耳の裏が痛いのはなぜ?考えられる4つの原因

耳の裏が痛いのはなぜ?考えられる4つの原因

体に痛いところがあると気になってしまいますよね。特に原因がわからず、痛いと感じている時はなぜ痛みが起こるようになったのか不安になってしまいます。手や足に痛いところがあれば、自分の目で見て痛みのある箇所がどのような状態になっているのかを判断することもできますが、耳の裏のような自分では見ることのできない場所が痛いと不安も大きくなりやすいでしょう。

「朝起きたら、原因に心当たりもないのに耳の裏が痛い……」なんて経験をしたことのある方もいらっしゃるかもしれません。頭が痛ければ、「一気に冷え込んだから頭痛を起こしたかな」と原因を分析することもできますが、耳の裏が痛いとその原因もなかなか分析できません。では、なぜ耳の裏が痛くなるのでしょうか。今回は耳の裏が痛い時に考えられる原因をお話します。



 

耳の裏が痛いのはなぜ?
考えられる4つの原因

 

耳の裏が痛くても本当に痛んでいるのは頭だった!後頭神経痛


耳の裏が痛いと、痛んでいるのは耳だと思えてくるかもしれませんが、実は耳ではなく頭が痛んでいることもあります。耳の裏が痛い時に考えられる原因の一つには、後頭神経痛が挙げられます。後頭神経痛は後頭部から頭頂部にかけて皮膚のすぐ下を走っている神経が刺激されることで痛みます。

痛み方としては個人差もありますが、後頭神経が刺激されているとズキズキとした痛みが走ります。後頭神経痛の原因としては、ストレス、ビタミンの不足、貧血など他の病気による影響が挙げられます。ただ、後頭神経痛は脳梗塞や脳腫瘍の前触れで起こるケースもあるので、頻繁に起こるようならば一度医師に相談した方がいいでしょう。

 

痛みの原因はリンパかも!リンパの腫れ


耳の裏が痛い原因として、リンパの腫れも考えられます。女性ならば美容マッサージでリンパの流れについて知っている方も多くいらっしゃるでしょう。リンパは全身を巡っているものですが、耳の裏は体の他の部位と比べて皮膚が薄いため、リンパの流れが滞っていたり、炎症を起こしたりすると腫れがわかりやすくなります。

リンパの炎症は最近が入ることで発生しますので、風邪をひいている時にも腫れやすくなります。また、ピアスの穴から最近が入り込み、リンパの炎症を引き起こすこともあります。耳の裏のリンパの腫れは体調がよくなると腫れも自然に治まりますが、なかなか治まらない場合は内科や耳鼻咽喉科を受診しましょう。

 

耳の裏が痛いのは耳の裏にできた塊が原因かも!


ある時、突然しこりのようなできものができてしまうことってありますよね。ニキビもできものの一種ですが、炎症が起こっている間は痛いですが治療をしたり、触らないようにしているうちに自然に治ったりすると痛みもしこりも消えていきます。耳の裏が痛い原因には、このようなできものも考えられます。

ただ、できものにも種類があり、皮膚の下で脂肪が塊になって起こるしこりは放置をしていても問題ありませんが、皮膚の下に老廃物が溜まってできる粉瘤は放置をしていると、どんどんしこりが大きくなったり痛みが強まったりしますので、早めに皮膚科や形成外科で適切な処置をすることが大切です。

 

耳が痛んでいるのではなく顎が痛んでいる!顎関節症


耳の裏が痛いと、痛みの原因は耳にあると考えやすいですが顎関節症が原因で耳の裏の痛みを引き起こしている可能性もあります。顎関節症が発生する原因には、長期的な顎への負担、歯の噛み合わせなどが挙げられます。顎関節症という病名の中には顎という感じが含まれているのに耳の裏が痛くなることを不思議に思われるかもしれませんが、顎と耳の神経は繋がっているので顎関節症が原因で耳の裏が痛くなることがあるのです。

顎関節症の症状としては、食べたりする時に口を動かすと顎に痛みを感じること、口を大きく開けられないこと、口を開閉すると顎のあたりでカクンカクンとした音が鳴ること、噛み合わせに違和感があることなどが挙げられます。耳の裏の痛みに加え、こうした症状があるようでしたら顎関節症の可能性が高いです。顎関節症は痛みだけでなく、生活の中でも不便になることが多い病気ですから、「顎関節症かな……?」と思ったら一度病院を受診してみましょう。

 

ここまで耳の裏が痛い時に考えられる原因についてお話しましたが、いかがでしたか。体のどこかが痛む時になるものですが、自分では見えない場所が痛むと余計に不安になってしまいますよね。耳の裏が痛いと、痛みの原因は耳にあるように思いがちですが、耳そのものが痛んでいるのではなく、耳の近くを通っている神経が原因で起こっている後頭神経痛だったり、耳と神経が繋がっている顎が顎関節症になっていることで痛みが発生していることもあります。

腫れも伴う痛みなら、風邪をひいた時やリンパ節に細菌が入り込んだことで炎症を起こし、リンパ節の炎症が原因で耳の裏が痛んでいる場合もあります。また、耳の裏にできた脂肪の塊や老廃物が皮膚の下に溜まる粉瘤が原因で耳の裏が痛むこともあります。耳の裏が痛んだ時は、耳の裏の痛み以外にどんな症状があるかを確かめて対処するようにしましょう。

 

まとめ

耳の裏が痛いのはなぜ?考えられる4つの原因

・耳の裏が痛いからといって耳だけが痛みの原因ではない
・後頭神経痛という頭痛が原因で耳の裏に痛みを感じることもある
・皮膚が薄い耳の裏はリンパの炎症や腫れが表れやすい
・耳の裏にできるしこりには脂肪の塊と粉瘤の二つの可能性がある
・耳と神経が繋がっているため、顎関節症によって耳の裏が痛むことがある

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c