苦手な人との気まずい関係を改善する7つの方法

苦手な人との気まずい関係を改善する7つの方法
苦手な人だと意識してしてしまう方は、何人くらいいるのでしょうか。どんなに心が広いといわれている人でも、雰囲気的に苦手な人は最低一人はいるものです。苦手な人と一緒にいるときほど、気まずさがこんなにもツライことはないですよね。数十秒しか経っていないのに、ものすごい時間が長く感じたりするものです。

反射神経で、意識していなくてもよそよそしくしてしまうこともありますよね。もちろん苦手な人に悟られたくないですし、できればこの関係を改善できるならば、もっと精神的にも気が楽になるでしょう。この気まずさはどのようにして改善していけばよいのでしょう。今回は苦手な人との気まずい関係を改善するために7つの方法をお伝えします。



 

苦手な人との気まずい関係を
改善する7つの方法

 

考えすぎない


苦手な人だからといって、特別に考えることはありません。苦手な人に対していろいろ思い悩むことがたくさんあることでしょう。しかし、いつまでも考えていても正しい答えにたどり着くことはありません。それは、どうしても「苦手な人」だからです。考えすぎて苦手な人がさらに苦手になってしまうことも十分考えられます。

あれこれ考えてさらに苦手になるよりも、なにも考えずに接する方法をおすすめします。なにも考えなければ、深読みをしすぎることもないのでストレスも最小限に抑えられるでしょう。

 

褒めるように心がける


苦手な人に対して、けなす言葉は見つかりますが、褒める言葉は簡単には出てこないですよね。逆転の発想を関係の改善に試してみてはいかがでしょうか。けなす言葉がたくさんあるということは、褒めるところも同じ分だけ存在するのです。褒めるところが見つからないのではなく、苦手な人だからという意識で見るため見えてこないだけなのです。

ネガティブな言葉をポジティブに変換してくれるアプリもありますので、どうしても言葉が見つからないときは参考に調べてみてもいいかもしれません。

 

笑顔で接する


苦手な人と顔を合わすとき、自分自身で気づかない間に表情に現れていないでしょうか。感情によって人は表情が変わります。ですから、苦手だと思って接していると必然的に表情や態度に現れてしまうことが多いのです。ここで、ぜひ試していただきたいのが「笑顔」で接するということです。たったこれだけで、自然とネガティブ思考が停滞していきます。

今まで苦手な人とどんな表情で接していたのかを、改めて一度鏡でチェックしてみると良いでしょう。

 

苦手部分を見ないようにする


苦手な人といっても、すべてが苦手ということはほとんどないでしょう。一部だけどうしても自分自身の中で受け入れられないところが、「苦手」という場合が多いのではないでしょうか。その苦手とする部分は、意図的に見ないように接することで、関係性に変化が生まれることがあります。見て見ぬふりをするのは、無意識に行っていることでもあるのです。

気になりますが、ここは深呼吸をして落ち着きましょう。流れに任せることも時には必要です。

 

先手を打っておく


苦手な人の気になる部分は、できれば見たくないですよね。見ないようにするには、先手を打って苦手な部分を出さないようにすれば精神的負担も少なくなります。気疲れしてしまう前に、先に行動することで問題発生を防ぎ、苦手な人に対してのイライラする感情も起きなくなるでしょう。先手を打つ行動は、慣れるまでが大変ですが関係を改善するきっかけとなります。

苦手な人の前では、気が利く人として最大限に行動すると、今まで見えなかった苦手な人との問題点がみえてくることができるでしょう。

 

あえて苦手な人と行動してみる


苦手な人とは距離を開けようと無意識に行動してしまうものですが、苦手だからこそ一緒に行動を共にしてみるというのも改善策のひとつです。どうして自分の嫌がる行動や言動をするのかという、最大の謎を解明していくためには、相手を知ること以外考えられませんよね。知ることで納得する部分や妥協する部分もみえてくるでしょう。

観察することで、今までの苦手な人のイメージが変わって見えてくるかもしれません。行動から苦手な人の心が読めるようになるでしょう。

 

共通の友人を間に入れる


苦手な人との関係を改善したいのであれば、共通の友人に助けを求めましょう。間に入ってもらうだけで、その場の雰囲気もガラッとかわり和やかになることでしょう。この和やかな雰囲気を掴むことで、苦手な人との接し方を学ぶのです。ちょっとしたすれ違いや勘違い、思い違いが苦手意識を作り出してしまった可能性もありますよね。客観視することがカギになるでしょう。

共通の友人はどのような雰囲気で、苦手な人と接しているのかを勉強してうまく活かしましょう。

 

いかがでしたでしょうか。苦手な人との関係を改善することは、自分自身の意識改革もしていかなければいけません。努力が求められる難しい問題でしょう。苦手な人だから・・・と思ってしまっては、関わりを自ら断っていることになるので、勿体ないですよ。気まずいと感じているのは、あなただけではありません。もちろん、苦手な人もあなたと同じように気まずいのです。

お互い気まずいまま接していても、距離が縮まるということは不可能です。どちらかが歩み寄ろうという気持ちが表現できれば、もっとお互いが理解できて今まで以上に親しくなることも考えられるようになるでしょう。数年後には「親友」と呼べるくらいの親密度になっているかもしれません。

 

まとめ

苦手な人との気まずい関係を改善する7つの方法

・苦手な人に対して考えすぎない
・褒める言葉を探してみる
・何があっても笑顔で対応
・苦手なところは見ないのも得策
・先回りし苦手な部分が目立たない行動をとる
・苦手な人と行動を一緒にして感覚を掴む
・共通の友人に助けてもらう

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c