40歳で幸福な結婚をする為に知っておく5つの注意事項

40歳で幸福な結婚をする為に知っておく5つの注意事項
40歳での結婚、恋人ができてもなかなか結婚に踏み切ることができなかったり、相手選びに慎重になりすぎてしまいますよね。

これまでのライフスタイルを手放すことが億劫という方もいるでしょうし、自分のことは棚にあげて「この年齢まで結婚できないなんて、きっと何か理由があるに違いない」という不安から二の足を踏むこともあるでしょう。

また、40歳というと、自身の健康や老後に不安を覚えたり、親の介護が始まる年齢です。結婚した途端、相手の介護が始まるなんてこともあります。こう考えると40歳で結婚するのはリスクも大きいですが、それと同時に、人生の伴侶を得てこれからの人生を楽しく豊かなものにかえるチャンスでもあります。

人生80年90年の時代、40歳なんて人生の折り返し地点にも届いていません。人生の楽しみはまだまだこれからなのです。では40歳の結婚で幸せになるためにはどうすればよいのか。ということで今回は40歳で幸福な結婚をする為の注意事項をお伝えします。

 

40歳で幸福な結婚をする為に
知っておく5つの注意事項

 

相手に嘘がないかをきちんと調べること

40年も生きていれば、皆それなりに、色々なことがあります。なかには、恋人や結婚相手には知られたくない過去や事情を抱えることもあるでしょう。あなたにだって、一つや二つはありますよね。

これから結婚しようかという相手に嘘をつくのは仕方ないこと、それはお互いさまですが、ついてもらっては困る嘘は結婚を決める前に見破らなければいけません。

借金や前科、両親が寝たきりだったり前妻に養育費を支払っているなど、結婚後のあなたの生活をおびやかす嘘を相手がついていないか、きちんと調べましょう。40歳の結婚で幸福を手に入れるためには慎重さや用心深さが必要です。

 

結婚後の生活が成りたつのか、相手の収入を教えてもらうこと

40歳での結婚、若い人の結婚のように「これからどんどん稼ぐぞ」「今は苦労をかけるけど、そのうち成功して楽をさせてやるからな」というわけにはいきません。このようなプロポーズをされたときには、断った方がよいでしょう。

40歳や50歳は、サラリーマンであれば、一番給料が多い時期です。今後は給料は下がるものと考えた方がよいですね。40歳で結婚するときには、相手に収入や貯蓄額を教えてもらうこと。

そして「今がピークだ」と考えて、結婚した後の二人や家族の生活が成り立つのかどうか、検討してみてください。相手に収入がないときには、あなた一人の稼ぎで相手を養っていけるのかどうか、慎重に考えましょう。

 

お互いの過去やライフスタイル、価値観を尊重すること

40年生きれば、40年分の過去があるし、築いてきたライフスタイルや価値観もあります。結婚したからといって、自分の過去をなかったことにはできませんし、ライフスタイルや価値観の全てを相手に合わせることはできません。

あなたも、それに結婚相手だってそうです。40歳で結婚するときには、相手の過去や価値観を否定したり、無理やり自分に合わせさせようとしないこと。そして、相手にもあなたのこれまでの人生や価値観を尊重してもらいましょう。お互いを尊重しあうことで、幸福な結婚生活を送ることができますよ。

 

老後や家族の将来をきちんと話し合うこと

40歳で結婚するときには、老後のことも心配ですよね。二人の将来についてきちんと話し合いましょう。このとき、夢ばかり語るのではなく、現実の問題についても確認しあうことが大切です。

年金や老後の貯えはどのくらいあるのか、家のローンは?養育費その他、結婚後も払わなければいけないお金があるのかないのか。

また、親の介護や連れ子など、本人同士以外の家族がいるときには、家族の将来も話し合わなければいけません。結婚したとたん、相手の両親の介護を押し付けられるなんてことのないように、注意してくださいね。

 

すぐに婚姻届けを出さないこと

40歳で結婚するときには、そう焦る必要はありません。これまで結婚しなかったのですから、結婚が1年2年遅くなったところで、大きな違いはないでしょう。ゆっくり時間をかけて、結婚するかどうかを決めるのがよいです。

相手に連れ子がいるなどの事情があるときには、特に、結論を急いではいけません。家族になれるのか、相手と一緒に暮らしていけるのか、お互いに見極める時間が必要です。可能であれば、同棲するのがおすすめです。

独身生活が長かった方では、相手が好きでも他人と暮らすことにストレスを覚えたり「がんばったけどやっぱり無理、我慢できない」ということもありますし、一緒に暮らしてみて初めて相手の本性に気付くこともありますよね。

同棲生活を経て、「この人とずっと一緒に生きていきたい」と思ったとき、婚姻届けを出すのがおすすめです。

 

いかがでしたか。以上が、40歳で幸福な結婚をするための注意事項についてでした。40歳で結婚するときには、相手のプロフィールに嘘がないか、きちんと調べましょう。40歳まで独身を貫いてきたのに、ここにきて結婚相手に失敗して苦労するなんて、もったいないですよ。

何歳で結婚するにしても、幸福な結婚生活のために必要なのはお金・経済的な裏付けです。相手の収入や貯蓄額、年金はきちんと確認しておきましょう。40歳で収入が低い・貯金がない・年金未払いは結婚相手としては、避けた方がよいです。

また、連れ子や介護などの事情があるときには、それについても話し合っておくことが大切です。40歳で結婚した後は、お互いのこれまでの人生や価値観を尊重しあいましょう。

相手のライフスタイルを受け入れることができるか、一緒に暮らしていけるのかどうかは、結婚前の同棲で確認するのがおすすめです。

まとめ

40歳で幸福な結婚をするためには

・ 相手に嘘がないかをきちんと調べること
・ 結婚後の生活が成りたつのか、相手の収入を教えてもらうこと
・ お互いの過去やライフスタイル、価値観を尊重すること
・ 老後や家族の将来をきちんと話し合うこと
・ すぐに婚姻届けを出さないこと


連記事