老後の不安をしっかり解消する計画的な貯金術

老後の不安をしっかり解消する計画的な貯金術
将来的な不安を取り除くためにも、老後のための貯金を今から始めておくことが大切です。退職後の主な収入源は年金になりますよね。

でも、普通に生活していても公的年金だけで生活していくのは困難。多くの人が退職金やそれまでの貯金を切り崩して生活することになります。

だからこそ、老後のための貯金を今から始める必要があるんですね。老後のために必要な資金は、1500万円とも3000万円とも8000万円とも言われています。

でも、実際には、貰える年金額やライフスタイル、老後の生活水準をどうするかなどにより、老後に必要な金額には大きな差があるので、老後のための貯金を始める前に、どの程度の貯金が必要なのかを明確にしておくことが重要です。

とは言え、老後のために貯金が必要なことが分かっていても、なかなかお金を貯められない人もいますよね。そこで今回は、老後の不安を解消するために今から始めたい、計画的に老後資金を貯金する方法をお伝えします。



 

老後の不安をしっかり解消する
計画的な貯金術

 

今のお金の流れを把握しましょう


必要もないのに、たまたま目についた便利なものや可愛いものをつい買ってしまったことがある人は多いのですよね。でも、計画的にお金を貯めるためには、使うお金も無計画ではいけないんです。

なかなかお金を貯められない人の多くが、必要のないものを購入したり、手持ちがないときにローンを組んだりなど、無計画にお金を使っています。

これでは、貯金を始めても、貯金にまでお金が回らなくなり、途中で断念するなんてことにもなりかねません。欲求のままにお金を使っていると、貯金どころか、借金まみれになってしまうことも・・。

老後のための貯金のように、目標貯金額が数百万、数千万単位になる場合には、貯金を習慣化させ、確実に貯めていく必要があります。

そのため欠かせないのが、現状のお金の流れの把握です。また、無理のある貯金は、ストレスがかかりどうしても長続きしないもの。

今のお金の流れを明確にすることで、お金が貯められない原因が見えてきますが、毎月どのくらい貯金できるのかも分かるので、無理のない貯金にも役立ちます。

 

住宅ローン以外のローンは組まないようにしましょう


ひと目見て気に入ったものや、ずっと欲しかったものがセール中など、迷わず買いたくなる場面ってあります。

そんなとき、手持ちがなくてもカード払いなどで購入してしまうなんて人も多いのではないでしょうか。でも、この購入方法で得られるのは、満足感。老後のための貯金を視野に入れて見ると、ちょっと考えものですよね。

実は、計画的に老後の貯金ができている人は、住宅ローン以外のローンは組まないんです。それは、分割払いやリボ払いにすると、利息がつくから。

ローンは、支払わなければいけないお金を先延ばしにするということです。当然、その間は利息を払う必要がありますが、どれだけ低金利だとしても、利息は無駄なお金。

毎月の利息はそれほど高額でなくても、年間を通して見ると結構な金額になることも・・。クレジット払いやキャッシングなど、ローンを組むことに慣れてしまうと、感覚がマヒして、利息が無駄な出費であることを忘れがち。

安易にローンを組んでしまうと、せっかくの貯金を切り崩すことにもつながりかねないので、住宅以外のローンを組むのはやめましょう。

どうしてもという場合には、利息がつかない翌月一括払いや無利息のキャッシングを利用すると良いですね。ボーナスをあてにしなければ、もらったボーナスをすべて貯金にまわせるので、ボーナス一括払いを避けるとさらに効率よく老後の資金を貯金できます。

 

銀行の定期預金を活用しましょう


手元にお金があると、どうしても使ってしまいますよね。給料などの収入も同じです。なかなか貯金できない人は、収入から生活費を差し引いた分を貯金として考えがち。

でも、これでは貯金できる月ばかりでなく、貯金できない月も出てくるので、なかなかお金が貯まらないんです。

計画的に貯金していくためには、収入からまず差し引くのは、貯金額。残りを生活費として使うようにするだけで、毎月確実に貯金していけるようになります。

とは言え、手元にお金があるとつい、貯金を後回しにしてしまうなんてことも・・。そこでおすすめしたいのが、銀行の定期預金です。

給料が振り込まれる日と定期預金が引き落としされる日を同一に設定しておくことで、貯金が後回しになることがないので、確実に老後のための貯金を増やすことができますよ。

 

行ったつもり、やったつもりで貯金しましょう


老後のための貯金は、コツコツと続けることが大切です。そのためには、モチベーションを維持することが欠かせませんが、無理のない範囲で貯金していても、モチベーションが低下することってありますよね。

それを防ぐためにおすすめしたいのが、「つもり貯金」です。これは、自動販売機でジュースを買ったつもり、ケーキを食べたつもり、友だちと食事に行ったつもりなどのように、どこかに行ったり、何かを買ったつもりで、それと同額を貯金箱に貯金する貯金術です。

たとえば、コーヒーショップのコーヒーの代わりにペットボトルのお茶を買い、その差額を貯金箱に入れる、友だちとのディナーでデザートを頼んだつもりで、その分を貯金箱に入れるなどのように、やったつもり、行ったつもりで貯金するんです。

つもり貯金の場合、たいていは小銭を貯めることになりますが、貯金箱がどんどん重くなっていくのを体感できます。これが、貯金することの楽しみにつながるので、モチベーションの維持に役立ちますよ。

 

個人年金保険などの私的年金を活用しましょう


年金問題が取りざたされると、年金を受け取れるのか不安になる人も多いのではないでしょうか。私たちが年金を受け取る立場になったとき、公的年金の年金額が今よりもさらに少なくなることも考えられますよね。

だからこそ検討したいのが、私的年金です。個人年金保険は、民間の保険会社が扱う年金商品で、一定額の保険料を65歳まで払い続け、66歳以降に年金として受け取る保険です。

生命保険料とは別に個人年金保険料として控除されるので、税金の負担が軽くなるのも嬉しいポイント!もちろん、元本も保証されているので安心ですよ。

 

いかがでしたか。

これからますます高齢化していくことを考えると、老後のことは心配ですよね。老後にはいくら必要なのか、公的年金はいくらもらえるのかなど、将来を不安視する人も多いのではないでしょうか。

老後に必要な金額には個人差がありますが、退職後は、多くの人が公的年金で足りない部分を貯金を切り崩して生活しています。

つまり、安心して老後生活を送るためにも、今から老後資金を貯金しておく必要があるということですね。老後資金としての貯金額は、数百万から数千万になるので、計画的にコツコツと続けることが大切です。

そのためには、無理をしないことが重要になってくるので、まずは現状のお金の流れを把握し、毎月どのくらいなら無理なく貯金できるのかを明確にしましょう。

入ってくるお金は、手元にあるとどうしても使ってしまうので、銀行の定期預金や民間保険会社の個人年金保険などを活用すると安心です。老後の不安を解消するためにも、ここにご紹介した貯金術をぜひ参考にしてみてくださいね。

 

まとめ

老後の不安をしっかり解消するには

・ 今のお金の流れを把握しましょう
・ 住宅ローン以外のローンは組まないようにしましょう
・ 銀行の定期預金を活用しましょう
・ 行ったつもり、やったつもりで貯金しましょう
・ 個人年金保険などの私的年金を活用しましょう

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c