尾てい骨の骨折…治療にかかる期間やお金など7つのまとめ

尾てい骨の骨折…治療にかかる期間やお金など7つのまとめ

尾てい骨って結構厄介ですよね。人間の腰のあたりには多くの骨が存在しますが、尾てい骨もそのうちの一つです。尾てい骨はまたの名を「尾骨」ともいい、この部位を骨折してしまうことがあります。尾てい骨を骨折してしまうと、座った時や上を向いて寝た時に、腰部分が非常に痛みを伴います。

尾てい骨を骨折したら、通常の骨折の治療は行われません。骨折の度合いにもよりますが、普段の姿勢の改善など、長期にわたってのケアが必要になってくるでしょう。そこで尾てい骨骨折にかかる期間や費用などについて調べてまとめてみました。

尾てい骨のあたりが痛むという方、以前に骨折して以来、なかなか痛みが取れないという方は是非参考にしてください。

[ →続きを読む… ]

圧迫骨折の痛みは激痛…悪化を避ける為に注意すべき事

圧迫骨折の痛みは激痛…悪化を避ける為に注意すべき事

圧迫骨折は外部からの衝撃や加齢やカルシウム不足から来る骨密度の低下から骨粗鬆症になってしまい背骨にひびが入ったり、つぶれてしまう病気です。(重度の骨粗鬆症の患者は咳をしただけで圧迫骨折を起こす事があります)気付かない事もありますが、背骨の中には神経の束が走っていたり、身体を動かす時に背骨を動かさないでは済まないので痛みが激痛となります。

一時的でなく持続的な痛みは本当につらいですね。自分でなくても家族や大切な人が常に痛みに苦しんでいる様子を目にするのはいたたまれません。何とか圧迫骨折を防ぐ方法があったら良いなと思いませんか?今回は「圧迫骨折の痛みを避ける為に注意すべき事」についてお伝えします。

[ →続きを読む… ]

手首の骨折!高齢者に多い骨折の原因と処置法

手首の骨折!高齢者に多い骨折の原因と処置法

手首の骨折はある日思いがけないタイミングで起こります。夕飯の材料を買いに自転車でスーパーに行き転倒した時や、歩行中に小さな段差につまずき転んだ時など、思わず手をついてしまい手首の骨を骨折します。

橈骨遠位骨折(とうこつえんいこっせつ)。ちょっと聞き慣れない病名ですが、年間に30万人から40万人の人が受診すると言われる、閉経後の60代の女性に特に多い手首の骨折です。

その原因は加齢と閉経による女性ホルモンの減少により、骨密度が低下し、骨がもろくなっている上に運動不足や太りすぎで、ひざに負担がかかって、ちょっとバランスを崩しただけでも転倒してしまうことにあります。そのまま転んでしまえばいいのかも知れませんが、つい体を守るために手を出してしまうのです。

そこで今回は突然の手首の骨折に慌てないために、骨折直後の応急処置や通院中、通院後の正しいの対処の方法についてご説明します。
[ →続きを読む… ]

圧迫骨折の痛みを今すぐ改善!素早く治す7つの対策

圧迫骨折の痛みを今すぐ改善!素早く治す7つの対策

皆さんは怪我をしたことはありますか?程度や、数に差があったとしても今まで一度も怪我をしたことがないという人はいないでしょう。私たちは、気を付けていたとしても不注意や予期せぬ出来事によって怪我をする事があります。そのなかでも骨折は大きなけがの一つと言えます。骨折をすると、数ヶ月は動きが制限され不自由な生活を強いられることになります。

みなさんの中にも経験のある人がいるのではないでしょうか?皆さんは骨折と聞くと病院に行って治療してもらった後はただ時間がたつのを待つしかないと思っていませんか?

もちろん回復を急激に早めることはできませんが、早く治すために出来ることがあるのです。今日は圧迫骨折の痛みを改善して早く治すための7つの対策をお伝えしたいと思います。

[ →続きを読む… ]

鎖骨骨折を予防しよう!最も多い事故の原因と7つの対策

鎖骨骨折を予防しよう!最も多い事故の原因と7つの対策

鎖骨を骨折された経験はお持ちでしょうか。左右の首元に浮き出ているのが鎖骨です。「鎖骨美人」などという言葉もありますね。この鎖骨を骨折すると激痛が走るといいます。もちろんどこの骨が折れても痛いのには間違いはないですが、、鎖骨骨折の痛みは激痛と呼ぶにふさわしい痛みだということです。

また、鎖骨骨折に気が付かないまま過ごす人もいるようですね。スポーツをしていて何かにぶつかって痛むのだけど「打撲だろう」とほっておいていつの間にか治った。何年かして他のことでレントゲンをとり昔の鎖骨骨折を指摘されたという経験をお持ちの方もいるかもしれません。しかし、出来ることならばは鎖骨骨折をしても早い診断と治療を受け安心したいですよね。

そしてもっとできるならば、鎖骨骨折をする前になんらかの対策ができればいうことはありません。今日は鎖骨骨折の原因となる事故の原因とその対策をお伝えします。

[ →続きを読む… ]