嫌いな人が大丈夫になる6つの付き合い方

嫌いな人が大丈夫になる6つの付き合い方
嫌いな人と同じ空間にいると、空気が重たくなりますよね。嫌いの度合いによっては、心をむしばむストレスになります。意識も奪われ、時間も奪われます。自分が間違っているのか、相手が間違っているのかなどと迷路に迷い込んでしまいます。また、人を許せない自分や人を愛せない自分を嫌いになってしまうこともあります。

だからと言って、嫌いな人に感情のままに接してしまうと、衝突してしまうだけです。何か、冷静になれる方法を知って、視点を変えたり、考え方を変えたりすることができる方が好ましいのは確かです。

そこで今回は、生理的に合わないで片付けないために、「嫌いな人が大丈夫になる6つの付き合い方」ということで、参考にしていただきたい対処法をお伝えします。



 

嫌いな人が大丈夫になる
6つの付き合い方

 

相手の背景を知る


嫌いな人ができるのは、一言で言ってしまえば、考え方が違うからですよね。嫌いな人に接することができるようになるには、相手がどうしてそう思うようになったのかの背景を知ることが近道です。

価値観ができあがるのは、ほとんどが家庭環境と幼少のころの体験です。嫌いな相手ですから、深入りして、質問することはできないので、想像するという方法でもかまいません。なぜ、自分とは真逆の考え方をするのか?自分とは真逆の家庭環境を想像してみてください。そうすれば、接し方のヒントが見つかります。

 

やってはいけないこと


嫌いな人に性格を変えてもらうことを要求しても、絶対に解決しません。最近のたとえで言うなら、ゲームのように設定を変更することはできないのです。変わるとしたら、自分が変わるしかないのです。それは、自然の摂理、社会の法則とも言えるくらいに、ゆるがない道理です。

 

積極的に考えたい場合は


嫌いな人とも付き合えるようにしたいと、積極的に考えたい場合はしっかりと目的を持つことです。何のために付き合うか?ということです。大げさに思われるかもしれませんが、人生を賭けるというくらいの動機が必要です。敵を愛するということになりますから。途中でブレてしまうようでは、うまくいきません。

その嫌いな人とは、付き合う価値があるのか?その嫌いな人と付き合わなかったら、悪いことが起きるのか?よく考えましょう。結局は、なぜ、その人が嫌いなのかが明確にすれば、付き合い方の答えは出ます。

性格が合わないということなら、性格を分析して、徹底的に相手に合わせるしかありません。また、暴力をふるう、お金をせびるなどの害があるなら、無理をすること必要はありません。

人生を左右する人間関係なら、それなりの覚悟が必要です。できれば、自分だけで判断するのではなく、信頼できる人に相談した方がいいです。嫌いな人と思っている相手と、付き合うか、距離を置くか、どちらにするにしても、一つの一つの出会いに対する決断は大事にしてください。

 

学校の場合


嫌いな人が学校にいる場合は、いじめの対象にならない限りは、最小限の接触で乗り切りましょう。友達やクラスメイトという言葉を美化して、仲良くする努力をする必要はありません。また、無理に遠ざけたり、見下す気持ちを持つ必要もありません。心からリスペクトできる友達に出会えるまでの我慢です。

 

職場の場合


嫌いな人が家族の場合は、非常に難しいですね。しかし、そういうケースは少なくありません。深刻な問題です。夫婦の場合は、最初はささいなすれ違いでも、別居や離婚に発展することもあります。

親子の場合は、うまくいかない状況は、子どもが思春期のころに始まります。やはり、きっかけは、ささいなことでのすれ違いが多いです。家族の中で嫌いな人ができた場合は、家族全体で話し合うのが理想的です。

 

以上、嫌いな人が大丈夫になる6つの付き合い方についてお伝えしました。距離を縮めるか、距離を置くか、どちらかにするしかありません。嫌いな人を好きになるというのは現実的には確率が低いです。

大人の人間関係の場合は、付き合う必要がある理由を考えなければなりません。避けることができない相手なら、必要最小限の接触にとどめておくことも、一つの手です。挨拶だけは、きちんとするという具合ですね。

意外と難しいのは、子どもの人間関係です。子どものころは、力関係が大きく物を言うからです。環境を変えるか、リスペクトできる本当の友達が見つかるかのタイミングを待つしかないでしょう。両親に話しを聞いてもらって、乗り越えていきましょう。

 

まとめ

嫌いな人が大丈夫になるには

●相手の背景を知って、心を穏やかにする。
●相手に性格を変えてもらうことは要求しない。
●積極的に考えたい場合はしっかりと目的を持つ。
●心からリスペクトできる友達に出会えるまで我慢する。
●職場の場合は、割り切って付き合う。
●家族の場合は、家族全体で話し合うのが理想的。

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c