ストレスチェック制度についてのよくある5つの質問

ストレスチェック制度についてのよくある5つの質問
ストレスチェック制度というものがありますが、生活のなかでストレスをどのように発散して快適な暮らしをするかは、とても難しく常に話題になりますよね。

とくに職場から受けるストレスは皆さん体験していると思いますが、仕事場の人間関係は友達や家族とは違った特殊な環境がありますので、問題が勃発しやすい特徴があります。

ストレス社会と呼ばれる今の時代、労働者が抱えるストレス問題に取り組むきっかけとなっているストレスチェック制度。メンタルヘルスはとくに職場のなかで重点を置き、スムーズな企業の運営と個々の快適さを求めないといけません。

でもストレスチェック制度については全く知識がない人もいるでしょう。そこで本日はストレスチェック制度に関する疑問で、よく質問されるポイントについてお伝えします。

ストレスチェック制度とは何ですか

ストレスチェック制度というものがあることを知らない人は意外と多いですよね。この制度は企業で従業員のストレスを調べるもので、結果に基づいて面接指導を行い事業者に対して環境改善を促すものです。

ストレスチェック制度は2015年12月1日より従業員が50人以上の企業で毎年1回ストレスチェックを行うことが義務化されていますので、小さな会社や個人で働いている人にはあまり馴染がないかもしれません。

50人以下の職場に関してはストレスチェックと医師による指導は努力義務となっていますので、必ず行うものではありません。

 

具体的にどのようなチェックをするのですか

一体どうやってストレスをチェックするのかとても興味がわく点ですが、ストレスは知らない間に蓄積されるもので、心身に深刻なダメージを与えることもあります。とくに職場ではうつ病や対人恐怖症になる人も少なくありません。

ストレスチェック制度で具体的に行うことは事業者によって若干異なりますが、国ではストレスチェック項目として、57項目の職業性ストレス簡易調査票の利用を推奨していますので、この質問項目に沿ってチェックをする企業が多い傾向があります。

たとえば仕事のストレス要因になるもの、心身のストレス反応、サポート体制などこれらの3つの領域を含む質問事項となります。また実施者は本人に通知をして、同意なしで事業者に結果の提供は禁止されています。

 

ストレスがあると分かったらどうすればいいのですか

ストレスチェック制度でもし悪い結果が出てしまったら、どのような措置を取られるのかちょっと心配ですよね。ストレスの度合いを知ることはメンタルヘルスのために重要ですがそれだけでは解決にはなりません。

もし高ストレス者であると判定された場合には、従業員からの申し出により医師による面接指導を受けることができます。

これは事業者の義務となりますので、面接指導の結果によっては従業員に対して働く環境を変えるなど就労上の措置をとることになります。またストレスチェック制度は企業の人事権がある人はチェックの実施者にはなれないのでご注意ください。

 

ストレスチェックはアルバイトも対象になりますか

ストレスは正社員だけでなく派遣社員やアルバイトでも辛い悩みになりますよね。ストレスチェック制度は労働安全衛生法に基づき、「常時50人以上の労働者を使用する事業場」として義務が課されています。

そのため契約期間や労働時間に関係なく常態として企業が使用している判断をすれば、アルバイトやパートも50人のうちのひとりとしてカウントされます。

 

ストレスチェック制度のメリットはなんですか

ストレスチェック制度は、うつなどの精神の病を早期に発見する目的があり、ストレスをためすぎないように定期的にチェックするメリットがあります。

ストレスがどれほど溜まっているか、なかなか自覚できず体調を崩してはじめて気が付く場合がありますよね。

ストレスチェック制度はこのような最悪の事態を防ぐために、会社側がストレスの度合いにより医師の面接でアドバイスしてもらう、また仕事の軽減などの措置を実施できます。

そのきっかけを作るのがストレスチェック制度で、最大のメリットは早期にメンタルヘルス状態を本人と企業側が把握できる点といえるでしょう。職場でこのような環境が整えば、徐々に精神疾患を患う人の数も将来的に軽減する可能性があります。

 

このように、ストレスチェック制度はまだ始まって数年しか経過していませんが、このようなメンタルヘルスを意識した職場作りはとても大切ですよね。

仕事場の人間関係や作業のプレッシャーなどあらゆる悩みや心配事が増える環境は、従業員が個人で解決できない場面が色々あります。楽しく仕事を毎日できるように、まずはストレスがどの程度蓄積しているのかストレスチェック制度を受けるとよいでしょう。

もしうつ病などの恐れがある場合は心療内科で相談をし、仕事環境を改善するか、もしくは違う仕事に就くなど現状を変えていかないといけません。

メンタルヘルスは肉体的な健康も左右するほど大切で、普段からストレス発散ができるような習慣を自分で作ることも重要です。

まとめ

ストレスチェック制度のよくある疑問とは

・ ストレスチェック制度とは何ですか
・ 具体的にどのようなチェックをするのですか
・ ストレスがあると分かったらどうすればいいのですか
・ ストレスチェックはアルバイトも対象になりますか
・ ストレスチェック制度のメリットはなんですか


連記事