ウェディングブーケについて知っておきたい5つの事

ウェディングブーケについて知っておきたい5つの事
ウェディングブーケはウェディングドレスと並んで、花嫁さんにとっては重要なアイテムですよね。すてきなウェディングブーケにしたい、好きな花を使ってブーケを作りたいという方は多いのではないでしょうか。結婚式ではマナーを守りつつ、自分の希望をかなえたウェディングブーケを持ちたいものです。

一方で、「ウェディングブーケって高い」「式場とドレスで予算は使い果たした。ブーケは節約したい」という方もいるでしょう。自分のできる範囲で最高のウェディングブーケを用意する方法はどうしたらいいのか。

ということで、今回はウェディングブーケについて知っておきたいマナーやポイントなどをお伝えします。これから結婚の準備をしたり、ウェディングブーケを用意するという方、ぜひ参考にしてください。

 

ウェディングブーケについて
知っておきたい5つの事

 

ウェディングブーケはウェディングドレスに合わせること

ウェディングブーケはウェディングドレスに合わせるのがおすすめです。このとき、自分の理想の花嫁を頭に思い描いてみてくださいね。白いドレスには白いブーケを合わせると無垢で清楚なイメージになりますし、反対に白いドレスに赤や青など鮮やかなブーケを合わせると華やかなイメージになります。

ウェディングブーケの色には特に決まりはありませんから、自分のドレスやなりたいイメージに合ったブーケを選んでください。ウェディングブーケでは形選びも大切です。定番のラウンドブーケはどんなドレスにも合います。

オーバルブーケはAラインやプリンセスラインのドレスとの相性がよいですし、「小さな滝」を意味する「キャスケードブーケ」はビッグラインのドレスにぴったりです。エレガントな印象になりますよ。

 

外注や手作りでウェディングブーケを節約すること

ウェディングブーケを式場に頼むと高いです。お花屋さんで購入(外注)すると、式場で購入するよりも安くつきます。生花で一般的なラウンドブーケの場合、外注すると式場で頼むときの半額程度に抑えることができます。とはいっても、お花屋さんにもよりますが。

人気のお花屋さんで頼めば、式場よりも高くなることもあります。また、生花ではなくプリザードフラワーやシルクフラワーのブーケにすることで節約することもできますし、手作りのウェディングブーケで節約することもできます。

手先が器用な方や花の扱いに慣れている方は、挑戦してみてもいいかもしれません。ウェディングブーケを外注するときには、持ち込み料金が発生する場合がありますので式場に確認してくださいね。

 

ウェディングブーケは両手で持つこと

せっかくすてきなウェディングブーケを用意したのですから、きちんとした持ち方でゲストにブーケを見せましょう。だらしない持ち方ではせっかくのブーケも台無しです。

ウェディングブーケは両手で持つのが基本です。ブーケの正面がゲストから見えるように持ってください。高さは、おへその下あたりがよいです。新郎と並ぶときは、右手は新郎と腕を組むので、左手だけでブーケを持ちます。

ウェディングブーケの形によって、ブーケの持ち方や持つ高さは違います。結婚式の前に、式場の方にきれいな持ち方を教えてもらうのがおすすめです。

 

ブーケトスでゲストを不快な気持ちにさせないこと

花嫁が未婚のゲストに向けて投げるブーケトス、結婚式の定番イベントですが、最近ではやらないことも多いです。ブーケトスでゲストを不快な気持ちにさせることがあるからです。

ブーケトスをするかどうかは、ゲストの顔触れや式の雰囲気を想像して決めてくださいね。ブーケを受け取ったゲストが不快な気持ちになったり、周囲にからかわれて傷つくなんてことはあってはだめです。

 

ウェディングブーケは押し花やプリザードフラワーで保存すること

結婚式の後、ウェディングブーケは押し花にしたりドライフラワーやプリザードフラワーにして保存保管することができます。

おすすめはドライフラワーやプリザードフラワー!箱などに入れて立体のまま保存することができますよ。ブーケの保存方法については、結婚式の前に決めておきましょう。

生花は時間が経てば経つほど元気がなくなってしまうので、保存するのなら早めに適切な処置をする必要があります。

 

いかがでしたか。以上がウェディングブーケについて知っておきたい事でした。ウェディングブーケはウェディングドレスや自分の理想とする花嫁像に合わせて選ぶとよいです。また、予算に合わせることも大切ですよね。

式場以外に外注したり手作りにする、生花ではなくプリザードフラワーや造花のブーケにするとウェディングブーケの費用を安く抑えることができます。結婚式ではウェディングブーケの持ち方に注意!ブーケはもちろん、花嫁自身がきれいに見えるようにブーケを持ってください。

鏡の前で練習しておくとよいですね。ブーケトスについてはゲストの気持ちを考えて!ブーケトスをやらないことも選択肢の一つです。式が終わった後のブーケの保存方法も事前に決めておくのがおすすめです。

まとめ

ウェディングブーケを用意したり持つときには

・ ウェディングブーケはウェディングドレスに合わせること
・ 外注や手作りでウェディングブーケを節約すること
・ ウェディングブーケは両手で持つこと
・ ブーケトスでゲストを不快な気持ちにさせないこと
・ ウェディングブーケは押し花やプリザードフラワーで保存すること


連記事