彼氏と結婚したいなら押さえておきたい、上手な亭主の転がし方

彼氏と結婚したいなら押さえておきたい、上手な亭主の転がし方
彼氏と結婚したい女性は、結婚して亭主を上手に転がすにはどうしたら良いのか気になりますね。彼氏と喧嘩してしまう度、結婚しても上手くいくのかどうか自信がなくなる時もあるでしょう。

世の中には何十年経っても上手くいっていて、お似合いの夫婦がいます。熟成したワインのように奥深く、お互いになくてはならないような夫婦になりたいと願うものです。亭主関白のように見えても、実際は妻が上手く亭主を転がしている場合が多いです。

また、妻が威張っている鬼嫁のように見えて、実はとても夫に愛されている場合もあります。外から見える夫婦の様子と、実際の関係性が違うことはよくあります。これは、妻が上手に亭主を転がしているからです。

女性の方が男性より賢くなって、上手く男性を操っている家庭は長く良い関係が続いています。彼氏と結婚したい時、押さえておきたい上手な亭主の転がし方ってあるのでしょうか。結婚は長い道のりで、恋人時代とはお互いに違う面が見えてきます。こんなはずではなかったということもたくさん起こります。

女性が上手く亭主を転がして、良い夫になってもらいたいですよね。そこで今回は、彼氏と結婚したいなら押さえておきたい、上手な亭主の転がし方をお伝えします。



 

彼氏と結婚したいなら押さえておきたい、
上手な亭主の転がし方

 

人前で男性を立てよう


彼氏と結婚したいなら、まず、人前で彼氏を立てる行動を取ることをお勧めします。人前とは、特に彼氏の会社の上司や同僚、友達、彼氏の家族などです。人前では貴方の意見を通そうとしないで、彼氏の意見を尊重しましょう。上手くいっている夫婦は、外で妻が夫に威張り散らしたり、夫に叱ったりはしません。

彼氏と結婚したいという気持ちがあるなら、人前で男性を立てるように気を配ると良い女性に映ります。彼氏も貴方に感謝し、女性の幸せにも繋がっていきます。

 

男性のプライドを傷つけないようにしよう


彼氏と結婚したい場合、いかなる時も彼氏のプライドを傷つけないようにしましょう。男性はプライドで生きている生き物です。彼氏の気にしていることや間違いなどを指摘しないようにしましょう。彼氏の出身地、出身校、職業を馬鹿にしたり、身体的特徴を悪く言わないようにしましょう。

男性は女性より傷つきやすい人が多いです。こんなことぐらいでと思うようなことを気にしている場合があります。彼氏と結婚したい女性は、男性のプライドを考えてあげると幸せになれます。

 

男性に甘えて頼ろう


男性は結構女性に甘えられるとうれしいものです。彼氏と結婚したい女性は、上手く彼氏に甘えて頼ることのできる女性になりましょう。「お願い」とか「貴方がやった方が上手だから」と言って、彼氏の得意そうなことを頼んでみましょう。

彼氏が何かしてくれたら、もちろん感謝の言葉は忘れずに伝えてください。彼氏も「俺がいないと、この子はダメなんだな」と思うような関係になれば結婚は目前です。彼氏と結婚したい時は、可愛く男性に甘えて頼れるようになりましょう。何でもかんでも甘えるのではなく、たまに甘えるくらいがちょうど良いですね。

 

感謝の気持ちを伝えよう


彼氏と結婚したい女性は、彼氏の普段の行動に感謝の言葉を述べるようにしましょう。いつの間にかしてくれて当然という気持ちになっていないか反省してみましょう。デートで迎えに来てくれた時や、荷物を持ってくれた時などうれしかったことは何でも感謝しましょう。

口で感謝やねぎらいの言葉を述べるのももちろん良いですが、メールで普段の感謝を伝えるのもいいですね。「貴方のお蔭で私は幸せよ」って気持ちをメールや手紙で伝えるのもいいでしょう。彼氏にとって貴方はますます手放したくない可愛い存在になります。彼氏と結婚したい女性の忘れてはいけないポイントです。

