結婚が不安な気持ちを受け止めて解消する5つの瞑想術

結婚が不安な気持ちを受け止めて解消する5つの瞑想術
結婚には不安な気持ちがつきものですよね。結婚式や披露宴が無事済み婚姻届けを提出、晴れて夫婦になるまでは、「結婚生活はうまくいくのか」「結婚相手は外れくじではないか」「やっぱり今からでもとりやめた方がよいのでは」と不安や迷いがかわるがわる生まれてはあなたを苦しめます。

あなたが抱えている結婚に対する不安は、「マリッジブルー」という言葉もある通り、あなただけのものではない、結婚を控えた多くの方が同じ不安や悩みを抱えています……なんて言っても、何の慰めにもならないですね。

では、この結婚に対する不安を解消して、明るく前向きな気持ちで結婚に臨むためにはどうすればよいのか。ということで、今回は結婚が不安な気持ちを受け止めて解消する5つの瞑想術をお伝えします。

 

結婚が不安な気持ちを
受け止めて解消する5つの瞑想術

 

不安の正体を明確にすること

結婚を前にして、結婚を不安に感じる、けれど不安はぼんやりとして正体がなく、愛する人と結ばれる幸福な結婚のはずなのにどうして自分がこんなに不安なのか分からないというとき、まずは不安の正体を見極めましょう。

ぼんやりとした不安では対処の仕様がありませんが、「結婚後のお金のやりくりが不安」「義両親と上手にお付き合いできるかが不安」など、不安の正体を明確にすれば不安を解消する方法も分かりますし、不安に対処することができます。結婚が不安なときは、一人静かに目をとじて、頭にある不安の正体を見極めてみてください。

 

不安を解消する方法を考えること

瞑想で不安の正体を見極めたら、今度は不安を解消するための方法を考えてみましょう。経済面の不安であれば、結婚したら自分もパートをする・今から資格の勉強をして結婚後は働きに出るなどの解決方法を見つけることで、それを結婚後に実行するかどうかは別として、今あなたが抱えている不安については解消することができます。

義両親とのお付き合いが不安であれば、彼氏・彼女に相談したり、自分の親に舅姑との付き合い方をアドバイスしてもらうことで結婚に対する不安を解消することができますよ。

 

結婚をキャンセルできるデッドラインを確認すること

結婚が不安なときは、「この日までは結婚やーめたと言って、引き返すことができる」というデッドラインを確認しておきましょう。同時に、「これ以降は結婚のキャンセルはできないから、悩んだりキャンセルするのならこの日まで」と自分に言い聞かせます。

こうしておくことで、デッドライン前は結婚キャンセルも含めて結婚の不安を解消する方法を探すことができますし、デッドラインを過ぎれば、うじうじ悩むのをやめ肚を決めることができますよ。デッドラインまでは、「結婚をとりやめてもいいのだ」と思うことで、自分の不安を和らげることもできます。

 

結婚が失敗なら離婚すればいいと考えること

結婚を一生のことと考えるからこそ、「間違った選択をしてはいけない」「私の一生を左右する問題だから慎重にしないといけない」と結婚が不安になってしまうのですね。

こんなときは目を閉じて、「この結婚生活が失敗だったり期待外れなら離婚すればいい。離婚率30%以上の時代だよ」と自分に言い聞かせましょう。

「結婚は一生の問題、一生を左右する重大な決断」という気持ちが薄れるため、結婚に対する不安も和らぎますよ。いざとなったら離婚すればいいという安心感を自分に与えるために、離婚できるだけの経済力や財産を持っておくことも結婚の不安を解消してくれます。

 

恋人(結婚相手)が自分にとっていかに必要な存在かを確認すること

結婚が不安なときや「結婚をやめたい」と思ったときは、結婚をやめることのデメリットを考えてみてください。一番のデメリットは恋人(結婚相手)を失うことですよね。

恋人があなたにとっていかに必要な存在か、恋人のおかげであなたがどれだけの愛情や幸せな気持ちを受け取ることができたのかを瞑想しながら一つずつ挙げていきます。

恋人と一緒に過ごした誕生日やクリスマスがどれだけ楽しかったのか、恋人が自分に愛される安心感を与えてくれたこと、これから一緒にしたいことや将来の夢を一つずつ思いうかべることで、結婚への不安感よりも、恋人を失いたくないという気持ちが大きくなるはずですよ。

 

いかがでしたか。以上が、結婚が不安な気持ちを受け止めて解消する5つの瞑想術をお伝えしました。結婚が不安なときは目を閉じて、自分の内側に目を向けましょう。

不安の正体を明確にすること、さらに不安を解消する方法を見つけることで結婚に対する不安をやわらげることができます。このとき、結婚式当日までうじうじ悩んだり、直前になって「やっぱりキャンセル」なんて言い出さないように、自分の中で悩んだり結婚をキャンセルできるデッドラインを決めておくとよいですよ。

デッドラインは、キャンセルしても、周囲に迷惑をかけない(結婚相手には迷惑をかけてしまいますが)常識的な締切日にしてください。

結婚を深刻に考えすぎると不安は増すばかりなので、「失敗したら離婚すればいい」と考えることもおすすめです。また、恋人が自分にとっていかに必要な存在なのか、瞑想して考えてみることで結婚の不安を解消することができます。

まとめ

瞑想で結婚が不安な気持ちを解消するためには

・ 不安の正体を明確にすること
・ 不安を解消する方法を考えること
・ 結婚をキャンセルできるデッドラインを確認すること
・ 結婚が失敗なら離婚すればいいと考えること
・ 恋人(結婚相手)が自分にとっていかに必要な存在かを確認すること


連記事