あこがれのハワイ挙式!費用を抑える方法

あこがれのハワイ挙式!費用を抑える方法
普通にやっても結婚式はお金がかかるものですが、ハワイ挙式はさらに費用が高いですよね。ハワイでの挙式にあこがれていても、費用面を考えて「あきらめた」という方は多いのでは?

ゼクシイの結婚トレンド調査2017によると、ハワイ挙式の平均費用は208万円です。この金額の率直な感想は人それぞれ、想像していたよりも案外安いと感じた方もいれば、「やっぱり無理だ」という方もいるでしょう。

ただ、平均費用はあくまで平均!ハワイ挙式の費用を抑えることであこがれのハワイ挙式を実現できるかもしれません。

ということで、今回はハワイ挙式をしたい方のために、ハワイ挙式の費用を抑える方法をお伝えします。ハワイ挙式にあこがれている方、ハワイ挙式をあきらめかけている方、ぜひ参考にしてください。

オフシーズンや平日を狙うこと

ハワイ挙式の費用を抑える方法の一つ目がオフシーズンや平日に挙式することです。結婚式の費用は毎日同じではありません。その日に結婚式を挙げたいというカップルが多ければ値段は高くなるし、結婚式の予約が入らない日は値段が安くなります。

日本でいえば、大安と仏滅のようなものですね。ハワイ挙式のオフシーズンは年末年始が終わった後の1~2月、あとは夏休み後の9~11月です。ハワイ挙式の費用を抑えたい方はこの時期の、さらに平日狙いでいくのがおすすめです。

ただ、ハワイの9月は雨季で台風シーズン、天候が心配な方はこの時期は避けた方がよいかもしれません。

 

契約前に複数の会社から見積もりをもらい比較すること

ハワイ挙式の費用を抑える方法の二つ目が各社の見積もりを比較することです。結婚式のプランは基本パックとオプションでできています。

各社の見積もりをもらったら、基本パックがいくらでそこに何が含まれているのかや各オプションの金額を比較してみてください。同じ式場でも、会社が提携しているホテルや航空会社、ドレスのレンタル会社などで挙式費用は大きく変わります。

また、不要なオプションがついていることもあるので、契約前にどのオプションを削ることができるのか、会社の方とよく相談するのがおすすめです。

 

不要なオプションを除くこと

ハワイ挙式の費用を抑えたいとき、基本パックの費用については値引きはできないことが多いのでそこで節約しようとしても労力の無駄!あきらめましょう。その代わり、オプションを見直すことで費用を抑えることができますよ。

たとえば、ビデオ撮影やDVD制作のオプション、ゲストの誰かにビデオ撮影を頼むことでオプションでつける必要はなくなります。ビデオ撮影のオプションは10万円~20万円程度、これを削ることができたら費用をぐっと抑えることができますね。

また、ビデオ撮影とフォト撮影のどちらか一つにすることで節約することもできます。レンタルのドレスのグレードを下げたり、ブーケを手作りすることでオプションの費用を抑えることもできますよ。

 

自分でできることは自分ですること

何事にしてもそうですが、人に頼めばお金がかかる自分で動けばタダです。ということで、ハワイ挙式の費用を抑えるために、自分でできることは自分でするのがおすすめです。

たとえば、航空券やホテルの予約、結婚式のプランに含まれていることもありますが、自分でした方が安く済むことが多いです。

また、自分で予約すれば格安航空や自分の予算に合ったホテルを選ぶことができますしね。ビザの手配も旅行会社に任せるよりも、自分でした方が安いです。

 

ゲストの数を少なくすること

ハワイ挙式の費用を抑える方法の五つ目はゲストの数を少なくすることです。ハワイ挙式に日本からゲストを招待する場合、1人あたりのお車代(交通費+宿泊費)の目安は20万円です。

自分の両親を招待すれば40万円、相手の両親も加えたら80万円、お車代だけで100万円近くかかってしまうということですね。

ここに親戚だの、友人だの招待したらお車代だけで破産してしまうかも!?ハワイで挙式をするのなら、ゲストの数は少なくするのがおすすめ!ゲストは呼ばず、二人だけで挙式するというのもありですよ。

たくさんの人に結婚を祝ってほしいのなら日本国内で挙式をするか、もしくは披露宴や二次会は日本でしてそちらに友人を招待してくださいね。二人っきりで挙式する場合は、挙式と新婚旅行を兼ねることでハワイ挙式の費用を節約することもできます。

 

上記の通りハワイ挙式の費用を抑えるための一番効果的な方法は、オフシーズンや平日など、式場の料金が安い日を狙うことです。結婚式の日取りを決める前に、いつが安いのかを調べておくとよいですね。

また見積もりをもらわずに契約したり、一社だけの見積もりで満足してはだめ!複数の会社から見積もりをもらい、比較検討したうえで自分の予算に合うプランやパックを選びましょう。

このとき、オプションのうちどれを削ることができ、どれを自前でするのかもパートナーや会社と相談しておくとよいですね。ビデオ撮影やレンタルドレスなどの費用を抑えることで、予算内でハワイ挙式を実現することができます。

ゲストの数もハワイ挙式の費用を抑えるためには大切!ゲストは本当に来てもらいたい人だけに絞り、残りは帰国後の披露宴や二次会に招待するのがおすすめです。

まとめ

ハワイ挙式の費用を抑えるためには

・ オフシーズンや平日を狙うこと
・ 契約前に複数の会社から見積もりをもらい比較すること
・ 不要なオプションを除くこと
・ 自分でできることは自分ですること
・ ゲストの数を少なくすること


連記事