結婚できない不安を解消して幸福な家庭を築く極意とは

結婚できない不安を解消して幸福な家庭を築く極意とは
社会情勢の変化などもあって昔と比べて晩婚化が進んでいますが、なかなか結婚できないのはやはり不安になりますよね。

事情があって結婚に慎重になっている、また、納得した上で結婚しないのであればよいのですが、そうでなければ不安を感じるのも仕方ありません。

ただ、焦りや周囲からのプレッシャーに押された末の結婚では、最悪の場合、後悔したくなる結婚生活になりかねません。

結婚できない不安と理想の結婚生活への願望、その間で葛藤する方も多いことでしょう。そこで今回は、結婚できない不安を解消して幸福な家庭を築く極意を5つお伝えします。

尚、お伝えする内容については、パートナーがいる方にも、いない方にも参考にして頂けるよう配慮させて頂きました。



 

結婚できない不安を解消して
幸福な家庭を築く極意とは

 

自分にとって「結婚すること」はどういうことか考えましょう


結婚できないことに不安を感じることは仕方ありません。しかし、冒頭でもお伝えしたように焦るあまり勢いや妥協の末に結婚できたとして、果たしてそれで本当に良いのでしょうか。

「結婚」したという事実さえあれば、それで満足ですか?そんなことはないですよね。そもそも、自分にとって「結婚する」ということはどういうことか、じっくりと考えてみたことはあるでしょうか。

結婚は決してゴールではありません。人生における重要な事柄には違いありませんが、家庭を築く上でのスタートであり、もっと極端な表現をするならば、「結婚」は法的な制度に過ぎないのです。

そして、結婚したとしても必ず幸せな家庭が築けるとは限りません。結婚すれば一生絶対的な幸福が得られるという保証はどこにもないということを肝に銘じておくべきです。その上で、自分にとっての「結婚する意味」を真剣に考えてみてください。

 

結婚生活を送る上での経済力について冷静に考えてみましょう


家庭を築き、パートナーと共に将来増えるかもしれない子どもを育てながら生活していく事を考えると、結婚と経済的な問題は切り離せません。

これまで結婚するチャンスはあったけれど、経済力の問題で断念したという方もいるのではないでしょうか。もちろん、お金に余裕があることだけが重要だということではありませんが、結婚して家庭を築くということは甘いことではなく、生活の基盤としてお金はとても大切です。

もしパートナーや自分がまとまった収入を得られないとなると、慎重になるのも仕方ありませんよね。結婚できない不安を感じる一方で、経済的な理由から結婚することにも躊躇を感じる、そんな葛藤もあるでしょう。

そんな時は、結婚生活における経済的側面を冷静に考えてみてください。共働きを前提とするのか、どちらかの収入のみの場合はどうかなど「どういう結婚をしたいのか」によって求める経済力は異なるはずです。

現実的なお金のことを考えれば結婚できない不安より、具体的な人生設計の大切さの方が身に染みるのではないでしょうか。

 

結婚に対しては現実的な希望や理想を思い描きましょう


さて、人それぞれに思い描く「幸福な家庭」の姿というものがあると思います。一度きりの人生ですから、大きな夢や希望もあるでしょう。

しかし、これまでお伝えしているように、結婚して家庭を築くということは、将来に対する楽しみや期待感があると同時にシビアな現実があるのです。

もちろん、好きなパートナーと共に生きていく喜びを得られることは素晴らしいことです。ただ、結婚に対して過度な理想や願望を抱きすぎると、結婚することで必ず幸せになれると思い込んでしまう危険があります。

だから結婚できないことに不安を感じるのではないでしょうか。また、結婚に対して、ただ「〇歳までに結婚したい」と強く願うことは、必要のないタイムリミットを自ら設定してしまうことになり、そのために焦りを感じてしまうのです。

早く結婚できないからといって、幸せになれないなんてことは決してありません。どのような結婚をしたいのかを現実的に考え、そのためにできることを実行しましょう。

 

世間のあおりやPRに流されないようにしましょう


結婚できないことに不安を感じる大きな原因の1つとしては、世間での「婚活」流行りが挙げられるでしょう。「婚活」と冠したパーティーはもちろん、様々なイベントが開催されています。

また、インターネットを利用していれば、“独身であることは寂しい”と強調するようなあおり文句の婚活サイトの広告も目にします。

もちろん、本当に必要だと感じたのであれば、こうした婚活イベントや婚活サイトを試しに利用してみるのも良いでしょう。昔ながらのお見合いをしてみるのもいいかもしれません。

それも結婚を実現させるためにできることの1つです。ただ、先にお伝えしたように、焦りのあまりただ結婚することが目的になってしまっては、その後の人生に良くない結果をもたらす危険があります。

特に「婚活」は大きなイベントビジネスとなっており、心を刺激されるような謳い文句に溢れているのです。惑わされないよう、適度に活用してくださいね。

 

周囲の既婚者と自分を比較しないようにしましょう


世間の盛んな「婚活」PRと同じように、友人など周囲の親しい人たちが次々と結婚していくことも、結婚できないことに不安を感じる原因となるでしょう。

友人たちは結婚しているのに自分は…と、ついつい周囲と自分を比較して焦ってしまうのも、無理はないのかもしれません。けれど、自分の生き方というものは、他の人々の生き方と比較するものではないですよね。

いくら仲の良い友人であっても生活環境が違う他人ですし、兄妹姉妹の中でも家庭以外の状況には違いがあるのですから、結婚の時期が同じようにいかないからといって何を不安になることがあるでしょうか。

親しい人々が既婚者になったのであれば、結婚生活の現実についてリアルな話を聞く事ができて自分が結婚した際の参考になる、くらいに考えてみてください。

 

いかがでしたか。

結婚できない不安を解消して幸福な家庭を築く極意を5つお伝えしました。結婚については、時代の変化と共に価値観も変化してきました。

離婚なんて考えられなかった時代もありましが、バツ1くらいでは珍しくなくなりました。賛否はあるかもしれませんが、「できちゃった婚」も“さずかり婚”と呼んで以前のようなマイナスのイメージも払拭しつつあります。

結婚する時期やスタイルについてもそれぞれ考え方があるはずですよね。結婚することも含めて真剣に人生設計を描いた上で、例えば、とにかく「ある年齢までに結婚すること」が最重要なのであれば、結婚できた時点で本人は満足なはずですし、それも1つの価値観でしょう。

大切なことは、周囲の声や状況に惑わされず自分がしっかり納得して結婚できるかどうかということです。今回お伝えした極意で、結婚できないことへの不安を緩和してください。そして、理想の家庭を築いてくださいね。

 

まとめ

結婚できない不安を解消するには

・ 自分にとって「結婚すること」はどういうことか考えましょう
・ 結婚生活を送る上での経済力について冷静に考えてみましょう
・ 結婚に対しては現実的な希望や理想を思い描きましょう
・ 世間のあおりやPRに流されないようにしましょう
・ 周囲の既婚者と自分を比較しないようにしましょう

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c