独身貴族がちょっと寂しくなる瞬間はどんなとき?

独身貴族がちょっと寂しくなる瞬間はどんなとき?
「独身貴族」とても素敵な響きですね。いっけん貴族などとついているせいか、自由気ままで経済的にも精神的にも余裕があり、とても優雅に高貴な生活を送っているイメージです。

女性から見れば、独身貴族は「あの人、なんとなくいい感じ」と思っても、なんとなく近寄りがたい雰囲気を持っている人種です。それはなぜかというと、独身貴族を装ってる男性には、女性に関して真剣な交際をするイメージがわかないからかもしれません。

しかし、実際のところはどうなのでしょう。いくら独身貴族と気取っていても、彼らもやはり人の子です。本当は寂しいときもあるのではないでしょうか?案外ひとりの部屋で、しょぼくれている夜もあるのではないでしょうか?ここでは、そんな独身貴族がちょっと寂しくなる瞬間を探ってみました。では、その瞬間を一緒に覗いてみましょう。



 

独身貴族がちょっと寂しくなる
瞬間はどんなとき?

 

孤独死のニュースを見たとき


ニュースで老人の孤独死が報道されていると、自分も老後が不安になります。これは、年齢が上がるにつれ現実味を帯びてくるせいか日に日に強く感じてしまいます。

自ら独身貴族を選んだとしても、やはり老後を独りで生きていくには不安がつきもののようです。

 

病気で寝込み死を感じるとき


だれでも病気になると、とても不安になり精神的にも弱くなる傾向があります。熱で苦しいときなどは、このまま独りで死んでしまうのではないかと不吉なことまで考えてしまいがち。そんなときだれかが看病してくれたらと感じてしまうのです。

人は、健康が損なわれると精神的にも不安が募りさびしくなってしまうもの。独身貴族もこの時ばかりは、独り身の寂しさが身に染みるのでしょう。

 

カップル、家族連れを目の当たりにしたとき


観光地にお一人様で出かけたとき、周りがカップルや家族連ればかりだと改めて独りの寂しさを感じてしまいます。自分の好きな場所に行きたいときいつでも気兼ねなく行ける特権を感じてはいるものの、目の前で、仲睦まじい姿を見せつけられると孤独感がわいてしまいます。

もっと行く場所を選べばよかったと自分を思わず責めてしまったり・・・楽しいことはやはり誰かと共感したくなるものなのです。

 

帰宅した部屋の電気を自分でつけるとき


疲れて帰宅した部屋の明かりを自分でつける時、思わず独りを強烈に実感。寂しい気持ちになってしまいます。しかも冬の寒い時期なら、まるでそれは拷問のよう。疲れて帰ってきた人にとって、明るい部屋に「おかえりなさい」の一言が何よりの疲労を取り除く薬かもしれません。

でも、自分の独り時間を邪魔されたくないのも事実。のど元過ぎれば、あれもこれも欲張ってしまうのが独身貴族なのです。

 

ひとり分の宅配ピザを取るとき


休日にちょっと小腹がすいたからと、ピザの宅配を注文する電話でピザ一枚を頼むとき、言いようのない寂しさを感じます。思わず、二枚頼んでみるなんてこともしてしまいます。

なぜか、宅配の人にそんな余計な気を使ってしまいます。それに、食事はやはり独りよりも誰かと食べたほうが美味しいものです。

 

ファミレスで独り食事をするとき


食事をするとき、客層が家族連れとかカップルが多いファミレスだと寂しいと感じてしまいます。それならば、ファミレスをチョイスするのをやめればいいのに意外とファミレスに行ってしまいます。

独身貴族は、案外アットホームな雰囲気にあこがれを持っているけど、素直になれないだけかもしれません。

 

仲のいい友達が結婚してしまったとき


いつも遊んでいた仲のいい友達が、次々と結婚してしまった時に、ふと寂しいと感じてしまいます。家族の話ばかりする友人や、子供の写メを自慢げに見せる友人がうらやましくもあります。

独身貴族は、独身を謳歌して楽しんでいるようでも、この時ばかりはなんとなく取り残された気持ちになってしまうのです。

 

休日に掃除洗濯、その後の予定がないとき


休日に掃除洗濯をして、自分で散らかした部屋を片付けることは寂しい気持ちになります。そして、その後の予定が何もないときには「寂しい・・・」と独りで思わずつぶやいてしまうほど。

しかし、独身貴族はその独りの時間を失くしたいとは思っていません。ただふと、寂しい気持ちになるだけです。何年もその繰り返しをしているだけです。

 

いかがでしたか、これが独身貴族がちょっと寂しいと思う瞬間でした。寂しいと思う出来事は、意外に普通のことでした。これらは、独身貴族を気取らなくても寂しいと思う瞬間ですよね。このように独身貴族は、いつでも独りが好きなイメージですが、案外普通です。

しかし、独身のメリットを十分理解して謳歌している独身貴族。寂しいと思ったとしてもそれは一時的なものでしかありません。寂しいと感じるのは、一人でいる部屋の中でのことがほとんどですから。

外に行けばその寂しさは、どの程度満たされているのか分かりませんが、彼らはその生き方を選んでしまうのです。その上でのデメリットも分かっている彼らは、これからも寂しいと思いながらも独身貴族を続けていくのでしょう。

 

まとめ

独身貴族がちょっと寂しくなる瞬間はどんなとき?

・孤独死のニュースを見たとき
・病気で寝込み、死を感じるとき
・カップル、家族連れを目の当たりにしたとき
・帰宅した部屋の電気を自分でつけるとき
・ひとり分の宅配ピザを取るとき
・仲のいい友達が結婚してしまったとき
・休日に掃除洗濯、その後の予定がないとき

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c