一週間で痩せる方法、見た目が変わる7つのダイエット

一週間で痩せる方法、見た目が変わる7つのダイエット

近年のダイエットブームに伴い、テレビや雑誌などで様々なダイエット法が紹介されています。健康的にダイエットをするためには、栄養バランスの良い食事と規則正しい生活、適度な運動が大切になりますが、この方法では短期間で見た目を変えることは困難です。

何も食べないダイエットや単品ダイエットはとりあえず体重を減らすことは出来ますが、決して健康的とは言えず、リバウンドや体調を崩してしまう可能性があります。

ダイエットは出来れば時間をかけ、ゆっくりと体重を落としていくほうが好ましいですが、結婚式にまで痩せたい・週末に水着を着たい・デートまで一週間など理由はそれぞれですが、急に痩せなくてはならないときもあるでしょう。

短期間に結果を出すダイエット法は少し辛いかもしれませんが、正しく行えば一週間で見た目を変えることは出来ます。そこで健康を害さず、リバウンドをすることがない一週間で痩せるダイエットについてお伝えします。



 

一週間で痩せる方法
見た目が変わる7つのダイエット

 

プチ断食


確実に一週間で痩せるためには、プチ断食が有効です。水しか飲まない断食は個人で行うのは危険ですし、体に良くないので食事の代わりに酵素ドリンクを飲むプチ断食がおすすめです。食事をしないため消化吸収の作業をしないので、内蔵を休ませることができ、毒素や老廃物を排出しやすくなります。プチ断食の効果を高めるためには、始める前日の食事から気を付けることが大切です。

昼食は腹八分にし、夕食は普段の半分の量を寝る3時間前に済ませるようにしましょう。断食翌日は急に食べてしまうと体に負担がかかってしまうので、お粥など消化に良いものを食べ過ぎないようにゆっくり食べるようにします。

プチ断食の期間は痩せたい度合いにもよって変わってきますが、個人で行う時は一週間以上行わないことが重要です。

 

炭水化物抜きダイエット


炭水化物抜きダイエットは、低炭水化物ダイエットとも呼ばれ、文字の通り炭水化物を極力摂取しないダイエット法です。

食事で摂取した炭水化物は糖になり、エネルギーとして消費されますが、消費されずに残った糖は脂肪細胞に蓄えられます。炭水化物抜きダイエットは普段の食事から炭水化物を極端に減らすことで、エネルギーを枯渇させ、代わりに脂肪が分解されるように仕向けるダイエット法です。

ごはんやパン、麺類、芋類などは極力食べないようにし、代わりに肉や魚、野菜をしっかり食べても良いので空腹を我慢することはありません。たんぱく質をしっかりと摂取するので筋肉が落ちることがなく、リバウンドの心配もありません。たんぱく質や脂質が中心のメニューになるため栄養バランスに気を付ける必要がありますが、正しく行えば効果的に一週間で痩せることが可能です。

 

脂肪燃焼スープダイエット


脂肪燃焼スープダイエットは、手軽に手に入る野菜を使って作ったスープを食べるだけのダイエット法です。脂肪燃焼スープに入れる野菜はキャベツ・タマネギ・トマト・セロリ・ピーマン・ニンジンの6種類で、これらの野菜をカツオ出汁や鶏ガラスープなどで煮て、塩で味付けします。

ダイエットを成功させるためには、体内にたまった毒素や老廃物を排出することが必要です。

このスープにはたくさんの食物繊維が入っているため、腸を刺激し便通を促します。毒素や老廃物が排出されると腸がきれいになり、血液もきれいになるため細胞が活性化し、代謝がアップします。

食事の前にこの脂肪燃焼スープを飲むと満腹中枢が刺激され、食べ過ぎ防止にもなります。スープの味付けは好みでカレー粉や体を温める効果のあるショウガやニンニクを加えることで、食べ飽きることもなく続けることが出来ます。

 

リンパマッサージ


むくみやすい人や代謝の悪い人におすすめのダイエット方法はリンパマッサージです。リンパは動脈から運ばれてきた栄養を細胞に届け、老廃物を静脈に戻す働きをしています。リンパの流れが滞るとむくみや代謝が低下し、痩せにくい体質になってしまいます。

一週間で痩せるにはある程度の食事制限が必要になりますが、外食が多くなってしまう人や食事制限だけではなかなか効果が現れない人は、リンパマッサージでむくみを解消し、代謝をアップさせましょう。

