お車代を封筒で渡す時によくやってしまう間違いとは

お車代を封筒で渡す時によくやってしまう間違いとは
結婚式で遠方からのゲスト、あるいは仲人さんや主賓など結婚式でお世話になった方にはお車代を封筒で渡しますよね。お車代には「遠方からの交通費や宿泊費をこちらで負担します」という意味、それに、お世話になったことに対するお礼の意味もあります。

結婚式以外、たとえば法事でもお車代を渡すことはあります。ただ、お車代を封筒で渡すことに普段慣れていないために、失敗や間違いも多いです。

結婚式の前に、あらかじめお車代を封筒で渡す時によくやってしまう間違いを知っておくことで、ゲストやお世話になった方に間違いや失礼なくお車代を渡すことができますね。ということで、今回はお車代を封筒で渡す時によくやってしまう間違いについてお伝えします。

お車代を茶封筒で渡すこと

出張や研修会の交通費なら茶封筒で渡すこともありますが、結婚式のお車代は茶封筒ではだめ!祝儀袋で渡します。仲人や主賓に渡すお車代や1万円以上の高額なお車代では、きちんとのしのついたご祝儀袋を用意してください。それ以下の少額のお車代は「御車代」と印刷されたポチ袋で渡すとよいです。

「御車代」のポチ袋は文房具屋さんや書店の文房具コーナーで売られているので、結婚式前に用意しておきましょう。結婚式当日に予定外のお車代が必要になることもあるので、お車代用の封筒は多めに用意しておくと安心ですよ。

 

蝶結びの水引きの祝儀袋で渡すこと

結婚式はおめでたいことですが、何度も繰り返したいことではありません。結婚式は一度きりでよいですよね。なので、結婚式のお車代の封筒には蝶結びの水引きはだめ!「一度きり」を意味する結びきりの水引きがついた祝儀袋で渡します。

バツイチや再婚の結婚式でも、水引きは結びきりですよ。結婚式以外でのお車代についても、式にふさわしい水引きのついたのし袋や封筒を用意してください。

 

封筒に新札以外のお札を入れること

結婚式のお車代は新札で渡すのがマナー!お車代の封筒にしわくちゃの使い古したお札を入れるのは間違いです。お車代用のお札には新札を用意してくださいね。新札は銀行や郵便局でもらうことができます。どちらも休日は営業していないので、平日に窓口に行ってください。

ホテルや結婚式場であれば、フロントで新札と交換してもらえることもあります。急きょお車代が必要になったときには、フロントに行ってみてください。

とはいっても、ホテルのフロントも何十万円分もの新札は用意していないので、お車代の新札は自分で用意するのが基本!式当日や前日に慌てずに済むよう、お車代は早めに計算し、必要な新札を用意しておきましょう。

 

お世話になった仲人や主賓に実費のお車代を渡すこと

お車代は交通費や宿泊費を意味していますが、それと同時に「お礼」の意味もあります。遠方からのゲストについては、交通費や宿泊費の実費をお車代の封筒に入れておけばよいですが、仲人や主賓、司会やスピーチをしてくれる人へのお車代については、交通費や宿泊費の実費に「お礼」も加えた金額を封筒に入れておいてくださいね。

実際にかかる交通費に関わらず、仲人さんなど特にお世話になった人へのお車代が1万円よりも少ないのは失礼にあたるので、交通費の不要な仲人さんについてもお車代として1万円は渡すようにしましょう。1万円以上を渡すのですから、お車代を入れる封筒も金額にふさわしいものを用意してくださいね。

 

航空券やホテルを手配したのにお車代も渡すこと

遠方からのゲストに渡すお車代とは交通費や宿泊費のことです。ゲスト自身が航空券やホテルのお金を払っているときにはお車代を渡しますが、新郎新婦がゲストのために航空券やホテルを手配し、そのお金も新郎新婦が支払っているときには、ゲストにお車代を渡す必要はありません。

お車代が必要ないゲストにまでお車代を渡さないように注意してくださいね。また、お車代をいくら渡すかは、招待状をわたす前に相手に伝えておいた方が、お車代の金額をめぐってトラブルが起きにくいです。お車代の金額を伝えたうえで招待してもよいかどうかを相手に打診します。

 

以上が、お車代を封筒で渡す時によくやってしまう間違いでした。お車代は茶封筒で渡してはだめ!結婚式の場合は、結びきりの水引きの祝儀袋やお車代用のポチ袋に入れて渡すようにしましょう。

また、お車代の封筒に入れるのは新札です。お車代は式当日に急きょ必要になることもあるので、新札やお車代用の封筒は多めに用意しておくのがおすすめです。お車代とはゲストの交通費や宿泊費のことですが、仲人や主賓などお世話になった人へのお車代は「お礼」の意味もあります。

交通費などの実費にお礼も加えた金額をお車代の封筒に入れておいてくださいね。また、お車代はゲスト全員に渡すものではありません。お車代が不要なゲストにまでお車代を渡さないように注意しましょう。

まとめ

お車代を封筒で渡す時によくやってしまう間違いとは

・ お車代を茶封筒で渡すこと
・ 蝶結びの水引きの祝儀袋で渡すこと
・ 封筒に新札以外のお札を入れること
・ お世話になった仲人や主賓に実費のお車代を渡すこと
・ 航空券やホテルを手配したのにお車代も渡すこと


連記事