結婚に必要な費用!挙式・披露宴、新婚旅行など徹底検証

結婚に必要な費用!挙式・披露宴、新婚旅行など徹底検証

結婚式を挙げる予定があって色々調べているけど、種類も豊富で費用も幅があるからどれを選べばいいかわからない、悩んでいる方も多いですよね。女性としては、和装もしたい、ウェディングドレスも着たい、国内旅行もいいけど海外旅行も行きたいなど、挙式・披露宴、新婚旅行どれにとっても、選択が難しいかと思います。

ただし、ここで問題になってくることは結婚にかかる費用。選択したプランやオプションによって幅があるものの、実際のところ、相場はどれくらいなのか知りたいところ。そこで今回は、挙式、披露宴、新婚旅行にかかる費用についてそれぞれ検証しました。メリットやデメッリットも併せて紹介しますので、結婚を控えている方はぜひ参考にしてください。



 

結婚に必要な費用!
挙式・披露宴、新婚旅行など徹底検証

 

人気急上昇中!厳粛な神前式・仏前式


挙式と言えばウェディングドレスを着て教会で挙げることをイメージする方も多いでしょうが、最近は神社やお寺で挙式を行うカップルが増えてきています。堅苦しそうと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、実際に参加した方は「厳粛な式で身の引き締まる思いをした」と感動される方も多いです。

費用は4万〜10万程度となっています。ただし、衣装代は別となっています(2人合わせて30万前後)。神前式や仏前式では人数制限や写真撮影禁止がありますので、そこも注意が必要です。

 

純白なドレスでロマンチックなキリスト教式


やはり女性の憧れ、純白なウェディングドレス。それを着たいがゆえに教会で挙式を行う方もいらっしゃるでしょう。また、挙式に友人を呼ぶことができる、誓いの言葉が難しくないなどの理由からカップルに人気です。

費用は8万〜10万となっています。衣装代に20万以上かかった女性が約60%を占めています。全体的には神前式・仏前式より安く済む傾向にあります。

 

女性の憧れ!海外で挙式


仲のいい人や親族のみで挙げられることや挙式とハネムーンを一緒に行えることが利点の海外挙式。ハワイやグアムは徳に人気が高い海外挙式先となっています。また、費用が安いことも若い方には人気の理由のひとつになっています。

20万〜30万程で挙式のみならず、ブーケ、送迎、演奏も含まれていて、日本で挙げるより安くなることもあります。衣装代も10万程度と安めです。ただし、旅費がかかるため、そこは注意が必要です。次は披露宴について紹介いたします。

 

多くのカップルが利用♪ホテルや専門式場での披露宴


披露宴を行った6割のカップルがホテルや専門式場で披露宴を挙げています。やはり、慣れている、きめ細やかなサービスが受けられることが選ばれる理由となっています。

ホテルでは挙式、披露宴が同じ場所で行えることや美容室、宿泊できることため、新郎新婦はもちろん、ゲストにもメリットがあります。披露宴はオプションや料理のグレードによって費用の幅がありますが、約300万円前後となっています。

 

こだわるならコレ!貸し切り披露宴


ホテルや専門式場での披露宴が多い一方、ゲストを友人や親しき仲の方々のみにしてゲストハウスやレストランを貸し切って披露宴を行う方もいらっしゃいます。ゲストハウスはパーティーに近く、演出を凝るなど個性を生かせます。レストランでは料理をこだわれる他、アットホームな披露宴となります。次は新婚旅行について紹介いたします。

 

戸惑う心配がない国内旅行


新婚旅行先と言うと海外を思い浮かべる方も多いですが、国内旅行をする方も少なくありません。仕事の関係上、長い休みが取れないという理由もありますが、言葉や食べ物、治安が不安であったり、国内でもまだ行っていない場所をゆっくり周りたいなどの理由で選ばれる方もいらっしゃいます。

昔、成田離婚という言葉があったように、海外という慣れない場所ではストレスが溜まりやすく、新婚旅行で喧嘩してしまう夫婦もいるようです。そういうリスクが抑えられる利点が国内旅行にはあります。費用は、ホテルのグレードによりますが、7日の旅行で30万〜50万程となります。

 

一生に一度かも?海外旅行


「新婚旅行というときしか海外に行く機会がない!」ということから新婚旅行先に海外を選ぶ方もいらっしゃるかもしれませんね。海外旅行でも、自分たちですべて手配する方法、ハネムーン用のプランを申し込む方法、ツアーに参加する方法とあります。

ゆっくり過ごせ、言葉の不安も少ないハワイやグアムが上位に入りますが、ヨーロッパも人気です。費用は行き先、滞在期間、手配方法で異なりますが、おおよそ、9日で40万〜70万となります。

 

いかがでしょう。どの挙式、披露宴、新婚旅行もメリット、デメリットがあります。自分たちがしたいものはどういうものか、ゲストの人数、用意できる費用、費用を負担する人など、しっかり夫婦や両親と話し合って決めましょう。

お金のことはあまり話したくないと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、はっきりと決めておかないと後々嫌な思いをすることになります。夫婦としてこれからやっていくわけですから、きちんと話し合いましょう。この記事を読んで、挙式・披露宴、新婚旅行の費用について参考になれば幸いです。

 

今日のまとめ

結婚に必要な費用!挙式・披露宴、新婚旅行など徹底検証

・人気急上昇中!厳粛な神前式
・純白なドレスでロマンチックなキリスト教式
・女性の憧れ!海外で挙式
・多くのカップルが利用♪ホテルや専門式場での披露宴
・こだわるならコレ!貸し切り披露宴
・戸惑う心配がない国内旅行
・一生に一度かも?海外旅行

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c