借金返済は早めに対策を!賢く返す7つの方法

借金返済は早めに対策を!賢く返す7つの方法
借金返済というのは、本人が思っていた以上に長引いてしまうことが多く、精神的に参ってしまう人もいます。欲しいものがあっても、借金があると思うと罪悪感を感じながら買い物をしなくてはいけませんし、恋人ができても、デートでの支出や相手へのプレゼントを買う時に借金のことが脳裏をかすめて、心から楽しむことができません。

借金返済は少額だからと言って、返済の計画をまったくせずに返済をしようと思うとうまくいきません。日頃から心がけおかなければいけないコツや事前に注意しておかなければいけない事があるのです。

そこで、借金返済を早めに済ませるための賢く返す7つの方法をご紹介します。1人で悩んでいるという人は、まず落ち着いて、対処するようにしましょう。



 

借金返済は早めに対策を!
賢く返す7つの方法

 

無理のない返済計画を立てよう


借金返済をなるべく早くしてしまいたいと思うのは誰しもが同じです。そのため、借金をした直後は、極度の節約をしたり、頑張って働いて借金返済に充当するお金を作ろうと頑張るのです。しかし、人間の無理をした頑張りというのはそう長く続くものではありません。

寝る間も惜しんで働いて収入を増やそうとする人は、体を壊して仕事をすること自体が難しくなることも十分ありえますし、極度の節約をしようとする人は、ストレスが蓄積されて、結局ストレスが爆発したときに大きな買い物をしてしまう可能性があります。

自分の身の丈にあった無理のない毎月の返済計画を立てるようにしましょう。

 

毎月の収入の最低ラインを参考に返済額を決めよう


正社員で会社に勤務している人でも、残業時間が多い月とそうでない月では収入額の差が大きく開く場合があるでしょう。また、フリーターの人は、自分のさじ加減次第で収入の額は変わるでしょう。

そんな毎月の収入が変動する人が借金返済の返済計画を立てるときは、収入の最低ラインを想定して返済額を算出しましょう

収入が多い月における返済額を毎月の返済額として計画を立ててしまうと、収入が少ない月に返済に捻出することができず、計画を崩してしまいます。計画は一度崩れると自分にどんどん甘えが出てくるのです。

 

生活の支出項目を一つ一つ見直そう


借金返済をするために返済計画を立てる前にまず行わなければいけないことは、生活費の支出項目を一から見直す事です。光熱費はよっぽど無駄遣いをしていない限り大幅に削減することは難しいですが、食費はお弁当を作ったり、自炊を心がけて外食を減らせば一気に節約することができます

また、洋服や貴金属、ファッション小物、趣味に使う支出についても、すべての我慢をするのは精神的に良くないですが、自分で月にいくらまで使うという金額を決めて守るようにしましょう。

生活費の見直しをすることで、毎月の借金返済額は、1万円以上増やす事ができるかもしれません。

 

家計簿をしっかり記録しよう


借金返済を早めにしたいなら、家計簿をつけることは鉄則です。毎月の支出額や返済額の計画を立てても、人の記憶は曖昧なものなので、記録をせずに管理することは難しいでしょう。

記帳するのが面倒で続かないという人は、スマートフォンのアプリでお小遣いや家計簿を管理できるものをインストールしましょう。アプリは、お金を使った時にすぐに簡単に記録ができるのでおすすめです。家計簿を管理することで、支出と収入に対する意識が格段に上がります。

 

ATMでの返済はなるべくまとめて行おう


借金返済のことが気になって、コマ目に返済するというのは一見いいことのように思えますが、ATMで借金返済をするときには注意が必要です。ATMでは手数料がかかる場合があるためです。

週に数回、また毎週などのコマ目な頻度で返済をしようという意識自体は悪いことではないのですが、その度手数料を払っていては、利息以上の手数料を払うことにもなりかねませんので、ある程度ためてからまとめて返済する事をおすすめします

 

まとまった収入があったら借金返済を再優先に


借金返済のための返済額は毎月決めておいて、余った分は貯金をしておこうと思う人がいるかもしれませんが、これは結果的に損をする可能性があります。借金にかかる金利と貯金に付く利息を比較すると、借金にかかる金利の方が明らかに高いのです

そのため、ボーナスなどのまとまった収入が入ったら、手元の貯金に入れておきたい気持ちはわかりますが、借金の返済に充てるようにしましょう。

 

返済見込みが無ければ専門家に相談しよう


借金返済のことを家族や友人、恋人など自分の周囲の人に知られるのが怖くて、自分1人で解決しようとする人は多いでしょう。しかし、返済計画を立てた際に、自分1人の収入や資金力では返済することが現実的に難しい事が判明したら、早めの段階で専門家に相談しましょう。

法律事務所などの債務のプロに相談をすることによって、債務整理をすれば、早い段階で借金から解放される事ができるでしょう。

 

いかがでしたか。借金返済は早めに返済するのが一番です。借金は完済をするまでは常に金利がかかっていますから、返済期間が長引けば長引くほど、どんどん金利を含めた返済額が膨れていくためです。

しかし、ただやみくもに貯まったお金を借金の返済に充てるという返済方法では、いつまでたっても中々完済することはできないでしょう。少しでも早く、かつ、無理のない返済計画をしっかりと立てることが重要なのです。

今回ご紹介した借金返済の方法やコツはどれも細かなものばかりですが、これらの小さなことを心かげることや、無理をしないようなさじ加減で堅実に返済を意識することが大切なのです。

そして、1人で返済方法に悩んでいる人は早めに専門家に相談するということも忘れないでおきましょう。

 

まとめ

借金返済は早めに対策を!賢く返す7つの方法

・無理のない返済計画を立てよう
・毎月の収入の最低ラインを参考に返済額を決めよう
・生活の支出項目を一つ一つ見直そう
・家計簿をしっかり記録しよう
・ATMでの返済はなるべくまとめて行おう
・まとまった収入があったら借金返済を再優先に
・返済見込みが無ければ専門家に相談しよう

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c