ぽっこりお腹を改善して理想の体型になる為のストレッチ

ぽっこりお腹を改善
ぽっこりお腹はすっきりさせたいけど、なかなか痩せられない部分でもありますよね。ダイエットして他の部分がスリムになっても、ぽっこりお腹だけは変化なし。

それどころか、全体的にほっそりしたのにお腹だけ痩せられずにかえって悪目立ち、なんてことも。服をかっこよく着こなそうにもぽっこりお腹が邪魔だし、自分に自信も持てなくなってしまいます。

でもお腹を引っ込ます運動は、効果が出るまで時間もかかる上にキツくて続けられない!もっと簡単で続けやすいストレッチはないの?そんな声にお応えして、今回は楽々手軽なぽっこりお腹改善ストレッチをご紹介。

何度も挫折した人、諦めかけていた人も今日から毎日続けられる、楽々お腹痩せストレッチをお伝えします。

体側を伸ばしてぽっこりお腹を解消しよう

筋肉は日常的にストレッチしておかないと、すぐに固まってしまいます。筋肉が固まったままだと、血流は滞りがち。ストレッチで筋肉をほぐし、血流を盛んにしてぽっこりお腹を解消しましょう。

1.足を肩幅くらいに開いて立ち、腕を頭上に上げて手を組みます。手のひらは上下どちらに向けてもOK。

2.上半身をゆっくり右に倒します。倒せるところまで倒し、その間呼吸が止まらないようにしてください。左足が浮かないように注意しましょう。

3.ゆっくり上体を戻し、今度は同じように左側に倒します。

4.左右1セットで4~5回繰り返します。

コツは、体を倒すときに前傾姿勢にならないようにすること。狭いビルとビルの間でこのストレッチをしているイメージで、上になった肩が前に倒れないようにしましょう。

 

ひねりストレッチでお腹を引き締めよう

日常的な動作では、意外とひねることが少ないものです。ぽっこりお腹を解消するために、ひねるストレッチを取り入れて血行促進を促しましょう。

1.足を肩幅くらいに開いて立ち、手を胸の前でクロスさせて肩の前面に手のひらを当てます。

2.腰から上だけをひねって、ゆっくりを右を向きます。呼吸を止めないように注意しましょう。

3.上半身をゆっくりと正面に戻します。同様に左側へもひねります。

左右1回ずつを1セットとし、10回繰り返します。腰から下は動かさないようにするのがコツ。痛気持ちいいところまでひねりましょう。

 

便秘が原因のぽっこりお腹をすっきりさせよう

便秘がちな人や、お腹にガスが溜まりやすい人にはこのストレッチ!ヨガの「ガス抜きのポーズ」です。ぽっこりお腹の原因が便秘やガスなら、ぜひ毎日の習慣にしてみてください。

1.仰向けに横になり、両膝を立てます。

2.両膝を胸のほうに引き寄せ、手で抱え込みます。

3.息を吸い込み、お腹を膨らませます。吐く息で膝をさらに胸に近づけるように抱え込みます。

4.3を5回繰り返します。

余裕があれば、3のときに腹筋を使って頭を膝に近づけるようにしてみましょう。首に痛みが出るようであれば中止してください。

 

骨盤のゆがみを治してぽっこりお腹を撃退しよう

骨盤のゆがみがぽっこりお腹の原因になるってご存知でしたか?骨盤がゆがんでいると、その周辺の筋肉が正しく使われないためにぜい肉が付きやすくなってしまいます。

また、内臓の位置も下がり、ぽっこりお腹に拍車をかけてしまう結果に。骨盤のゆがみを治すストレッチで、これらが原因のぽっこりお腹をすっきりさせましょう。

1.両足を肩幅よりも若干広めに開き、つま先はやや外向きにして立ちます。

2.手を腰に当て、深呼吸した後お尻の穴を締めるように力を入れます。

3.お尻の力を緩めずに、腰を右へ30回、左へ30回回します。フラフープを回すような感覚でやってみましょう。

 

お風呂でフリフリ!毎日の習慣にしよう

ストレッチを習慣にするのが難しいという人にはこれ!忘れずに実行し続ければ、きっとお風呂で自然に体が動くようになりますよ。

1.湯船に浸かり、膝を立てて座ります。上体を少し後ろに倒したら、肩の真下に手を置いてお尻を浮かせます。

2.両手、両足で体重を支え、お尻を左右にフリフリします。左右往復で1セットとし、10セットほど繰り返します。

水の負荷もかかって、ぽっこりお腹だけでなく腰のくびれにも効果が期待できます。ぜひ毎日のお風呂での習慣にしてくださいね。

 

以上がぽっこりお腹をすっきりさせるストレッチですが「これなら続けられそう!」と思えるものがありましたよね。ただ体重を落とすだけよりも、ぽっこりお腹を引っ込めるのは難しいものです。

結果が出にくいと諦めて挫折しやすくなりますが、楽に続けられるストレッチを選べば諦める気持ちも起こりにくくなります。ぽっこりお腹を解消するには、何より継続が大事。

どんなに効果的なストレッチでも三日坊主では意味がありません。キツいエクササイズは効果も早く現れますが、その大変さゆえに挫折も多いものです。

自分に続けられそうな強度や手軽さのストレッチを選べば生活の中に組み込みやすいですし、ひいてはそれが継続にもつながります。これらの続けやすいストレッチで素敵なボディラインを手に入れましょう。


連記事