離婚したら子供に悪いと悩む人必読の幸福な別れ方

離婚したら子供に悪いと悩む人必読の幸福な別れ方
離婚したら子供の心に影響を与えることは間逃れません。子供も家族の成員の1人であり、家族の中で守られ幸福に生活していく権利がありますよね。

しかし多くの場合、離婚したら子供に悪い…と理解しつつも結局は夫婦の都合で離婚することを決めてしまうのです。もちろん家庭内暴力や浮気など夫婦としては離婚するしかないと思える状況もあるかもしれませんが、やはり離婚で子供がどんな影響を受けるのかを無視することはできません。

離婚するにしてもできるだけ子供に悪影響が及んでほしくない、子供の人生までも変えてしまいたくないと願う親は少なくありません。

ではどうすればそのような別れ方ができるのかと悩むところです。そこで今回は離婚したら子供に悪いと悩む人必読の幸福な別れ方をお伝えします。



 

離婚したら子供に悪いと悩む人
必読の幸福な別れ方

 

子供の前で別れ話をしない


離婚により子供に悪影響が及ぶことを悩んでいるのなら、夫婦の別れ話を子供がいる前では絶対に避けるようにしましょう。

離婚を考えている二人の会話には感情的になってしまうことや相手を責めるような話し方など、気をつけていたとしてもトゲが立つもの、ただの喧嘩ではないということを子供は聞いていて理解します。

すると本当に家族がバラバラになってしまうのかな、自分のせいでこうなっているのかな、これから先はどうなっていくんだろう…と口には出さなくても子供なりに様々な不安を抱え出します。

なので離婚の話は夫婦だけで行い、理解できる年齢の子供なのであれば、夫婦揃って子供に決定したことを報告するようにしましょう。

その際、子供を安心させるため子供に対する愛情は何も変わっていないこと、子供のせいではないこと、これからも子供の親は自分たちであることに変わりはないことを伝えましょう。

 

子供の前で配偶者の悪口を言わない


離婚したら子供に悪いと思いながらも、あまり考えなしに配偶者の悪口を子供に聞いてもらうという人がいます。しかしそれは子供に悪影響が及ぶだけでなく、子供を傷つけてしまう結果にもなりかねないのでやめましょう。

あなたにとって配偶者は離婚を考えるほどに関係が壊れているため嫌いな存在でしかないかもしれませんが、子供にとってはこれまでと何も変わらない自分の親なのです。

自分の親の悪口を言われると子供の心は傷つきます。それが如実に表れないとしても、聞いたことを全て信じて、自分の親は最低なんだ…という情報がインプットされてしまい親への敬意の欠けた子供となってしまうこともあり得ますよね。

親への敬意を持つ子供に育てることは子供がいつか大きくなり指針を必要とする時に親に相談できる関係を築くことになり子供のためとなるので配偶者の悪口には気をつけましょう。

 

必要な場合は心から子供に謝る


離婚したら子供に悪いという気持ちが大きいのにも関わらず、子供に対して親が謝るというのはプライドが許さないなどという考えで謝罪はできないと言う人がいます。

しかし離婚という決定を伝えた時に、なぜそうなったのか、もう修復は無理なのかと、悲しい気持ちや怒りの気持ちなど様々な感情を子供は経験します。

その際もしも子供が納得できずに怒ったり、親の非を認めるようにと謝罪を求めるようなことを発するなら、心から自分たちの過ちを認めて謝罪しましょう。

決定の裏にある様々な状況をどこまで話すかということはそれぞれの状況で異なってくるかと思いますが、家族という子供を含めた一つの社会を終わりにしなければならなくなったということに関して必要な場合は素直に謝るようにしましょう。子供が親に対するイラ立ちを引きずらなくて済みます。

 

親子としての関係が続くようにする


離婚が子供に申し訳ないという気持ちを持っているのなら、離婚を機に一緒に住まなくなる親側とこれからも親子としての良い関係を保っていく環境を作るようにしていきましょう。

そのことを誓って別れた夫婦も時間と共にその決意を忘れてしまったり、忙しさにかまけて実現できない親もたくさんいます。

しかし、子供にとっての親は二人のみであり離婚によっても切り離すことができない関係であることに変わりはありません。それを親の都合で会えない状況を作ってしまうのなら、離婚したら子供に悪いと思っていないも同然となります。

破綻してしまった夫婦としては会いたくもない、話したくもないという感情が先行するかもしれませんが、全く関係がないのに自分の家族と一緒に住めなくなってしまった子供の気持ちを最優先して行動しましょう。

 

きちんとした生活習慣を保つ


離婚したら子供にいろんな迷惑をかけてしまうのかな…という不安を抱えながら離婚を決定する人は多くいます。住む場所や経済的な面、親との面会など子供を最優先に考えて生活を始めるとします。

しかし、離婚に伴うストレスは予想を超えるものであり感情的にも身体的にも疲れ果ててしまうかもしれません。そんな時に子供のことを思うなら心がけたいことができるだけ健康的なきちんとした生活習慣を保つこと。

食事の時間や寝る時間など子供の生活にも大きな影響を及ぼす部分がストレスによって崩れてしまわないように努力しましょう。

もちろん子供に協力してもらう必要も出てくるかもしれませんが、一緒に協力してきちんとした生活を送って行くということを目標にしましょう。生活が安定していると余計な不安をあおらずに済みます。そして自分自身の立ち直りも早いことに気がつくでしょう。

 

いかがでしたか。

離婚によって子供にどんな影響が出るのだろう…と悩む夫婦は多くいます。そう思いながらも自分の言動で子供を深く傷つけてしまっていることも少なくありません。

特に気をつけたいのが子供の前での喧嘩や別れ話、また配偶者の悪口を言うこと。子供を不安にさせたり、板挾みの辛い気持ちにさせたくないと思うのなら守るべき必須事項とも言えますね。

そして子供が怒りを表したり、正当な意見を言ってきた場合には一人の人として自分の落ち度を認めて謝ることも大切。しっかりと話が分かる年齢に達しているのであれば子供が疑問に思っていることに対しては誠実に答えてあげるのも子供の不安を取り除く良い方法です。

いつでも子供の話に耳を傾ける体勢でいましょう。他にも親とはいつでも会える環境を整えたり、離婚前にしても離婚後の生活でもきちんとした生活習慣を保っていくことも子供の幸福につながるポイントでした。子供にとっての最善とは何かをもう一度よく考えた上で決定していきましょう。

 

まとめ

子供がいる人の幸福な別れ方とは

・ 子供の前で別れ話をしない
・ 子供の前で配偶者の悪口を言わない
・ 必要な場合は心から子供に謝る
・ 親子としての関係が続くようにする
・ きちんとした生活習慣を保つ

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c