコールの摂取は、血管が広がりさらに血圧が下がる原因になります。また、低血圧の場合飲酒による失神を起こしやすくなります。アルコールは控えるようにしましょう。

 


お風呂でリラックスしよう


ストレスがかかると交感神経が活発となり、血管を収縮させます。ゆっくりとぬるめのお風呂でリラックスして、血のめぐりを良くしましょう。低血圧症状だけでなく冷え性も改善する事が出来ます。

低血圧の場合、入浴時に気分が悪くなる事があるようです。血管が広がる事によって、血圧がさらに下がる事が原因です。無理に長湯をせず、眩暈等を起こして転倒しないように注意しましょう。また、どうしてもお風呂に長く入れない場合は、半身浴や足湯がおすすめです。

 


低血圧が改善するツボを押そう


食生活や生活リズムも気をつけているのにスッキリしない場合は、低血圧症状改善効果のあるツボを押してみましょう。一番簡単なツボは、両手の親指の付け根にある陽谿・太淵というツボです。強めに刺激しましょう。
また、ふくらはぎをマッサージする事により、血液の流れを促す事も効果的です。

 

いかがでしたでしょう。低血圧症状で悩んでいる人は意外と多いです。また、忙しい現代人は生活が不規則になりがちで『隠れ低血圧症』も増えています。倦怠感や眩暈等の症状があるようなら、気が付かないうちに低血圧になってしまっているかもしれません。

生活習慣見直し、忙しい日々で疲れた体を少しだけ労わってあげる事で低血圧症状は改善する事が出来ます。『朝からすっきりと元気に動き回りたい』『倦怠感をどうにかしたい』そう思った時に参考にして、ぜひ今日からあなたもスッキリとした朝を迎えましょう。

 

今日のまとめ

辛い低血圧を改善する7つの生活習慣改革術!

・食生活を改善しよう
・生活リズムを整えよう
・運動をしよう
・タバコを控えよう
・お酒を控えよう
・お風呂でリラックスしよう
・低血圧が改善するツボを押そう

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c