安心して暮らす!おひとりさまの老後、男性が備える9つの準備

安心して暮らす!おひとりさまの老後、男性が備える9つの準備
おひとりさまの老後のことを考えると、今はバリバリと働いている男性でも、少し準備が必要かもしれない…と思うこともあでしょう。実際に老後が来た時になってから慌てないように、準備をしておくことは必要なことです。おひとりさまの老後を過ごすかもしれない男性は、どのような準備をしておく必要があるのでしょうか。不安や心配を減らすためにも、準備をしておくことが必要かもしれません。そこで今日は安心して暮らす!おひとりさまの老後、男性が備える9つの準備についてお伝えします。



 


安心して暮らす!
おひとりさまの老後、男性が備える9つの準備

 


保険の見直しをしておく


現在加入している保険の内容は把握できていますか?もしもあなたがケガや病気をした時に、いくらの保険金が入るかということを知っておくことは必要なことです。そして医療保険を充実させる必要があるのか、もしくは死亡保障の方が重要なのかも、人によって違うことでしょう。
でも年齢を重ねるにつれて、病気やケガの確率が高くなります。そのため、ある程度若い時から医療保険には加入しておくことが必要だと言えるでしょう。そうすれば生活していくうえで安心感を持つことが出来ます。

 


仕事を何歳まで続けられるか


今現在勤めている場所の定年は何歳で、何歳から年金が入るかというようなことは知っておく必要があります。そしてもしも定年まで働く自信が無いというようなことでしたら、転職を考えることが必要かもしれません。
これから先も働き続けることが出来る勤務先なのかどうかということを、今いちど見直してみましょう。そして出来れば企業年金に加入しておくと安心ですね。

 


生涯出来る趣味を持とう


若いうちにしか出来ない趣味ということになると、おひとりさまの老後は寂しいものになってしまうかもしれません。それよりは生涯出来るような趣味も、一つは持っておくと良いでしょう。
趣味友達というようなものが出来れば、おひとりさまの老後も充実したものに出来るからです。興味のあるものに対して、少し学んでみたり考えてみると良いかもしれません。

 


どのような老後を送りたいかプランを立てる


老後のことなんて考えたくない!と思うかもしれませんが、歳月はとても早く過ぎていくものです。今のうちから、どのような老後にするかというプランを立てるようにしてみましょう。
ある程度自分の希望というものを優先させるようにして、それには何が必要なのかということを考えることが重要です。今持っている悩みに対しても、そのままにしておくのではなくて、おひとりさまの老後の時にまで引きずらないように解決しておくようにするべきでしょう。

 


家事が出来るようにしておく


元々家事が苦手というタイプの男性もいれば、ある程度の家事は一人でこなせるというタイプの男性もいます。家事が苦手というタイプのまま老後を迎えてしまうと、何かと不便な生活を送ることになってしまいます。
料理や掃除、そして洗濯等に対して、出来るだけ今のレベルよりもアップしておくことが、おひとりさまの老後への準備と言えるでしょう。一人で暮らしていくかもしれないという思いがあるのでしたら、一人で暮らせる自分になるように努めることが、今から必要なのです。

 


自分の介護をしてくれる人について考える


老後自分の介護をしてくれる人がいるのかどうかは、切実な問題です。出来れば考えたくないと思うかもしれませんが、とても大切なことです。例えば自分の甥や姪がいるとしたら、介護をお願いすることになるかもしれません。
介護ヘルパーなどはいくらくらいかかるのかということや、どれくらいの状態だと介護の認定が下りるのかなど、介護について少し学ぶ必要があります。将来の自分が困らないようにするために、介護についての知識を得るようにしておきましょう。

 


持ち家を持つかどうか


ずっと賃貸暮らしということになると、賃料が払っていけないことも老後にはあるかもしれません。そのためには持ち家を持つ必要も出てくるでしょう。
でも転勤が多いというような人でしたら、持ち家を持つことは適していないことになります。そういう場合には分譲マンションを購入後、誰かに貸しておいて転勤先から戻ることがあれば、そこに自分が住むというような方法が良いかもしれません。
おひとりさまの老後において、自分の住む場所の確保というものは必要不可欠になります。今は気ままな一人暮らしを優雅に過ごしているかもしれませんが、そうも言っていられない時が来るのです。その前に老後はどのような場所に住むかを、考えるようにしましょう。

 


ケガや病気は早いうちに治しておこう


年齢を重ねるほど、病気が進行したり悪化したりすることも考えられます。健康であってこそ、おひとりさまの老後が楽しいものになるのです。持病でどうしても治らないというようなケースでしたら仕方が無いかもしれませんが、治せる病気においては出来るだけ早い段階で治すようにしましょう。

 


お金の管理に賢くなろう


お金は貯めるばかりが正しい方法ではありません。お世話になった人にプレゼントを買うというようなことなら、お金を使う意味は多いにあるわけです。貯金をする時はして、使う時には使うというようにして、お金の管理に賢くなることが、充実したおひとりさまの老後を過ごせる良い方法だと言えるでしょう。

 

如何でしたか?

誰もが不安や心配に思っているわけではなく、先が見えないような気がして気になるというのが、おひとりさまの老後のことだと思います。でもそれなりの準備をしておくことにより、先をある程度見通せることが出来るようになり、自分のこれからの生き方も分かってくることになります。ゆっくりでも良いので準備をしてみると良いですね。

 

まとめ

安心して暮らす!
おひとりさまの老後、男性が備える9つの準備

保険の見直しをしておく
仕事を何歳まで続けられるか
生涯出来る趣味を持とう
どのような老後を送りたいかプランを立てる
家事が出来るようにしておく
自分の介護をしてくれる人について考える
持ち家を持つかどうか
ケガや病気は早いうちに治しておこう
お金の管理に賢くなろう

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c