男性には理解できない女性の心理と考え方一覧

男性には理解できない女性の心理と考え方一覧
古来より永遠の謎とされているのが女性の心理。あなたも理解不能なその感覚に頭を悩ませているのではないでしょうか。同じ女同士でもわからないものはわかりません。

となれば、性質が違う男性が女性を理解するというのもなかなか難しいかもしれませんよね。そこで今回は、どうにも読めない女性の心理を、よくありそうなシチュエーションに絡めてお伝えし、合わせて対策法もお伝えします。

もしかしたら彼女自身も気づいていない「潜在意識」「本能」という領域において、どんな心理が隠されているのか。そのバックグラウンドを知っておけば、多少なりとも相手を理解することができるはずです。

「女ってわからないよな」なんてめんどくさがらないで、ここであなたの周りの女性について、ちょっとその言動を振り返ってみてください。



 

男性には理解できない
女性の心理と考え方一覧

 

やりきれない!話を聞いているのにせめられた


話を聞いているのに「聞いていない」と言われ、悩みを相談されたから一生懸命アドバイスしてあげたのに「わかってない」と言われる。女性の心理は理不尽だと感じた経験のある男性は少なくないのではないでしょうか。

実は女性の心理があなたに求めているものは「解決策<共感」なのです。だからあなたが、疲れている中で彼女の話を一生懸命聞いていたとしても、相づちなどで相手に「聞いているよ」とわかりやすくアピールしてあげないと「この人は私の話を聞いてくれない!」となってしまうのです。

同じように悩みを相談されてアドバイスをしても、そこに「君の気持ちはよくわかるよ」という態度を見せてあげないと相手の女性は「私の気持ちをわかってくれないのね」と思ってしまいます。

かといってうなずいてばかりいればいいというものでもないのが面倒なところですね。彼女に明らかな否があるときはたしなめてあげるのがデキル男です。

こんなときは頭ごなしに否定するのではなく、一度認めてから「この部分は直したほうがもっと状況は改善するかもね」という方向に話をもっていくと「わかってくれるだけではなく、親身になってくれる」と好印象を与えることができますよ。

 

ちょっと待ってよ!だまりこんだら怒られた


女性からいろいろ言われて、頭で反論を考えているうちに「もういい!」とキレられた経験がある人、多いかもしれませんよね。これもまた、理不尽かつ不可解な女性の心理の1つです。

男性と女性ではそもそも情報処理の仕方が違います。女性は「自分の思考をまとめる」のと「それを口に出して相手に伝える」という作業を同時にやってのけます。ところが男性はその作業が別々です。

さらに「これを言ったらどうなる」というところまで考えるため、口に出すまでの時間はその分長くかかります。……と、性別によって特性があるのですが、女性の心理としては沈黙=拒否ととらえる傾向があります。

あなたが必死に考えている間の沈黙は、相手にとっては「言いたいことがあるならはっきり言えばいいのに」「だんまりなんてないがしろにするつもり!?」と怒りの火に油を注ぐ行為そのものになってしまっているのです。

かといってあなただって、考えているところにたたみかけて物を言われればますます何も言えなくなってしまいますよね。

ここは1つ「話は聞いている」ことを相づちなり言葉なりでアピールしつつ、自分もまじめに考えているんだと伝えてあげてくださいね。その態度で、女性側も安心することができるのです。

 

理解不能!どうしてそんなに買い物が長いのか


個人差はあれど、女性の買い物はとにかく長い!休日のショッピングモールでは元気な女性陣を横目にぐったりしてベンチに座っている男性の姿を見かけることも多かったりして……。よくわからない女性の心理、と言われて必ず出てくるのが「どうしてあんなに買い物に時間がかかるのか」でしょう。

さて、あなたは買い物をする際、品物に何を求めるでしょう。男性はおそらく、目的の品物のスペックや利便性、機能性を重視するのではないでしょうか。

なかには先にネットなどで下調べをして、目星をつけておく人もいらっしゃるかもしれませんね。ところが女性はスペックや利便性などに加え「品物を手元に置くことによるメリット」や「目的のモノを見つけ出すための過程」も重要視します。

