お通夜の服装で女性が注意すべきマナーとは

お通夜の服装で女性が注意すべきマナーとは
お通夜の服装を選ぶのは女性の皆さんにとってはとても困るシチュエーションですよね。黒を着ておけば安心というのは何となくわかっていても、女性の場合はバックや靴、アクセサリーなどいざとなると困る部分が色々あります。

お通夜の連絡をもらって突然準備をしないといけない時。一般的な常識に欠けた人だと思われるのは避けたいことです。冠婚葬祭の場合は服装はとても大切なポイントになりますが、失敗が許されないお葬式やお通夜はとくに慎重にならないといけません。

男性の場合は黒やグレーのスーツでその場を乗り越えらますが、女性の場合は失敗につながる要因が色々あります。そんな困ってしまう瞬間、最低限のマナーとして何を覚えておくとよいのか。お通夜の服装で女性が知っておくべきポイントをお伝えします。

お通夜の基本的な服装マナーを理解しましょう 

お通夜の服装は女性の場合、色々な点が気になりますよね。とりあえず喪服なら大丈夫だろうと黒を選んでも失敗してしまう場合があります。喪服と呼ばれるものは和装やブラックフォーマルなど種類がいくつかありますので、参列する場合には略式の礼服を着用することが一般的です。

仮通夜は亡くなった直後に行われるため、とり急いで駆けつけることは想定内。喪服でしっかり準備していくと、不幸が起こるのを待っていたのかと誤解されてしまう場合もあります。

お通夜は告別式の前日に、故人と親しかった人が急いで集まるという意味がありますので、急な場合を除いては告別式で着用する黒のブラックフォーマルを選ぶことが基本となります。参列する側は控え目な服装にする点がポイントで、アンサンブルやワンピース、スーツなどが望ましいでしょう

 

派手なアクセサリーはふさわしくないので避けましょう

お通夜の服装で女性が失敗しやすいのがアクセサリーのチョイスですよね。例えば仕事返りに慌ててお通夜に参列する場合、いつもつけているゴールドのネックレスや指先に何本も指輪をしている時などは要注意です。

基本的にお通夜の服装で女性はアクセサリーをつけない、もしくはパールのネックレス、指輪は結婚指輪までが限度になります。パールのネックレスは1連タイプを使うこと。

2連のネックレスは不幸が重なるといわれ弔事ではマナー違反となります。アクセサリーをどうするべきか迷ったときはなにも使わないのが一番無難でしょう。

 

冬のコートのマナーを知っておきましょう

お通夜の服装で女性が間違いやすいのがコート類です。寒い季節は喪服の上からコートやジャケットが必要になりますよね。この際もできるだけ派手なデザインやカラーを控え、黒やグレーなどの色を選んでください。

お通夜の服装で女性の場合、毛皮や革素材のコートは殺生をイメージさせるものとしてふさわしくありません。またカジュアルすぎるダウンジャケットもできればお通夜や告別式では避けたほうがよいでしょう。丁度よい上着がない時は下着を重ね着してスーツだけで参列するのも方法のひとつです。

 

喪服にふさわしいデザインを選びましょう

お通夜の服装は女性の場合、喪服を持っていないと急遽購入しないといけませんよね。この際に注意したいのは弔事の場合はできるだけ地味なデザインで、喪服としてふさわしいものを選んでください。スカートの丈が短いもの、袖が短い半袖、胸元が開きすぎないデザインなど。

黒なら何でもいいのだろうと思うと、デザインが派手すぎたりボタンに装飾してあるなど、喪服にふさわしくないタイプも存在します。ジャケット付きのスーツやワンピースは着回しができるので持っていると便利です。

 

メイクはシンプルにしましょう

お通夜の服装で女性が注意したいのは服だけでなくメイクもポイントになりますよね。すべてシンプルにすることを意識して、メイクもなるべく普段よりナチュラルを意識してください。香水はできるだけ使わず、髪が長い人は清潔に見えるように1本に束ねておくと安心です。

使用するバッグは不祝儀袋を入れるためのサイズが十分かどうか、素材は光沢がないもの、黒の布製品がオススメです。靴は黒のストッキングを着用の上、ヒールの低いパンプスなど飾りや光沢がない素材を選びましょう。

 

お通夜の服装で女性が注意すべきなのは、髪型から足先まで細かい点が色々ありますよね。基本的にはお通夜は突然の訃報に駆け付けるものですから、地味な服装をしていけばよいとされています。

万が一のために喪服は皆さん用意してあると思いますが、マナー違反でないかどうかもう一度着る前に確認しておきましょう。お通夜と告別式は若干参列者の準備も異なりますが、いつどこで弔事の連絡があるかわかりません。

知らなかったと恥をかくことがないように、服装やバッグ、靴類などの小物も一式用意しておくと安心です。お通夜は滅多にあるものではないため、何かと不安に感じる瞬間があるでしょう。当日は多少の余裕を持ち、遺族にお悔みの言葉をかけるなどやるべきこともあらかじめ調べておくと失敗せずに安心です。

まとめ

お通夜の服装で女性が注意するのは

・ お通夜の基本的な服装マナーを理解しましょう
・ 派手なアクセサリーはふさわしくないので避けましょう
・ 冬のコートのマナーを知っておきましょう
・ 喪服にふさわしいデザインを選びましょう
・ メイクはシンプルにしましょう


連記事