ふくらはぎが痩せるダイエットの失敗しないやり方

ふくらはぎが痩せるダイエットの失敗しないやり方
ふくらはぎ痩せダイエットって、難しいですよね。よくあるダイエット法の食事制限や運動では、なかなか細くなりません。ふくらはぎは、お腹周りとは違って脂肪が少ないからです。

つま先立ちで立って、ふくらはぎをつまんでみてください。つまめる量が少ない場合は脂肪で太くなっているケースではありません。他の原因を探った方が良いです。夕方になってくると、一回りふくらはぎのサイズが大きくなるという場合は、明らかに、むくみが原因です。

それに、どう考えても、ふくらはぎが筋肉で太くなっている人が運動で痩せようとしても、うまくいきませんよね。そこで今回は、「ふくらはぎが痩せるダイエットの失敗しないやり方」ということで、参考にしていただきたい情報をお伝えします。



 

ふくらはぎが痩せるダイエットの
失敗しないやり方

 

ふくらはぎの筋肉をほぐすストレッチ


ふくらはぎの筋肉をほぐすストレッチで、ふくらはぎ痩せダイエットを成功させましょう。ふくらはぎの筋肉には、ヒラメ筋と腓腹筋(ひふくきん)の2種類の筋肉があります。ヒラメ筋は、ふくらはぎから足首につながる筋肉です。もう一つの腓腹筋は、ふくらはぎのふくらみを作っている筋肉です。膝裏からかかとまでつながっています。

それでは、ふくらはぎ痩せに有効なストレッチ、立った姿勢で行うストレッチと座った姿勢で行うストレッチを紹介します。はじめに、立った姿勢で行うストレッチから、確認していきましょう。

壁に両手を付けて、両足のかかとを床に付けたまま、前傾姿勢を取ります。かかとをつけたままで、足を前後に開きます。その時、後ろの足が身体の真後ろにくるように意識するのがポイントです。前後の足の開きが大きいほど、ストレッチは強めになります。

後ろの足のかかとは床につけたまま、前の足の膝を曲げます。後ろ足の膝は、しっかりと伸ばしてください。同じように、前足と後ろ足を入れ替えて、ストレッチを行ってください。ふくらはぎの筋肉をほぐすイメージを大切にしましょう。

もう一つ、座った姿勢で行うストレッチの手順を確認しましょう。両足を伸ばした姿勢で床に座ります。両手でつま先を掴んで、手前に引き寄せます。体が固くて、つま先に手が届かなかったり、痛みを感じたりする場合はタオルを使ってください。

タオルを使う場合は、タオルを両手で持って足先にひっかけて引き寄せてください。背中を丸めないようにしましょう。足首の裏がほぐすイメージで行いましょう。これらの2つのストレッチで、ふくらはぎの筋肉をほぐして、ふくらはぎ痩せダイエットに取り組んでください。

 

リンパマッサージでむくみを解消する


リンパマッサージでむくみを解消することによって、ふくらはぎ痩せダイエットをする方法もあります。はじめに、足首を両手で掴みます。膝の方へ向かって、ゆっくりと撫で上げていきます。10回繰り返しましょう。次に両手こぶしで、足首を挟みます。膝の方へと撫で上げていきます。10回繰り返します。

今度は、ふくらはぎを両手で雑巾を絞るようにマッサージをします。親指以外の指で、ふくらはぎを揉むようにします。リンパを流すつもりで、足の付根まで撫で上げていきます。最後に、足首を掴み、左右にグルグルと回します。

 

ふくらはぎ痩せを促進するツボを刺激する


ふくらはぎ痩せを促進するツボを刺激することによって、細いふくらはぎを目指しましょう。委中(いちゅう)、承筋(しょうきん)、承間(しょうかん)、承山(しょうざん)という4つのツボです。

委中は、膝裏の中央にあるツボです。承山は、膝裏の委中と足首までの間を二分したくらいの位置にあります。承筋は、承山と委中の中間で、ふくらはぎが一番盛り上がったところにあります。承間は、承筋と承山のほぼ中間です。それぞれのツボを親指の腹でやわらかく指圧しましょう。

 

筋肉を使わない歩き方にする


脂肪を落とすには、体全体の脂肪を落とすしかありません。体重を落とすというのと、シルエットやスタイルをよくするボディーメイクは違います。ふくらはぎ痩せをめざすには、ボディーメイクとしての筋肉を使わない歩き方にする必要があるのです。

筋肉を使わない歩き方をしているのが、ファッションショーのモデルさんたちです。かかと重心寄りの歩き方になるような姿勢と地面を蹴りだす動作をしないないことがポイントになります。本格的な美脚をめざす場合は、プロの力を借りる方が近道です。興味があれば、ボディメイクスタジオなどに行ってみてください。

 

以上、ふくらはぎが痩せるダイエットの失敗しないやり方についてお伝えしました。ふくらはぎが太くなっている原因は、脂肪がついて太くなっている場合、筋肉で太くなっている場合、むくみで太くなっている場合があります。

部分痩せとなる、ふくらはぎ痩せであっても、脂肪を落とす場合は、全体的に脂肪を落としていくという考え方が自然です。筋肉で太くなっている場合は、ストレッチの仕方に気を配る必要があります。むくみは、リンパを流すマッサージが有効的です。

問題は、どこまでの美脚をめざすか?になりますよね。家事や育児に追われる生活であるなら、モデルさんたちのような歩き方を日常的にするのは現実的ではありません。プロの力を借りるという選択ができるなら、ボディメイクスタジオや美脚コースのあるエステに行くことをおすすめします。

 

まとめ

ふくらはぎが痩せるダイエットの失敗しないやり方

●ふくらはぎの筋肉をほぐすストレッチ。
●リンパマッサージでむくみを解消する。
●ふくらはぎ痩せを促進するツボを刺激する。
●筋肉を使わない歩き方にする。

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c