彼氏と喧嘩した時に読む、スッキリ仲直りする5つのコツ

彼氏と喧嘩した時に読む、スッキリ仲直りする5つのコツ
彼氏と喧嘩した後は大なり小なりもやもやするものですが、いつまでもそんな気持ちを引きずりたくはないですよね。ですが、お互い素直になれないまま時間が経ってしまうと、気持ちがこじれて元通りには戻りにくくなってしまうもの。

ここは多少悔しくても、こちらからアプローチを仕掛けてすっきりさっぱり早めに仲直りをしてしまいましょう。「向こうから謝ってくれたら素直になれるのに」という気持ちもあるかもしれませんが、恋人同士とはいえ赤の他人。

彼氏と喧嘩したままずっともやもやを抱えているよりは、いっそあなたから動いてしまった方が精神衛生上にも良いというものです。そこで今回は、彼氏とすっきり仲直りするために心がけたい5つのコツについてお伝えします。

 

彼氏と喧嘩した時に読む、
スッキリ仲直りする5つのコツ

 

話し合いはあくまで冷静に

彼氏と喧嘩した際に、絶対にやってはいけないのが「感情的に責め立てること」です。もちろん人間ですから感情的になるのは仕方がないこと、しかしそこから生産性のある答えは生み出されません。

まして「彼氏」と喧嘩しているという状況では、甘えや油断から言ってはいけない言葉までぶつけてしまい、余計話がこじれる可能性が高くなってしまいます。

頭に血が上っている時こそ深呼吸でもして、落ち着いて冷静に話し合ったり、言葉を選ぶ必要があると心得ましょう。相手も感情ではなく理屈で折り合いがつくと案外しっかり納得してくれるものですよ。

場合によっては一度相手の意見を受け止め、そのうえで妥協点を探るなど、彼氏との喧嘩の際は冷静かつ慎重に事を運ぶようにするとよいでしょう。

 

自分に非がある部分に関しては素直に謝る

どんなに理不尽だと思っても、喧嘩になるうえで「120%相手が悪い」というケースはなかなかないものです。彼氏と喧嘩になった際は、下手に意地を張らず自分に非がある部分に関しては素直に謝るようにしましょう。

あなたから先に謝ることで、相手の罪悪感を刺激し素直に謝ってくれることが多々あります。ですが、あくまであなたが謝るのは「自分に非がある部分」に関してです。「私が謝ったんだからあなたも謝れ!」というのも間違いですが、中にはあなたが先に謝ったことで、図に乗って「そうだお前が悪い」と自分を棚に上げる男性もいます。

彼氏と喧嘩したときには、彼氏の人間性を見極めつつ、おかしいと思う部分に関しては毅然とした態度をとるようにしましょう。

 

直接の謝罪の後に、メールでも改めて謝ってみる

彼氏と喧嘩して、とりあえず謝って、でもなんだかもやもやが残る場合には、改めてメールなどで謝罪の言葉を送るとよいでしょう。

二段階のフォローで誠意がさらに伝わりますし、面と向かって言えない言葉もメールなどなら伝えることができるというのは良くある話です。

また、相手も直接的には素直になれなくても、顔を見ない状況なら素直になれることがあります。ここで注意したいのは、彼氏と喧嘩したときのことをわざわざ蒸し返さないこと。

あくまで謝罪と、「本当はどんなときも大好きだよ」といった愛の言葉くらいにしておいた方が無難です。喧嘩自体は解決しているのならなおさら、終わったこととして割り切って、今後も持ち出さないようにしてくださいね。

 

最低限の挨拶だけは欠かさないようにする

彼氏と喧嘩していても、今は顔を見たくなくても、別れたくないと思っているなら「お休み」や「おはよう」などの挨拶だけは欠かさないようにしましょう。

面と向かって言いにくいならこちらもメールなどで伝えるようにするとよいですね。完全に無視してしまうと「彼氏と喧嘩してどれだけ怒っているか」のアピールはできても、仲直りできるきっかけはそれだけ遠ざかってしまいます。

喧嘩は喧嘩と割り切って、2人の仲を繋ぐために必要な、最低限のことだけは欠かさないようにしておきましょう。相手もそれで「心底嫌われているわけではないんだ」と安心すると同時に、早く状況を打開しなければと思ってくれるかもしれませんよ。

 

常日頃から、不安や不満などについては話し合うようにしておく

恋人と言っても赤の他人同士ですから、彼氏と喧嘩したって不思議ではありません。むしろ喧嘩しながら理解を深めていくということだってあるでしょう。

しかし、不平や不満、不安を普段からため込んでいると「喧嘩」という引き金をきっかけに感情が大爆発してしまい、彼氏との喧嘩がこじれてしまいかねません。たいていそんなときは、喧嘩のおおもとから離れて「あの時だって○○だった」「その前は××だった」と関係ない事柄まで飛び出して相手を幻滅させかねないのです。

言葉を選ぶ必要はありますが、普段から自分が思っていることを伝え、相手が思っていることを聞くことが大切です。普段から理解しあえていれば、いざ喧嘩となっても比較的軽く済む可能性が高くなります。

 

いかがでしたでしょうか。彼氏と喧嘩しないにこしたことはないとはいえ、そこはやはり人間同士。時にぶつかることもありますよね。喧嘩自体は決して悪いことではありません。

しかし、喧嘩という嫌な思いを先に活かしていけなければ、2人の未来も暗くなってしまいます。彼氏と喧嘩した直後には感情も昂っていますから、なかなか冷静にいるのは難しいかもしれませんが、2人の絆のためにそこはあなたがちょっと大人になってあげるのも、悪くないかもしれませんね。

喧嘩は両成敗、あなたの努力が相手を変えるかもしれませんし、「たまにはそっちから謝ってくれると私も素直になれる」と堂々と言えます。男性から頭を下げるというのは、実はプライドにもかかわる重要なこと、そこを理解してあげましょう。

まとめ

彼氏とすっきり仲直りするには

・ 話し合いはあくまで冷静に
・ 自分に非がある部分に関しては素直に謝る
・ 直接の謝罪の後に、メールでも改めて謝ってみる
・ 最低限の挨拶だけは欠かさないようにする
・ 常日頃から、不安や不満などについては話し合うようにしておく


連記事