女の心理をよく知って幸福な家庭をつくる!男性の基礎知識

女の心理をよく知
男性にとって女の心理を理解することはとても難しいですよね。どうして怒るのか、何が彼女の機嫌を損ねたのか、どこに彼女の地雷があるのか、不機嫌な彼女を前に途方に暮れるという男性も多いのでは?

「俺は男だから女の心理なんか分かるわけない」と言ってしまえば話は簡単だし気も楽ですが、好きな女性と幸福な家庭をつくるときはそうは言ってはいられません。

「女の心理なんか理解できない」ではなく、無理にでも「理解する」のです。そうでなければ幸福な家庭を手に入れることは難しいですよ。

ということで今回は、女の心理をよく知って幸福な家庭をつくるのに必要な基礎知識をお伝えします。女心はどうも苦手だという男性のみなさん、ぜひ参考にしてください。

女は「言わなくても通じる」を求めている!いつも「察している」こと

女性は「言わなくても通じる・分かってくれる」を男性に求めています。なので、「辛いなんて今まで一言も言わなかったじゃん」「言ってくれれば助けたのに」はだめ!

幸福な家庭を作るためには「聞いていない・言ってくれなかった」は通用しないと覚えておきましょう。女性にとっては夫の前でため息をつく、これで自分の悩みや苛立ちを全て伝えたのと同じ意味をもっています。

幸福な家庭をつくりたいのなら、女性の「言わなくても察してほしい」の期待に応えることが大切!

不機嫌の理由が分からないとき、「不機嫌になる理由がないのだから不機嫌のはずがない」はだめ!分からないなりに、女性の不機嫌に付き合ってあげることが幸福な家庭への近道です。

 

感謝の気持ちを伝えること

女性は好きな男性にはあれもこれもしてあげたいもの、もちろん(表向きは)感謝されたいわけではなくて好きでやっているわけではないけれど、感謝されればうれしいのもまた本音です。

彼女の気遣いに対して「彼女が勝手にやっているだけ」「頼んだ覚えはない」とクールに受け止めてはだめ!頼んだ覚えはなくても、「ありがとう」と感謝することが幸福な家庭をつくるためには大切です。

さらにポイントが高いのは、彼女のさりげない気遣いに気付くこと!彼女が靴下を裏返してくれたり、靴を揃えてくれることを当たり前と思ってはだめですよ。

 

彼女の城に勝手に入らないこと

女性の心理では自分の城を持つと安心するし、夫婦喧嘩をしたり夫や家族にイライラしたときも、自分の城に逃げ込むことで怒りやイライラをしずめることができます。

つまり家の中に女性の城を作ることは、夫婦の仲を修復したり夫婦円満に過ごすためのコツなのです。たとえばキッチンは奥さんに任せて自分は勝手に入らないことで、キッチンを奥さんの城にすると良いですね。

寝室の一角、たとえば鏡台スペースは奥さんのプライベートスペースにしたり、部屋は確保できなくても物置の一部を奥さんのスペースにするというのもおすすめです。

特に、専業主婦だったり義両親と同居する奥さんには家の中に自分だけの空間が絶対必要!大切なことは広さではなく、夫をはじめ他の家族がそのスペースを犯さないことです。

 

財布を預けるのは信頼の証!一度は家計を任せること

最近は夫婦でも財布は別々という家庭が増えていますが、幸福な家庭には夫婦間の信頼が不可欠ですよね。夫が妻に「信頼しているよ」と伝える一番の方法は自分の財布を預けること!妻に家計を任せましょう。

女の心理では、「あなたの稼いだお金だからあなたが管理して」と口では言っていても、内心は「どうして任せてくれないのだろう」と不安や不満を覚えているものです。

一度家計を任せたうえで、「私はお金の管理が苦手だわ」「夫に任せた方が気楽だ」と女性が納得したときには、あなたが夫婦のお金の管理をすれば良いです。

最初から妻に家計は任せない!給料も俺のお金だから渡さない!!では、夫婦の仲に亀裂が走ってしまいますよ。

 

仲の良い妻姑はいない!クッションやサンドバッグ役から逃げないこと

世の中に、本当に仲の良い妻と姑はいません。あなたの目に妻と自分の母親が仲良くやっているように見えても、妻は内心では我慢したり不満を抱えていますよ。

幸福な家庭をつくりたいのなら、妻と姑は永遠に円満になりえないという事実から目を背けないこと!実家に帰省したり、自分の親と同居するときには、妻と母親の間に立ってクッション役やサンドバッグを役をまっとうしましょう。

大切なことは、母親ではなく妻の味方になることです。たった一度でもあなたが母親の味方をしたり妻を裏切ったりすれば幸福な家庭は遠ざかります。

姑に言われたことを忘れないのと同様、夫の裏切りを忘れないのも女の心理!後々、妻からの倍返しに合わないように気を付けてくださいね。

 

以上が、女の心理をよく知って幸福な家庭をつくるための基礎知識でした。まず女の心理では、「言わなくても通じる・分かってくれる」が当たり前、察しない男性が悪いのです。それを肝に銘じて、妻のため息を聞き逃さないようにしてください。

不機嫌の理由が分からなくても、妻の不機嫌に付き合うことが大切!無視はだめですよ。また、妻の不機嫌と同様、ささいな気遣いにもきちんと気付くことが幸福な家庭への近道!感謝の気持ちもきちんと伝えましょう。

妻のプライベートスペースに勝手に入らないことや家計を任せるのも夫婦円満の秘訣!夫婦の間で信頼関係を築くことができます。さらに、幸福な家庭をつくるためには女同士の心理にも通じておく必要があります。

妻と姑は永遠に仲良くはなれない関係です。幸福は家庭をつくりたいのなら、妻と母親から逃げないこと!クッション役やサンドバッグ役をやってのけてこそ、幸福な家庭をつくることができます。


連記事