好きだけど付き合いたくない理由を知り、次の恋を始める術

好きだけど付き合いたくない理由を知り、次の恋を始める術
好きだけど付き合いたくないというとき、ありますよね。「彼/彼女と恋人同士になったら、毎日がきっと楽しいだろうな」なんて妄想はするくせに、いざ付き合うとなるとなんだか気が乗らない、告白するのが怖いというのももちろんありますが、それだけでない理由で付き合いたくないなと思ってしまいます。

こんなとき、相手をかえたら恋愛に積極的になれるのかというと、そうともいいきれない……好きな人はいて、相手からも好意を持たれているのになぜか交際に発展しないし発展させる努力をしたくないという人が次の恋を始めるためにはどうすればいいの?というわけで、今回は好きだけど付き合いたくない理由を知って次の恋を始める術をお伝えします。



 

好きだけど付き合いたくない理由を知り、
次の恋を始める術

 

恋愛以外が忙しくて、恋愛に割く気力体力がないこと


学校や仕事が忙しいときや仕事からアパートの自分の部屋に帰るとそのままバタンキューで寝てしまうというとき、学校や仕事以外のことは極力省エネモード、体力や気力は仕事のために温存しておきたいですよね。

こんなときは、恋愛に対しても省エネモード、あまり前向きな気持ちになれません。好きな人はできても、遠くから眺めてドキドキするだけで満足、せっかくの休日をデートに費やしたり仕事帰りに彼の部屋に寄ってご飯を作ってあげるなんてことはしたくありません。

ということで、好きだけど付き合いたくない理由の一つ目は恋愛以外が忙しすぎること、恋愛に割く気力や体力がないのです。次の恋を始めるのは、学校や仕事に慣れ気持ちに余裕ができるまで待った方がよいです。無理して恋愛をしたら、あなたがキャパオーバーになるだけ、パンクしてしまいますよ。

 

過去のトラウマから恋愛に対して臆病になっていること


過去の失恋や恋人から受けた仕打ちがトラウマになって恋愛に対して臆病になってしまったために、「好きだけど付き合いたくない」「付き合ってもどうせ傷つけられるだけだから」という気持ちになってしまうことがあります。

過去のトラウマのために好きだけど付き合いたくないという気持ちになってしまう人は、好きな人や気になる異性と友達関係から始めるのがおすすめです。

友達として会話したり、遊ぶうちに、あなたの異性に対する警戒心や恋愛に対する恐怖心が和らぎ「この人と付き合いたいな」という気持ちになるかもしれません。付き合ったり告白するのは、「彼/彼女なら大丈夫」という確信が持ててからでも遅くありません。

 

経済的理由や健康上の理由などで自分にストッパーをかけること


好きだけど付き合いたくない理由の三つ目は、「自分と付き合っても相手を不幸にするだけだ」という気持ちがあることです。貧乏や安定した職業についていないなどの経済的理由、病気や障害などの健康上の理由、あるいは家柄や親や親戚との付き合いを気にして、好きな人と交際する気になれないでいるのです。

これは、裏を返せば「好きな人を思うがゆえに、自分の身を引いている」状態です。好きな人ができたら、自分であーだこーだと理由をつけて一人で諦めてしまうのではなく、好きな人に自分の抱えている事情や問題を打ち明けてみましょう。

そのうえで「それでもいいから付き合ってくれるか」と、相手に判断をゆだねてみるのです。相手にとって、あなたの問題はあなたが思っているほど深刻で重大な問題ではないということもあります。はなから恋愛を諦めないでくださいね。

 

好きな人が女泣かせの男や男を手玉にとる女であること


「遠目で見つめる分にはいいけれど、付き合うとなるとねえ」という相手を好きになってしまったとき、なかなか付き合う勇気は出ません。

友達からは「絶対に泣く羽目になるからやめとき」と止められたり、風の噂で過去の色々な悪行逸話を知ってしまったり……こんなとき、「好きだけど付き合いたくない」というあなたの本能は大正解!

今の好きな人は観賞用ということにして、次を探しましょう。あなたを幸せにしてくれる人、一緒にいてほっとできる人、価値観が似ている人、次の恋はこのような恋愛向きの人と始めてくださいね。

 

結婚を意識しすぎたり、「好き」の気持ちだけで交際できないこと


結婚したいからこそ、好きなだけじゃだめ!経済力や家柄などから結婚できる相手じゃないと付き合えないというとき、あるいは好きなんだけど今交際を始めたら結婚まで押しきられてしまいそうだから付き合いたくない、など、結婚を意識するとき「好きだけど付き合いたくない」という一見矛盾した気持ちや行動になってしまいます。

これは初恋をした頃のように「好き」の気持ちだけでは付き合えないという年齢にあなたがなったということ、これも一つの成長であり大人になった証ですから、「好きだけど付き合いたくない」という矛盾した気持ちや行動に「打算的すぎるかな」「付き合っておいて結婚したくないというのはずるいかな」なんて考える必要はありません。

あなたにとって、交際する条件が「好き」という気持ち以外に一つ二つ増えただけのこと、今好きな人と付き合いたくないのであればあなたの交際する条件に合う異性を見つければよいのです。

 

いかがでしたか。以上が、好きだけど付き合いたくない理由を知って次の恋を始める術でした。仕事や勉強が忙しくて恋愛をしている暇なんてない、あるいは過去のトラウマから恋愛に対して臆病になっているというときには、あなたを恋愛から遠ざけている原因が解決するのを待ってから次の恋を始めるのがよいです。

キャパオーバーの恋愛はどうせ長続きしませんし、恋愛はいつでもできるのですから、焦って次の恋を始める必要はありません。ただ、好きだけど付き合いたくない理由が「相手を不幸にするのでは」という心配や不安なのであれば、その心配や不安はあなたの気の回しすぎということもありますよ。

勇気を出して、好きな人に自分の問題や事情を打ち明けてみましょう。好きな人はいるけれど、相手の人柄に難ありだったり付き合うにはあと一歩何かが足りないというときは、その人はあなたにとって運命の相手ではありません。次の恋愛相手を見つけましょう。

まとめ

好きだけど付き合いたくない理由とは

・ 恋愛以外が忙しくて、恋愛に割く気力体力がないこと
・ 過去のトラウマから恋愛に対して臆病になっていること
・ 経済的理由や健康上の理由などで自分にストッパーをかけること
・ 好きな人が女泣かせの男や男を手玉にとる女であること
・ 結婚を意識しすぎたり、「好き」の気持ちだけで交際できないこと

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c


1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c