 

喧嘩では女性が折れよう


喧嘩や言い争いが多いカップルに特に気を付けてほしいことです。彼氏と結婚したいなら、喧嘩では女性が折れるようにしましょう。「負けるが勝ち」を実践している夫婦の方が上手くいっています。2人の意見が分かれて貴方の意見を通したい場合は、彼氏の性格を分析して上手く誘導していってください。

「こちらはどう?」「こっちもいいと思うけど、貴方はどう思う?」などと言うといいですね。彼氏と結婚したい女性は、あまり我を通そうとせず喧嘩では負けるようにしましょう。

 

男性の付き合いや趣味を尊重しよう


結婚したら自分の趣味の時間やお金をかけられなくなると感じている男性は多いです。彼氏と結婚したいなら、男性の付き合いや趣味を理解するようにしましょう。彼氏も「この子は俺を理解してくれている」と安心して、結婚に進みやすいです。夫の財布の中身が減ってきたら、さり気なく夫の気付かないうちにお札を入れている妻は良妻と言えます。

「男性には男性の付き合いがあるからね、いってらっしゃい」と趣味に送り出せる彼女は可愛がられます。彼氏と結婚したいと思ったら、男性同士の付き合い、趣味に理解を示しましょう。

 

男性を褒めよう


最後になりましたが、一番大事なことかもしれません。彼氏と結婚したい場合、将来的に家事や育児を手伝ってもらうようにするには褒めて育てることが大事です。掃除でも「すごいね。男性の力の方が綺麗になるね」とか「貴方ってすごい」と何でも褒めましょう。

男性は褒められると喜んで、また貴方の為に何でもしてくれるようになります。褒められた男性は仕事でも自信を持って取り組むようになり、居心地のいい家庭も大切にしてくれます

彼氏と結婚したい女性は、お付き合いしている段階から彼氏の良い点を褒めてあげるといいですね。貴方が彼氏の一番の味方になってあげることが大切です。

 

いかがでしたでしょうか。

彼氏と結婚したいなら押さえておきたい、上手な亭主の転がし方をお伝えしました。なかなか難しいことが多くて、女性が損をしているように見えるかもしれません。今まであまり男性に甘えてこなかった女性や、彼氏を褒めなかった女性は照れてできないかもしれません。

少しずつでいいですから、ちょっとしたお願いをしてみたり、彼氏に頼る態度を取るといいですね。日頃の感謝の気持ちを伝えたり、何かしてもらったら必ず「ありがとう」っていう言葉を伝えることから始めましょう。

亭主を転がすということは、一見夫の意見を尊重しながら、妻が快適に生活する方法です。夫を褒め、人前で立てて、プライドを傷つけないようにすると、結局は女性が得をします。長年上手くいっている夫婦は、これら一連の動作がスムーズにできているということです。

彼氏と結婚したい女性で、長く夫婦としてやっていきたい場合は上手く男性を褒めて育ててください。男性は子供っぽい面があるので、亭主の転がし方はある意味育児と思った方がいいかもしれません。

大きな子供を育てるつもりで、彼氏を良い亭主に育ててみてください。彼氏が転がる亭主になれば、貴方の幸せが待っています。

 

まとめ

彼氏と結婚したいなら押さえておきたい、上手な亭主の転がし方は

・会社の上司、同僚、友達、家族など人前では男性を立てましょう
・彼氏の気にしていることを言って、男性のプライドを傷つけないようにしましょう
・たまにはうまく彼氏に甘えて頼りましょう
・彼氏に感謝の気持ちを述べたり、メールや手紙で伝えましょう
・喧嘩が多いカップルは、女性が折れるようにしましょう
・男性の付き合いや趣味を尊重しましょう
・将来的に家事や育児を手伝ってもらう為に、男性を褒めて育てましょう

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c