肌をきれいにする方法ですっぴん美人になる5つの術

肌をきれいにする方法ですっぴん美人になる5つの術
すっぴん美人は全女性の憧れ、といっても過言ではない中、どうせなら正しい「肌をきれいにする方法」を実践していきたいものですよね。

もっとも肌をきれいにする方法だけなら、巷にごまんとあふれていますが、やはりどんな方法をとっても、またお金をかけたケアを行っても、基礎がしっかりしていないと、効果は最大限には期待できないものです。

そこで今回は、肌をきれいにする方法をきちんと実践して、すっぴん美人を目指すために行いたいケアについて、お伝えします。

もちろん肌質などは人それぞれ。当然「肌に良いといわれている方法」にも合う・合わないが出てきます。自分の肌の状態をこまめにチェックしながら、取り組むようにしていきましょう。



 

肌をきれいにする方法で
すっぴん美人になる5つの術

 

メイク落としと洗顔は必ず行いましょう


肌をきれいにする方法の基礎の基礎、それが「肌を清潔に保つこと」です。日常生活内では、ちょっと外に出ただけでも(もしくは家の中にいても)、ほこりや化学物質、汗、脂などで肌は汚れにさらされるもの。表面には肌荒れの原因になる雑菌も多く存在しています。

メイクをしているなら、そのままにするのは言語道断!メイク落としと洗顔は、しっかりと行うようにするのが、肌をきれいにする方法の大前提となります。毛穴に詰まった汚れをしっかりと落とすためにも、メイクをしっかり落とした後は、泡洗顔を行うようにします。

ごしごしこすった方が汚れが落ちるようなイメージがありますが、かえって肌を痛めて、毛穴の炎症や肌荒れを引き起こしかねませんので注意してください。

洗顔の際は、水の温度が低いと皮脂や汚れが落ち切らず、かといって温度が高すぎると、今度は肌に必要な油分まで落ちてしまうため、乾燥肌になる原因となってしまいます。人肌程度のぬるま湯が洗顔にはベストです。覚えておきましょう。

 

洗顔後はしっかりと保湿ケアを行いましょう


肌をきれいにする方法で次に大事なのが「保湿」です。毛穴の汚れがしっかりと落ちている=それだけ毛穴が広がっている状態です。

きちんと汚れが落ちているうちに化粧水で保湿をして、ナイトクリームや乳液でふたをしてあげることが大切になってきます。できればそのあとに、肌を冷やして毛穴を引き締めるとなお効果的です。

肌をきれいにする方法として、メイクはもちろん、化粧品類を一切使わない「肌断食」もありますが、これは、効果が出るまでの期間にかなり個人差があり、また正しい手順を踏まないと肌荒れなどが起こる可能性も否めない、ある意味諸刃の剣ともいえる方法です。

専門医と連携するのが難しい、今までガッツリメイクばかりしてきた、という人は無理せず、まずは基礎のお手入れをしっかり行って、健康な肌を保つ方向に重点を置きましょう。

 

紫外線対策は366日、油断をせずに行いましょう


真のすっぴん美人は、紫外線がもたらす肌へのダメージを十分に理解しています。曇っている日や雨の日、秋~冬にかけてなど、ついつい油断してしまいがちですが、肌をきれいにする方法として紫外線対策は必須です。

366日、できる限りの対策を行うようにするのが、きれいな肌への近道なのです。紫外線量が多いのは5月~9月、時間帯は9時~14時。この時期&時間帯は要注意!さらに、日陰はもちろん、室内でも日焼けをします。

肌をきれいにする方法に欠かせない紫外線対策も、今はいろんな日焼け止めやグッズがそろっていますよね。日焼けしないような対策はもちろん、1日の終わりの美白ケアを行うか否かも、きれいな肌を保つことができるか否かの分かれ道。あなたの肌や、外出の頻度などに合わせて使い分けましょう。

 

良質な睡眠をちゃんと確保しましょう


すっぴん美人の多くは、「良質な」睡眠時間をしっかりと取っています。睡眠時間そのものの不足はもちろん、眠りのリズム(レム睡眠とノンレム睡眠のリズム)が崩れていると、疲れが取れず、肌トラブルが増える原因にもなってしまいます。

肌をきれいにする方法として有効な「十分な睡眠時間の確保」は、成長ホルモンが正常に分泌されるので、肌や体の調子がきちんと整えられ、ターンオーバーも順調に行われます。

できれば22:00~2:00の「肌のゴールデンタイム」には眠りに入っておきたいところですが……忙しいこの現代社会、そうそううまくはいかないものですよね。

そんな時は、肌をきれいにする方法として「眠り始めの最初の3時間の質を高める」ことに重点を置きましょう。最近の研究では、眠りに入ってから最初の3時間に成長ホルモンが多く分泌されることが明らかにされています。

 

プロの手を借りてみましょう


肌をきれいにする方法には、自分でできるものがたくさんありますが、プラスアルファで取り入れたいのが「プロの手を借りる」ことです。

エステと聞くと「値段が高そう」「敷居が高そう」と躊躇してしまいますが、最近のエステ業界では、今までの「とにかく高額」というイメージを変え、もっと気軽に利用してくれるお客さんを増やす方向へとシフトしているところが多く出てきています。

「肌をきれいにする方法の1つ」「顔のマッサージ」といった感覚で利用してもらえるようにと、お試し価格を設定してみたり、初回料金を安く設定していたりと、さまざまな工夫が凝らされているようです。

肌質を診断してもらえたり、それに準じたアドバイスなども受けられたりするので、自分でのケアに十分な効果を感じられないなら、1度試してみるのもおすすめですよ。

 

いかがでしたでしょうか。肌をきれいにする方法を正しく実践すれば、ナチュラルメイク美人、もっというならすっぴん美人だって夢ではありません。そのためには、まずは自分の肌質をしっかり見極めることと、できる限り、生活を規則正しいものに整えていく必要があります。

特にストレスフルな毎日は、あなたの肌のみならず、体調そのものやメンタル面にも大きな影響を与えますから、休む時はしっかり休み、適度に気分転換を計るようにして、自分自身を大切にしてあげてくださいね。

肌をきれいにする方法自体は、探せば探すだけ、あふれるように見つかります。情報が多すぎて迷ってしまう時には、素直に専門家(もしくは専門医)の意見を参考にするのもよいでしょう。信頼できる相談場所を見極めることも視野に入れつつ、すっぴん美人を目指しましょう。

まとめ

肌をきれいに保って、すっぴん美人を目指すには

・ メイク落としと洗顔は必ず行いましょう
・ 洗顔後はしっかりと保湿ケアを行いましょう
・ 紫外線対策は366日、油断をせずに行いましょう
・ 良質な睡眠をちゃんと確保しましょう
・ プロの手を借りてみましょう

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c


1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c