日頃から少しずつストレス発散して、疲れをためない秘訣

日頃から少しずつストレス発散して、疲れをためない秘訣
お金は貯めてもストレスはため込むな!ということで、日頃から少しずつストレス発散して毎日を元気に楽しく過ごしたいものですよね。ストレスがたまると、イライラしたり憂鬱な気持ちになるだけでなく、倦怠感や疲労感など身体面の負担も大きいです。

毎日を楽しく過ごしたいと思って楽しいことやおもしろいことを見つけても、ストレスがたまっているせいで、思ったより楽しめなかったり楽しいよりも疲れたという感想が先にくるということもあります。

すると、楽しいことを見つけて思いっきり楽しもうという気力すらなくなってしまいますよね。日々を元気に過ごすためにも、また楽しいことを思いっきり楽しむためにも日頃のストレス発散はとても大切!

ということで、今回は日頃から少しずつストレス発散して疲れをためない秘訣をお伝えします。

こまめに休憩をとること

仕事や家事のストレスをためないためにこまめに休憩をとりましょう。疲れや一時のイライラがストレスになる前に、休憩をとって疲れをいやしたりイライラを解消するのがおすすめです。

仕事や家事に集中するときも1時間に1回は休憩をとってくださいね。休憩時間にはこり固まった肩をほぐしたり、お茶を飲んでほっと一息つくのがおすすめです。

 

食事の時間を確保して、きちんと食事をとること

食事は栄養を補給するだけでなく、仕事や家事から離れて体や脳を休ませる時間でもあります。また、おいしいものを食べてお腹がいっぱいになれば、自然とリラックスできますよね。

イライラした気持ちも食事を挟めば忘れることができます。ストレスをためないためには、食事の時間を確保して毎日きちんと食事をとることが大切!忙しいからといって食事を抜いたり、仕事をしながら片手で食事を済ませてはだめですよ。

忙しいときこそ、食事の時間を確保してストレス発散の時間を作りましょう。食事の後、コーヒーやお茶を飲んだりお菓子を食べることで、さらにリラックスすることができます。

 

毎日体を動かすこと

ストレス発散には体を動かすのが一番!ということで、日頃から運動をしてストレスを発散する習慣をつけましょう。ストレス発散のための運動ではウォーキングやジョギングがおすすめ!

太陽の日差しや心地よい風に当たりながら体を動かすことで、ストレスや疲れを解消することができますよ。ただ、やりすぎると今度は運動で体が疲れてしまうので、ストレス発散のための運動はほどほどにしてくださいね。

仕事の合間のストレス発散には、肩まわしや体操がおすすめ!ストレスだけでなく、肩こりや首こりも和らげることができます。

 

自分にご褒美をあげること

大きな目標を達成したり大きな仕事を完遂したときだけでなく、日頃から自分にご褒美をあげることでストレスを発散することができますよ。

目標に向かってがんばっているときはもちろん、特に意識してがんばっていなくても、生きている限り私たちは常にストレスや疲れにさらされているのです。だから、ご褒美は毎日必要!毎日仕事をしたり家事をしている自分にご褒美をあげてくださいね。

毎日のご褒美は自分を癒してくれるものを選びましょう。おいしいお菓子やコーヒーでストレスを発散するのもよいですし、かわいい化粧品や洋服でストレスを発散して仕事のやる気を引きだすのもおすすめです。

 

一人の時間やリラックスタイムを作ること

ストレス発散をしたり、一日の疲れをとるための時間を作りましょう。お風呂にゆっくり浸かったりペットと触れ合う、趣味を楽しんだり家族と離れて一人の時間を作るなど、毎日のストレスや疲れを癒すための時間を作ってくださいね。

1日のうちほんの数十分でも、リラックスしたり好きなことに没頭する、誰にも気を使わない時間を過ごすことでストレスを発散することができますよ。

家ではなかなか一人になれないという方は、通勤や通学の途中に楽しみを見つけたり、散歩やジョギングがてら一人の時間を楽しむとよいです。

 

以上が日頃から少しずつストレス発散して疲れをためない秘訣についてでした。仕事や家事などストレスや疲れは毎日たまるもの、ストレスや疲れが限界に達する前に日頃から少しずつストレスを発散していきましょう。

ストレス発散をしたり疲れをためないためには、こまめに休憩をとることが大切!休憩や食事の時間を確保して、脳や体を休めましょう。

体を動かすこともストレス発散には効果的です。ウォーキングやジョギング、体操など適度な運動をすることで、気持ちをリフレッシュすることができますよ。毎日がんばっている自分にはご褒美が必要です。

お菓子を食べるなど自分へのご褒美でストレスを発散しましょう。また、1日のうちに一人の時間やリラックスタイムを作ることもストレス発散には不可欠です。数十分でよいので、誰にも気を使わらず、仕事も家族のことも考えない、心からリラックスできる時間を作りましょう。

まとめ

日頃から少しずつストレスを発散して疲れをためないためには

・ こまめに休憩をとること
・ 食事の時間を確保して、きちんと食事をとること
・ 毎日体を動かすこと
・ 自分にご褒美をあげること
・ 一人の時間やリラックスタイムを作ること


連記事