コミュ力を鍛えて、最高の友人関係を手に入れる5つの方法

コミュ力を鍛えて、最高の友人関係を手に入れる5つの方法
口下手でコミュ力が低いから、いつも友人関係で悩んでいるという人は多いですよね。コミュ力の高い人になるためには、まず話し上手にならなければならないから、自分には無理だと思っている人も多いことでしょう。

実は、話し上手でなくても、ちょっとしたコツを覚えて実践するだけで、コミュ力を鍛えることができます。もちろん、口下手でも大丈夫。今よりもっと上手にコミュニケーションを取れるようになろうと決心することで、あなたは最高の友人関係を手に入れるためのスタート地点に立ったも同然なんですよ。

ぜひ、コミュ力を鍛える方法を実践してみませんか。それでは、コミュ力を鍛えて、最高の友人関係を手に入れる5つの方法をお伝えします。



 

コミュ力を鍛えて、
最高の友人関係を手に入れる5つの方法

 

聞き上手になる


コミュ力を鍛えるうえで一番大切なことは、聞き上手になることです。聞き上手な人の周りには、人がたくさん寄ってきますよね。それは、人は自分の話をきいてもらえると、安心感を得るからなんです。

聞き上手になるためには、まず相手のことを思いやり、相手の立場になって考えることが大事です。そして、相手が話すことに集中できるよう、話題に共感し、相手が話の中心であるということを意識しながら、リアクションをとっていきましょう。

そして、様子を見てポジティブな意見を述べるようにします。また、質問をされた時には、相手に同じ質問を返すことで、相手に興味を持っているということを伝えることができますよ。一度にすべてを行うことは難しいですが、できることから始めることで、聞き上手への道は開けることでしょう。

 

共通点を探し出す


コミュ力がなくて困る時というのは、何を話せばいいかわからない時ですよね。人とコミュニケーションをとる時には、相手との共通点を探すことが重要です。

共通点があると、相手から共感してもらうことができ、親近感を持たれます。例えば、入社したてで誰も知った人もいない時に、たまたま出身地が同じ人がいると、妙に親近感が湧いて、話が弾むといった具合です。

その共通点をどうやって見つけるかというと、相手をとにかく観察するんです。外見的なことでも、内面的なことでもいいので、自分が話題にできそうな共通するものを探しましょう。

共通点を探すためには、住んでいるところや出身地、趣味や好きなことなど、会話の話題に盛り込んでいくと良いでしょう。

 

相手より状態をちょっと上げる


コミュ力を上げるためには、相手とテンションを合わせることが大切です。例えば、自分が疲れている時に、妙にハイテンションな人がいると、イラっとすることありませんか?

なぜなら、相手とテンションが全く違うと、自分のことをわかっていないと思い、不快な気持ちになるからなんです。実は、相手のテンションに合わせるというのは、相手の感情の波に合わせている状態です。

つまり、「あなたのことをちゃんと考えていますよ」というサインとなるんですよ。自分のことを考えてくれている人とは、居心地がいいので一緒にいたいと思いますよね。

まずは、相手のことを観察しながら、テンションを合わせてみましょう。そして、相手の状態よりちょっとだけ上げるようにします。そうすることで、相手はさらにあなたに親近感を抱くようになることでしょう。

 

相手をしっかり褒める


人から褒められると、その人に対して好意的になりますよね。実は、褒めるということは、コミュ力を鍛えるのに最適な方法なんですよ。日本人は褒めるのが苦手だと言われています。

しかし、ここはコミュ力を鍛えて、最高の友人関係を手に入れるためにも、一肌脱いでください。はじめはお世辞でもいいので、やってみましょう。お世辞でも褒めないよりはずっと効果があります。

慣れてきたら、褒めるポイントが段々わかってくるので、本心から褒めるようにします。誰でもお世辞よりは本心で褒められた方が嬉しいものです。

実は、褒めるのにはもう一つ方法があります。それは、間接的に褒めること。間接的にというのは、「〇〇さんが褒めてたわよ」と言ったように、そこにいない第三者があなたを褒めていたと伝えることです。

自分の知らないところで褒められたと知ると、とても嬉しい気持ちになることでしょう。照れくさいかもしれませんが、今日から1日一褒めを目標に始めてみませんか。

 

笑顔を絶やさない


コミュ力の高い人は、いつもニコニコ笑顔ですよね。笑顔というのは、相手に対して自分は敵対心を持っていませんというシグナルになります。ですから、笑顔の人を見ると、安心して緊張感や警戒心が解けてきます。

良い友人関係を作るためには、相手と信頼関係を築く必要があります。あなたが笑顔を心がけることで、信頼関係を築くスピードは速くできるんですよ。

また、ちょっと心が曇っていても意識的に笑顔を作ると、脳は「笑っているから楽しい」と勘違いして、気持ちを上げてくれるので、自分のためにも笑顔でいることはおすすめです。

 

いかがでしたか。コミュ力を鍛えるとは、相手の立場になって考えて行動する力をつけるということです。自分の気持ちを察してくれようとする姿は、必ず相手に伝わります。自分のことをわかろうとしてくれる人には、気も緩んで親近感が湧いてくるものです。

まずは、相手の立場になることを心がけましょう。最初は笑顔もぎこちなかったり、会話が続かないこともあるでしょう。しかし、常に相手の立場になるということを忘れなければ、相手に好印象を与えることができます。

そして、今回ご紹介した5つの方法を継続して実践していくことで、コミュ力が鍛えられるでしょう。ぜひ今日から、人の立場になって考え行動して、最高の友人関係を手に入れてください。

まとめ

コミュ力を鍛えるには

・ 聞き上手になる
・ 共通点を探し出す
・ 相手より状態をちょっと上げる
・ 相手をしっかり褒める
・ 笑顔を絶やさない

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c


1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c