だから色やデザイン、手触り、サイズから部屋や自分の持ち物などとの調和までもをじっくり吟味します。そしてそのための労力を苦とは思わないものなのです。

女性の心理は「快」への追及やそこの至るまでの過程そのものを楽しむ傾向があります。なのでつきあえる範囲でつきあってあげてもよし、別行動の時間を設けるもよし、あなたの負担にならない範囲で理解を示してあげられるとよいですね。

 

勘弁して!いきなり「あなたばっかり」と言われた


いつも何の不満も言わないし、一応相手の意見は聞いて尊重してるし、何の問題もないだろう……なんて思っていた矢先にいきなり「あなたはいつも自分のことしか考えてないのね」「いつも私が我慢してばっかり!」と言われて「は!?」と面食らった経験のある男性、いらっしゃるのではないでしょうか。

実は女性の心理は「尽くす」ことに喜びを見出す反面、ある程度の見返りを求める傾向を秘めています。「私の意にはそぐわないけれど、彼がそうしたいなら合わせてあげよう」と思ってしまうところがあるのですね。

これに対してあなたがちゃんと、彼女の意見を尊重していたり、感謝の意を表すような言動をとったりして「見返りを提供」していれば問題はないのですが、「不満を言わないから相手も満足しているんだろう」と頭から思い込んでいる場合は要注意です。

女性の心理は「不満をため込みやすい」「意見をはっきり言わないことが多い」と覚えておき、ちょっとしたときに振り返るようにしてみると、彼女の「積み重なった不平不満の爆発」を未然に防ぐことができる……かもしれませんよ。

 

何も変わっていないのに!「愛情がない」と言われた


つきあいが長くなってきた頃を思い返してみてください。自分は彼女に対して変わらない愛情で接しているつもりなのに、彼女から「昔に比べて愛情がなくなった」と言われたことはないでしょうか。

男性の心理と女性の心理において、恋愛に対する意識には大きな違いがあります。それは「男性は恋人同士の関係になることがゴールである」のに対し「女性は恋人同士の関係からスタートする」というものです。

男性の心理としては、追い求めた相手が手に入った時点で一応の目的が達成されたわけですから、好意は徐々に下がっていく傾向があります。

ところが女性の心理としてはここから「家庭というコミュニティかつ安全基地を確保し、子孫を繁栄させていく」わけですから庇護してくれる相手に対しての好意は増していきます。

また、女性は相手への奉仕を提供することで、心身の安全や安楽を見返りとして求めます。ところが男性は「つきあっているのだから女性が自分に対して何かをしてくれるのは当たり前」「自分からは十分すぎるほど愛情を与えている」さらに「なにもいわなくても相手はわかっているにきまっている」と考えてしまいがち。

これでは気持ちがすれ違うのも当然ですよね。つきあいが長くなればなるほど、お互いに相手がしてくれることは当たり前ではないというのを自覚し、きちんと感謝の気持ちや自分の意見を言葉に出して伝え合うことが大切になってくるのです。

 

いかがでしたか。

女性の心理についてお伝えしてきました。不可思議な女性の心理も、女性特有の考え方や男性との相違などを知っておくことで読み解いていけるのではないでしょうか。

といっても、おつきあいはやはり互いの理解や歩み寄りがあってこそ。どちらかだけが頑張るのでは疲れてしまいます。「ちゃんと言葉に出して伝え合う」「すべてを当たり前だと思わない」など、双方が相手を尊重し礼儀を忘れないようにすることが、心地よい関係を長く一緒に続けていくための秘訣と言えるでしょう。

たとえすれ違っても、そのまま放置しておかない限り、修正はいくらでもききます。手遅れになる前にお互いの相手に対する言動はどうなのか、今一度、彼女と一緒に振り返ってみるのもよいでしょう。

 

まとめ

男性には理解できない女性の心理と考え方とは

・ やりきれない!話を聞いているのにせめられた
・ ちょっと待ってよ!だまりこんだら怒られた
・ 理解不能!どうしてそんなに買い物が長いのか
・ 勘弁して!いきなり「あなたばっかり」と言われた
・ 何も変わっていないのに!「愛情がない」と言われた

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c