おしりを小さくする方法でスリムな印象美人になる秘訣

おしりを小さくする方法でスリムな印象美人になる秘訣
おしりを小さくする方法を調べても、「痩せろ」だの「筋トレしろ」だの、無理難題な提案ばかり、おしりを小さくしてスリムな印象美人に!なんて夢や決意も一瞬でしぼんでしまいますよね。

おしりを小さくしたりきゅっと上がったヒップラインを作るためには、おしりの筋肉を鍛えること、そしておしりの余分なお肉を取り除かなければいけませんから、簡単なことではありません。

筋トレは必須ですし、人によっては減量やダイエットも必要です……なんていうと、「やっぱり無理じゃん」と早々に諦めてしまう方もいるかもしれません。

でも、ちょっと待って!おしりの筋肉を鍛えたり、おしりの肉を落とすことは体の他の箇所に比べるとそれほど難しいことではないのです。ダイエットが苦手な方も諦める必要は全くなし!ということで、今回はおしりを小さくする方法でスリムな印象美人になる秘訣をお伝えします。



 

おしりを小さくする方法で
スリムな印象美人になる秘訣

 

おしりの筋肉を鍛えるスクワットでおしりをきゅっと引き締めること


おしりを小さくする方法で、最も効果的で即効性のある方法がスクワットです。しかし、普通のスクワットではおしりの筋肉を鍛えることはできません。おしりではなく脚を鍛えてしまいます。

スクワットでおしりを小さくする方法は、まず足を肩幅より広く開きます。つま先は45度の角度で外側に向け、両腕は胸の前で組んでください。そのままの姿勢で、背筋を伸ばしたまま膝を少し曲げ、腰を落とします。

このときおしりの筋肉がプルプル震えるはずです。それがないときは、おしりの筋肉を鍛えられていないので、もう一度姿勢を確認してください。

腰は真下に落とすイメージで、おしりを後ろに突き出したり、上半身を前に倒してはいけません。上半身を前に倒すと、おしりではなく足の筋肉を鍛えてしまいます。

おしりの筋肉に最も負荷のかかる位置まで腰を落としたら、今度はゆっくりと膝を伸ばし元の姿勢に戻します。10回を1セットとし毎日1~3セット行ってください。

スクワットの効果は絶大ですから、短期間でにおしりがきゅっと引き締まるのを実感することができますよ。手で自分のおしりをなでたり指でつっついたり、あるいは鏡にうつった自分のうしろ姿を見てにんまりする日も近いです。

 

ヒップリフトでおしりの筋肉を鍛えること


膝が痛くてスクワットができない、スクワット+αでおしりを鍛えたいという方におすすめのおしりを小さくする方法がヒップリフトです。やり方はとっても簡単、両膝を立てて仰向けに寝てください。

その状態で、手で床をおさえながらおしりを床から持ち上げます。このときおしりの筋肉に力が入っているのを確認してください。呼吸をしながら10数えたら、床におしりを戻します。10回を1セットとし、1日3~5セットを目安に行ってください。

寝転がってテレビを見ているときや夜寝る前に手軽に行うことができる方法なので、ぜひ継続して取り組んでくださいね。おしりの筋肉を鍛えると同時に、おしりの余分な肉も落とすことができます。

 

骨盤矯正で骨盤の歪みや開きを解消すること


無駄なお肉はついていないのにおしりが大きい、腰が張るというときは、骨盤の歪みや開きが大きなおしりの原因かもしれません。骨盤を元の位置に戻す体操を行いましょう。

足を肩幅に開きます。手は腰に、その姿勢で腰を左右に10回振ってください。終わったら今度は前後に10回、時計回りに10回、反時計回りに10回回します。

このセットを毎日繰り返すことで、骨盤を正しい位置に戻すことができます。産後、大きく骨盤が開いてしまったときには骨盤ベルトを使用するのがおすすめです。

 

おしりを温めて、セルライトがつくのを防ぐこと


おしりの冷えや血行不良により、おしりに余分なお肉やセルライトがつきやすくなります。おしりを温めて、余分なお肉やセルライトがつくのを防ぎましょう。

おしりの冷え解消には湯船につかるのが一番!湯船にゆっくり使っておしりを温めてください。寒い冬はもちろん、スカートやショートパンツを履く夏もおしりが冷えやすい季節です。

お風呂をシャワーだけで済まさずきちんと湯船に浸かってくださいね。日中は毛糸のパンツや腹巻きでおしりの冷えを防ぎましょう。

特にスカートを履く方はおしりが冷えやすいので要注意!おしりが冷えてしまうときは、スカートやズボンの上からカイロを当てるとよいですよ。さらに、マッサージでおしりの血行をよくするのも効果的なおしりを小さくする方法です。

 

長時間高いヒールの靴を履かないこと


高いヒールの靴を履いて歩くと疲れますよね。スニーカーよりもおしりや脚の筋肉を使っているような気がしますが、実は高いヒールの靴を履いて歩くとき、おしりの筋肉はほとんど使っていません。

高いヒールの靴で歩くと両膝が内側に入ってしまうため、おしりの筋肉を使いません。そのため高いヒールの靴を長時間履いていると、おしりがたるんでしまいます。

おしりを小さくしたい方、高いヒールの靴を長時間履かないこと!どうしても履かなければいけないときには、前の足が着地するとき膝を伸ばすこと・上半身を軽く反らせて胸を張ることを意識してください。猫背や膝を曲げたままちょこちょこと歩くのはだめ!おしりがたるんで大きくなってしまいますよ。

 

いかがでしたか。以上がおしりを小さくする方法でスリムな印象美人になる秘訣でした。おしりを小さくする方法ではまず、おしりの筋肉(大臀筋)を鍛えるスクワットやヒップリフトでおしりの筋肉を鍛えましょう。

筋肉が鍛える分おしりが大きくなるのでは?という心配は無用、筋肉を鍛えればその分おしりのお肉が落ちるからです。余分なお肉がついていないのにおしりが大きい、肉ではなく骨が張っているという方におすすめのおしりを小さくする方法は骨盤矯正です。

ヨガや体操がおすすめ!骨盤ベルトもよいですよ。おしりの冷えや高いヒールの靴など、生活習慣でおしりが大きくなっていることもあります。

おしりは冷やさないこと、高いヒールの靴を避けるなど生活改善もおしりを小さくする方法では重要ですよ。高いヒールの靴を履かなければいけないときは、おしりの筋肉を使いながら歩くことを意識してください。

まとめ

おしりを小さくするためには

・ おしりの筋肉を鍛えるスクワットでおしりをきゅっと引き締めること
・ ヒップリフトでおしりの筋肉を鍛えること
・ 骨盤矯正で骨盤の歪みや開きを解消すること
・ おしりを温めて、セルライトがつくのを防ぐこと
・ 長時間高いヒールの靴を履かないこと

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c


1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c