乾燥肌改善の為にやってはいけない5つの間違ったケア

乾燥肌改善の為にやってはいけない5つの間違ったケア
乾燥肌を改善してうるうる、もちもちの肌を手に入れたいですよね。乾燥肌だと化粧のりが悪くなったり、肌がヒリヒリしたりかゆくなったり、乾燥肌はさらにシミやシワなど肌の老化の原因にもなります。水分の多い肌よりも乾燥肌の方がシミやシワができやすいのです。

また、乾燥肌は肌表面の水分や油分が不足している状態ですから、肌のバリア機能も低下しています。乾燥肌はほこりや花粉、さらには紫外線など外部からのダメージを受けやすいため、湿疹やニキビ、吹き出物、日焼けなど肌トラブルが起こりやすいです。

「肌を触ってもカサカサしていないよ」という方でも、肌トラブルが多いのなら気付かないうちに乾燥肌になっているかも!?乾燥肌を改善する為のスキンケアを試してみてください。ということで、今回は乾燥肌改善の為にやってはいけない5つの間違ったケアをお伝えします。



 

乾燥肌改善の為に
やってはいけない5つの間違ったケア

 

クレンジングオイルやコールドクリームでマッサージをすること


オイルというと肌を保湿するイメージがありますよね。そのため、メイクを落とす際、クレンジングオイルで丹念に肌をマッサージすると肌が潤うような気がしますが、これは絶対だめ!

クレンジングオイルはメイクを落とすだけでなく肌に必要な油分も落としてしまいます。乾燥肌を改善するためには、クレンジングオイルを肌にのせる時間はできるだけ短くすること、メイクは手早く落としましょう。

肌をマッサージするためのクリームにはコールドクリームもありますが、こちらも乾燥肌の方にはあまりおすすめできません。

それは「肌をこする(マッサージする)」という行為自体が肌の乾燥を招いてしまうからです。乾燥肌の方はマッサージはできるだけ避けて、肌表面を傷つけないようにしましょう。

 

お湯で洗顔すること


水よりもお湯の方がメイクやクレンジングオイルの洗い落ちがよいですよね。しかし、メイクやクレンジングオイルの洗い落ちがよいということは、肌に必要な皮脂もよく落ちるということです。

乾燥肌改善のためには、お湯洗顔はやめて水で洗顔するようにしましょう。寒い冬に水洗顔はちょっと大変ですが、冬こそ肌が乾燥しやすい季節なので、「よし」と気合を入れて水洗顔をしてください。

このとき「冷たいから早く洗ってしまいたい」といって、適当にバシャバシャとするのは×、洗顔料やクレンジングオイルの洗い残しは乾燥肌や吹き出物の原因になります。冷たくても、丁寧に洗い流して泡やオイルを完全にオフしてください。

 

商品の表示時間よりも長くパックをすること


化粧水や美容液をたっぷり含んだパック、長時間肌につけておいた方がパックの効果で肌がきれいになるような気がしますよね。しかし、パックを長時間つけると、パックから肌に浸透する水分よりも乾き始めたパックが肌から吸い上げる水分の方が多くなってしまいます。

その結果、乾燥肌が改善するどころかパックのせいで乾燥肌が悪化することも!?パックをつけるときは、商品の表示時間を守ってください。

また、冬の空気が乾燥した季節は、表示時間よりも前にパックが乾燥してしまうことがあります。パックの表面を触ったとき、「パックが乾いてきたな」と思ったら、表示時間以内であってもパックを外してください。

 

日中こまめに化粧水スプレーやローションミストをすること


日中、エアコンの効いた部屋にいたり、冬の屋外を歩くと、肌が乾燥しますよね。乾燥した肌に化粧水スプレーやローションミストをシュッとふきかけると、乾いた肌に化粧水が浸透して肌が生き返るような気がします。

しかし、これは落とし穴!スプレーした後、肌を触ったとき肌に水分がなくなっているのは肌が吸収したからではなく、空気中に化粧水の水分が蒸発したからです。

そして、化粧水の水分が蒸発するとき、一緒に肌の水分も持っていきます。つまり、化粧水スプレーやローションミストで肌表面に水分を補給すればするほど、乾燥肌が悪化するということ!

乾燥肌改善のために化粧水スプレーやローションミストを使用するのはやめましょう。日中の乾燥対策には、クリームやオイル、ワセリンなど、油分の入ったスキンケア用品を使用するのがおすすめです。

 

日焼け止めクリームを使わないこと


多くの日焼け止めクリームや日焼け止めスプレーは、肌の乾燥を招きます。日焼け止めクリームを塗った後、肌がカサカサしたりヒリヒリすること、ありますよね。

しかしこのとき、「日焼け止めクリームを塗ると肌が乾燥するから、日焼け止めクリームを塗るのをやめよう」としてしまうと、肌は紫外線ダメージを受けます。

元々乾燥していた肌は肌のバリア機能が低下しているので、紫外線ダメージを受けやすく、日焼けやシミ、そばかす、シワなどができやすくなります。

また、日焼けした肌はさらに乾燥します。日焼け→乾燥→バリア機能低下→さらなる日焼けの悪循環に陥ってしまい、日焼けを重ねた肌は以前よりも日焼け止めクリームの刺激を感じやすいです。

こうなると、日焼け止めクリームを塗りたくても塗ることができなくなるので、こうなる前に日焼け対策をきちんとしましょう。

肌がカサカサ、ヒリヒリするときもかぶれや湿疹など重大な肌トラブルが起きないうちは日焼け止めクリームをきちんと塗ってください。SPFの低い日焼け止めクリームやお子様向け・敏感肌用の日焼け止めがおすすめです。

 

いかがでしたか。以上が乾燥肌改善の為にやってはいけない5つの間違ったケアでした。乾燥肌を改善するためには、肌に必要な皮脂や水分を落とさないことが何よりも大切です。

クレンジングでは肌をこすらないこと、洗顔はお湯ではなく水で!泡やクレンジング剤を完全に洗い落とすことを心がけてくださいね。また、高価なパックでも欲張るのは禁物です。表示されたパック時間は守ってください。

日中は、紫外線ダメージを受けないために日焼け止めクリームなどできちんと日焼け対策を行うこと、さらに乾燥肌を悪化させる可能性のある化粧水スプレーやローションスプレーを使いすぎないように気を付けてください。化粧水スプレーをするよりは、加湿器で空気中の水分量を増やす方が乾燥肌改善にはおすすめです。

まとめ

乾燥肌改善の為にやってはいけないケアとは

・ クレンジングオイルやコールドクリームでマッサージをすること
・ お湯で洗顔すること
・ 商品の表示時間よりも長くパックをすること
・ 日中こまめに化粧水スプレーやローションミストをすること
・ 日焼け止めクリームを使わないこと

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c
連記事


1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c