鎖骨付近にあるリンパ管はリンパの流れの最終地点があるため、まず個々からマッサージしていきます。リンパはとても繊細な部分ですので、早く結果を出したいと強く刺激してしまうと腫れや傷みの原因になってしまいます。優しくさする程度の力でマッサージしていきましょう。

むくみやすい場所はマッサージをするだけで、すぐに効果が現れます。むくみを放っておくと老廃物が脂肪にくっついてセルライトになってしまうことがあります。マッサージでむくみを解消し、痩せやすい体質を作りましょう。

 

置き換えダイエット


人間は活動するために食事からエネルギーを摂取しますが、1日で摂取したエネルギーを使いきらないとその分が脂肪として蓄えられます。一週間で痩せるためには摂取するエネルギーを少なくし、脂肪を減らしていくことが必要です。栄養バランスが良く、カロリーが少ない食事を毎食心がけることが一番ですが、なかなか難しいのが現状です。

そこで1日3食の食事のうち、1〜2食を栄養バランスが良く低カロリーの健康食品に置き換えて、摂取エネルギーを減らしましょう。

最近では様々なダイエット用の健康食品が販売されていますので、どれを選んだら良いか悩んでしまう人も多いと思います。栄養バランスが良いもの、味や風味が好みであるもの、1食の価格が適正なものを選ぶようにしましょう。

また空腹が我慢できない人は、水分と一緒に摂ると膨れて満腹感が得られるものもありますので、自分の好みや生活スタイルにあったものを選ぶようにしましょう。

 

9時以降は食事をしない


健康的な食生活は、規則正しい時間に1日3食、栄養バランスの整った食事をとることが一番ですが、ライフスタイルによってはそれが無理な人もいるでしょう。特による遅い時間に食事をする習慣のある人は、太りやすい傾向にあります。夜9時以降に摂取したエネルギーは、使いきらないうちに寝てしまうことが多いため脂肪になりやすく、昼食からの時間が空いてしまうと、お腹が空きすぎて必要以上に食べてしまうことがあるからです。

そこで夕食を食べる時間を決めてしまうことで余分なカロリーを摂取せず、朝まで何も食べないことで消化器官をしっかり休ませることが出来ます。寝る3時間前までには食事を終わらせておきたいので、夜9時を目安にそれ以降は食べないようにします。

空腹が我慢できない時は、思い切って寝てしまいましょう。

 

食べる順番ダイエット


極端な食事制限や運動が苦手な人でも、手軽にできるダイエット法が食べる順番ダイエットです。このダイエット法は普段の食事を食べる順番を変えるだけの簡単なものです。

最初に野菜や海藻、きのこ類など食物繊維の多いものから食べていきます。食物繊維は血糖値の上昇を緩やかにし、脂質の吸収を抑える働きがあり、また食物繊維が多く含まれる食べ物は歯ごたえのあるものが多いため、満腹中枢を刺激し、食べ過ぎ防止にもなります。

特に海藻類は低カロリーで、腸のぜん動運動を活発にする働きがあるので、便秘の解消にも役立ちます。その後は肉や魚などの主菜、最後にごはんやパンなどを食べるようにします。

食ぶる順番ダイエットは食べる順番を守れば何を食べても大丈夫ですが、効果をさらに高めるためには濃い味付けのものは避けるようにしましょう。味の濃いものはつい食べ過ぎてしまいます。

最初に食べる野菜や海藻などのサラダにも、マヨネーズやドレッシングは出来るだけ控え、ポン酢やレモン汁などカロリーの低いものを心がけるようにしましょう。

 

いかがでしょう。一週間で痩せるためには、食生活を改善することが大切です。紹介した方法だけでも正しく行えば確実に効果を期待することができますが、これらに適度な運動を加えることでさらに効果がアップします。自転車で出かけるところを歩いてみる、ストレッチを取り入れるなど、軽い運動で良いので取り入れるようにしましょう。

これらの方法は健康を害さない方法ばかりですが、過剰に行ってしまうと体調不良を引き起こす可能性があります。自分の体調を見ながら、無理のない範囲で行うことが大切です。一週間で痩せるということはなかなか困難です。

慌ててダイエットをしなくていいように、日頃の生活習慣や食生活を見直して太りにくい体質を作っていきましょう。

 

今日のまとめ

一週間で痩せる方法、見た目が変わる7つのダイエット

・プチ断食
・炭水化物抜きダイエット
・脂肪燃焼スープダイエット
・リンパマッサージ
・置き換えダイエット
・9時以降は食事をしない
・食べる順番ダイエット

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c