風邪の時の食べ物に気を配ってより早く自然治癒する方法

風邪の時の食べ物に気を配ってより早く自然治癒する方法
風邪の時の食べ物、皆さんそれぞれ、「私はこれ」という定番がありますよね。反対に、風邪をひくと「食欲がない」「栄養のあるものを食べたいけれど、胃が受け付けなくて」など、風邪の時の食べ物に悩んでいる方も多いのでは?

風邪を早く治すためには、安静にして体をしっかり休めることともう一つ、栄養価の高い食事を摂って体力をつけることがとても大切です。食事を摂らない・栄養価の低いものしか食べないでは、治る病気も治りません。

そこで今回は、風邪の時の食べ物に気を配ってより早く自然治癒する方法をお伝えします。いつも風邪の治りが遅い方、風邪をひきやすい方、または風邪をひいた家族の食事に悩んでいる方、ぜひ参考にしてください。



 

風邪の時の食べ物に
気を配ってより早く自然治癒する方法

 

消化のよいおかゆでカロリーを摂ること


風邪の時の食べ物の定番といえばおかゆですよね。お米で作るおかゆは、風邪の時の弱った胃腸でも消化しやすく、さらに糖質を摂取することで効率的にカロリーを補うことができるため、風邪の時の食べ物としては大正解!おすすめです。

とはいっても、風邪でしんどいときにおかゆを作るのは大変ですし、最近のIHコンロではうまくおかゆを作れないことも多いです。

風邪をひいたときは、レトルトのおかゆを使うと簡単に食事を摂ることができます。風邪のひき始めや風邪のシーズンには、早めにレトルトのおかゆをストックしておくとよいです。

おかゆのトッピングには梅干しや漬物が定番ですが、胃の調子がそこまで悪くないときには、卵やツナ、ササミなどのタンパク質をトッピングしましょう。タンパク質を摂取することで体温を上げることができます。体内の風邪ウイルスを退治することができますよ。

 

殺菌作用のあるしょうがやネギで粘膜を保護すること


しょうがやネギには殺菌作用があるので、風邪の時の食べ物に効果的です。特に風邪のひき始めや喉がイガイガ痛いとき、喉の粘膜を殺菌消毒するために、しょうがやネギを食べましょう。

ネギは食べ方が難しいので、しょうがの方がおすすめです。しょうが湯やジンジャーティーにして、喉の粘膜全体に行き渡らせるイメージで、ゆっくり飲んでください。

喉の痛みが和らぎ、すっきりしますよ。しょうがには体を温める効果もあるので、風邪をひいたときには意識して摂取しましょう。

 

ビタミンA・C・Eを摂取して体の免疫力を高めること


風邪を早く治すためには、体の免疫力を高めて、体内のウイルスを退治することが大切です。風邪の時の食べ物では、体の免疫力を高めてくれるビタミンA、ビタミンC、ビタミンEを多く含む食材を意識して摂取しましょう。

ビタミンAを多く含む食材の代表格はレバーや肉類ですが、これは風邪のときには食べにくいでしょう。緑黄色野菜にもビタミンAが豊富に含まれているので、緑黄色野菜からビタミンAを摂取してください。

ビタミンCも野菜や果物に多く含まれています。ビタミンEを含む食材はは魚介類やナッツ類、緑黄色野菜です。ここにも緑黄色野菜が登場していますね。

ということで、風邪の時の食べ物では、緑黄色野菜がおすすめ!ビタミン類をまんべんなく摂ることができるので、意識して食べてください。ジュースにして飲んでもよいです。

 

卵で良質なタンパク質を摂取!体温を上げて風邪のウイルスを退治すること


風邪を早く治すためには、体内に侵入してきた風邪のウイルスを早く退治しなければいけません。風邪のウイルスを退治するためには体温を上げることが大切!

風邪の時の食べ物では、体温を上げるのに必要なタンパク質を豊富に含む食材を摂取しましょう。おすすめは卵です。卵酒にしたり、おかゆに入れたり、卵スープにして飲むのもよいですよ。

胃の調子が悪いときには、生卵は避けよく加熱した卵を食べてください。卵スープなら、加熱はばっちり!さらに噛まずに食べることができるので、風邪のときでも食べやすいです。また、卵の黄身には消化しにくい脂質が多いです。黄身を取り除き、白身だけを食べるのもおすすめです。

 

梅干しのクエン酸で胃の調子を整えること


すっぱい梅干しは風邪の時の食べ物の代表格!風邪をひいたときには無性に食べたくなりますよね。風邪をひいたとき梅干しが恋しくなるのは、梅干しに含まれるクエン酸を体が欲しているから!

クエン酸には胃の調子を整え、体力を回復させる効果があります。風邪をひいたときは梅干しを食べて、体力の回復を図りましょう。

また、発熱時、体からは汗とともに大量の塩分が外に出て行きます。脱水を防ぐためには水分と塩分の補給は欠かせないので、水と一緒に梅干しを食べてください。

 

いかがでしたか。以上が、風邪の時の食べ物に気を配ってより早く自然治癒する方法についてでした。風邪の時の食べ物では、まずは「食べられるもの」を食べることが大切!

消化のよいおかゆや水分が多くのどごしのよい果物など、自分で食べられそうなものを選んで食べてください。さらに、ビタミン類を摂取することで体が本来持つ免疫力を高めることができます。

肉や魚、緑黄色野菜を摂取しましょう。肉や魚は脂質が少なく、新鮮なものを選び、よく加熱して食べてください。刺身やレバ刺しなどの生ものは、風邪の時には厳禁です。

梅干しやしょうがは胃に負担をかけないので、ちょっとつまみながら食べるのにはおすすめです。また、寒気がするときのしょうが湯は風邪のウイルスを退治してくれるだけでなく、体もほっこり温めてくれますよ。寒気で眠れないときには、しょうが湯で体を温めましょう。

まとめ

風邪の時の食べ物で風邪を早く治すためには

・ 消化のよいおかゆでカロリーを摂ること
・ 殺菌作用のあるしょうがやネギで粘膜を保護すること
・ ビタミンA・C・Eを摂取して体の免疫力を高めること
・ 卵で良質なタンパク質を摂取!体温を上げて風邪のウイルスを退治すること
・ 梅干しのクエン酸で胃の調子を整えること

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c


1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c