肝臓に悪い食べ物が原因で発症する、5つの病と予防策

肝臓に悪い食べ物が原因で発症する、5つの病と予防策
肝臓に悪い食べ物とは、イコール肝臓に負担がかかる食べ物のことです。過剰なアルコールが肝臓に負担をかけることは有名ですよね。

でも、肝臓に悪い食べ物となると、ピンとこない人も多いのではないでしょうか。肝臓は、糖やたんぱく質、脂肪などをエネルギーに変換する代謝、アルコールや薬、老廃物などの体に有害な物質を分解する解毒という働きを担っているので、実は、食べ物の影響を受けやすいという大きな特徴があるんです。

それなのに、肝臓に悪い食べ物を知らずに、好きなものを好きなように食べていたらどうでしょう。肝臓に大きな負担がかかり、肝炎や脂肪肝を引き起こすだけでなく、命の危険もある肝硬変や肝がんにもつながりかねません。そこで今回は、肝臓に悪い食べ物を知り、肝臓の病気を防ぐコツをお伝えします。
[ →続きを読む… ]

耳の裏が痛い時、考えられる病気と対処法

耳の裏が痛い時、考えられる病気と対処法

体の痛みって、正体がわからないと不安になりますよね。耳の裏が痛いという症状で、原因がわからなくて悩まされる人もいます。しこりができていたりすると、何か悪い病気なのではないかと心配になります。

ところが、「肩こりからきている痛みかなぁ」とか「歯の痛みが原因かなぁ」とか考えていられるうちは、病院に行くことはイメージさえしません。それが、二日、三日と続いて、痛みに我慢できなくなってくると、何科に行けばいいんだろうと様子が変わってきます。

今まさに、そんな症状で悩んでいる人も、今は症状は出ていないけど、気になるという人も、参考になる情報が欲しいですよね。そこで今回は、耳の裏が痛い時、考えられる病気と対処法についてお伝えします。

[ →続きを読む… ]

耳の裏が痛いのはなぜ?考えられる4つの原因

耳の裏が痛いのはなぜ?考えられる4つの原因

体に痛いところがあると気になってしまいますよね。特に原因がわからず、痛いと感じている時はなぜ痛みが起こるようになったのか不安になってしまいます。手や足に痛いところがあれば、自分の目で見て痛みのある箇所がどのような状態になっているのかを判断することもできますが、耳の裏のような自分では見ることのできない場所が痛いと不安も大きくなりやすいでしょう。

「朝起きたら、原因に心当たりもないのに耳の裏が痛い……」なんて経験をしたことのある方もいらっしゃるかもしれません。頭が痛ければ、「一気に冷え込んだから頭痛を起こしたかな」と原因を分析することもできますが、耳の裏が痛いとその原因もなかなか分析できません。では、なぜ耳の裏が痛くなるのでしょうか。今回は耳の裏が痛い時に考えられる原因をお話します。

[ →続きを読む… ]

喘息の原因はハウスダスト!?病気にならない為の室内改善策

喘息の原因はハウスダスト!?病気にならない為の室内改善策

喘息の原因の8割は空気中に漂うハウスダスト。その一つ一つは1mm以下のものが多くて普段目に見えませんが、実は大変なことになっているのをご存知でしょうか。たとえば何とか見えそうなものだと、小さな虫の死骸やペットの毛、布団の繊維、食べ物のくずなどですが、1mm以下になると、ダニ、ダニの死骸やフン、フケ、アカ、カビ。

さらに、0.01mm以下の世界では細菌やウイルス、タバコの煙などが空気中をただよっています。しかも一般的な家庭のほこり(ハウスダスト)1gの中から約2000匹のダニが検出されたというんですからびっくりです。( http://www.duskin.jp/item/mop/housedust/ ダスキン公式ページ) ですから、抵抗力の弱い2歳以下の子供さんの喘息の発症が50%を超えているというのもうなずける話です。

ということは、喘息を予防したり悪化を防ぐためには喘息の原因を取り除くこと、つまり室内をひたすらお掃除するしかないのですが、具体的にはどんな対応をすればいいのでしょうか。そこで今回は喘息の原因のハウスダストを少なくするそうじのしかたや室内の改善策をお伝えします。掃除機のかけかた一つでもずいぶん違ってきますよ。

[ →続きを読む… ]

口臭でチェック!病気を早期発見する7つのポイント

口臭でチェック!病気を早期発見する7つのポイント
口臭が虫歯や歯周病といった口の中だけのトラブルから発生するものだと思っていませんか?実は、口臭には、体全体にかかわる病気やトラブルが臭いとなって表れている場合も多いのです。

そして、口臭の臭いのタイプや強さも、病気やトラブルによってある程度の傾向がみられることが近年わかってきました。

もちろん、口臭のタイプだけで病気を判断することは正確性に欠けますが、その他みられる症状や身体的な特徴を総合してみることにより、医療機関でも診断の目安とされるほどの正確な判断に結びつけることができます。

それは、単なる統計学的なことではなく、きちんとした根拠に基づく臭いのタイプだからです。これら病気が原因で発生している口臭は、その多くが、原因である病気を治療・克服することで改善に至る場合がほとんどです。

口臭が気になり始めたら、口臭を指摘されたら、病気が原因になっている場合があることも考慮しましょう。では口臭でチェック!病気を早期発見する7つのポイントをご覧ください。

[ →続きを読む… ]