妻が浮気を繰り返す時、知っておくべき離婚の進め方

妻が浮気を繰り返す時、知っておくべき離婚の進め方
妻が浮気をしていた、と知って、結婚生活を今まで同様に続けられるかは夫にとってかなり難しい問題ですよね。大きく分けるとそのまま我慢しながら夫婦関係を継続するか思い切って離婚を決断するかの二択になりますが、もし妻が浮気を何度も繰り返していた場合、多くの男性は離婚を選ぶのではないでしょうか。

しかし、その場の感情に任せてすぐさま別れてしまうのでは夫側に良い条件での離婚ができないばかりか、後悔するような事態にもなりかねません。

離婚が成立してから「早まった!」と悔しい思いをしないためには、離婚届けを提出する前に準備するべきことがあるのです。そこで今回は妻が浮気を繰り返している場合の、夫が不利にならない離婚の進め方をお伝えします。



 

妻が浮気を繰り返す時、
知っておくべき離婚の進め方

 

浮気している証拠を集めよう


妻が浮気している証拠がなくては、ただの言いがかりや勘違いで終わらせられてしまいます。まずは動かぬ証拠を掴みましょう。その際、こちらが浮気に気づいたそぶりは一切見せてはいけません。

気づかれたと分かったら証拠隠滅されてしまうので、決して問い詰めたりしないでください。証拠として有利なのは、客観的に見て肉体関係があると判断できるもの。

分かりやすく言うと、「ラブホテルに一緒に出入りする場面やキスなどの場面の写真や動画」「不貞行為の内容が分かる会話の録音」など。

また、これらほどではありませんが「電話やメールの発・受信履歴」「ラブホテルの会員証・領収書」「カーナビの行き先履歴」なども証拠になりえます。気づいたらまめに保管したり、写真に残しておきましょう。

また、妻の行動を毎日日記のように残すこともおすすめします。帰宅時間が遅い・外泊はもちろん、休日出勤や残業が増えたり、携帯が鳴っているのに出ないなど、細かいこともできるだけ記録しましょう。

 

重要な証拠は興信所を利用しよう


妻が浮気している証拠を集めるとは言っても、素人には難しいのが現実。妻には顔がばれていますから、尾行しているのが見つかったりしたら元も子もありません。こんなとき頼りになるのは経験のあるプロの技です。

ほとんどの興信所が契約前の相談を受け付けていますから、まずは話を聞いてもらいましょう。妻が浮気していることに気づいたと言っても、さまざまなケースがあります。

「○曜日に必ず外出する」「相手は同じ職場」などある程度のことが分かっている場合とそうでない場合では、かかる時間と費用が違いますのできちんと話し合って依頼するかどうか決めてください。

 

弁護士に相談しよう


夫婦間で話し合って納得の上で離婚するだけならいいのですが、妻が浮気したことに対して何らかの法的措置を、と考えるなら離婚問題に強い弁護士に相談しましょう。

その際には、妻が浮気している証拠を持参して見てもらうことも忘れずに。証拠として扱えるものか、どんなものが証拠として有利に働くかを教えてくれます。

また、離婚するにあたり妻や妻の浮気相手に対して何を求めるかを整理したり、妻側とのやりとりには間に弁護士に入ってもらったりと、精神的にも楽になれます。

 

子供の問題は一筋縄ではいかないと覚悟しよう


離婚を巡る諸々の問題の中で、一番重要なのは子供のことです。妻が浮気を繰り返し、もう一緒に暮らすのは無理!と思うような場合でも、子供の親権となると話は別。なぜなら主役は子供だからです。

たとえ離婚の原因が妻が浮気をしたことでも、その妻が子供に対してきちんと母親の役目を果たしていたなら、妻のほうが親権を持つには有利なのです。

夫が親権を持ったケースでは、「妻が浮気相手に会うために子供の世話を放棄していた」「子供が15歳以上で、夫側についていきたいという意思があった」「慰謝料の請求をしない代わりに親権を渡すという条件を妻側が了承した」などがあります。

これらはケースバイケースですべての人に当てはまるわけではありません。弁護士とよく相談して、子供にとって一番いい方法を探しましょう。

 

慰謝料や養育費を請求する意味を考えよう


婚姻関係にありながら妻が浮気をした場合、夫は妻に慰謝料を請求することができます。また、妻の浮気相手にも請求することができます。

時々、妻が夫に「こちらからも請求する!」と言ってきたというような話を聞きますが、不貞を犯した側からの慰謝料請求はできませんので心配いりません。

実は慰謝料には明確な基準はなく、裁判する場合の相場は50万円~300万円と言われています。離婚や別居をするに至った場合のほうが、慰謝料の金額は上がるようです。

また、子供の養育費ですが、妻が浮気して離婚する場合でも妻が子供を引き取るなら当然夫側が養育費を払う必要が出てきます。

先ほども言いましたが、養育費の問題は、主役は子供。養育費は子供を引き取るほうの親のものではなく、子供が受け取るものなのです。そこを勘違いして、子供に不自由な思いをさせることのないようにしてください。

 

いかがでしょう。

優位に立てる離婚の手がかりになりそうですよね。愛し合って結婚したはずなのに浮気された、というだけでも相当なショックなのに、妻が浮気を繰り返しているとなると、これはもうただ離婚届を出すだけでは収まりがつかない、と思うのは当然です。

ここで気持ちに区切りをつけて、新しい生活を手に入れるためにも泣き寝入りしない離婚の方法を探していきましょう。離婚するだけなら、ただ離婚届を提出するだけで済みます。

でも必要以上に長引くこともありますし、相手に反省を促すためにはやはり第三者に介入してもらう必要があります。裁判というと二の足を踏んでしまいそうですが、あなたには非はありません。堂々と自分の権利を主張しましょう。そして、これを境に新たな明日を歩んでいきましょう。

 

まとめ

妻の浮気が原因で離婚を考えているなら

・ 浮気している証拠を集めよう
・ 重要な証拠は興信所を利用しよう
・ 弁護士に相談しよう
・ 子供の問題は一筋縄ではいかないと覚悟しよう
・ 慰謝料や養育費を請求する意味を考えよう

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c


1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c