肌がきれいになる方法で、つやつやの素肌美人になるコツ

肌がきれいになる方法で、つやつやの素肌美人になるコツ
肌がきれいになる方法を知ればつやつやの素肌美人になれそうですよね。化粧品で肌をきれいに見せることができても、素肌美人には敵いません。そして、できれば、エステや高級化粧品などのお金のかかる肌がきれいになる方法ではなく、お財布に優しくて手間いらずの方法だと助かります。

素肌美人になりたいのはやまやまだけど、仕事や勉強、家事に忙しく遊ぶのにも忙しい毎日、お肌にかけることができるお金や時間はそう多くないという人が大半でしょうから。美容のために一ヶ月に何万円も使えるという人はそう多くありません。

ということで、今回は肌がきれいになる方法、それも日常生活で無理なく実践できる肌がきれいになる方法でつやつやの素肌美人になるコツをお伝えします。

 

肌がきれいになる方法で、
つやつやの素肌美人になるコツ

 

肌をこすらない!摩擦ゼロでシミやしわを防ぐこと

肌がきれいになる方法の一つ目が肌をこすらないことです。肌をこすると摩擦によって、シミやしわができやすくなります。また、強くこすると炎症が起き赤ら顔に!日焼けしたわけでもないのに肌が赤くなるという方はこすりすぎの可能性がありますよ。

肌をこすることが多いのは洗顔やスキンケアの最中です。洗顔ではたっぷりの泡を使い手のひらで顔をこすらないこと、タオルでごしごしと拭かないことを心がけます。スキンケアでは肌を強くこするマッサージは控えてください。

また、日常生活では頬杖をついたり、唇や頬を触る癖がある人では無意識のうちに肌をこすっています。気付くと手を顔に持っていっているという方は自分の癖を見直してみましょう。うつ伏せで寝る方は、できれば仰向けで寝るようにしてみてください。

 

睡眠は肌のゴールデンタイムに!新陳代謝を促すこと

肌は夜寝ている間に生まれ変わります。肌の新陳代謝が活発になるのは、22時から2時の間、この「肌のゴールデンタイム」に夜更かしをしていると肌の新陳代謝が遅れてしまうため、肌がくすんだりニキビや日焼けが治りにくくなります。

肌のゴールデンタイムにあたる22時から2時の間は寝るようにしましょう。22時きっかりに布団に入ることができなくても、2時までに睡眠につけば新陳代謝は行われます。できるだけ早く布団に入ることを心がけてくださいね。

 

肌の材料であるタンパク質を摂取すること

肌はたんぱく質からできています。皮膚の下にあるコラーゲンもたんぱく質です。たんぱく質の摂取量が不足すると、新しい肌が作られなくなり新陳代謝が遅れます。また、皮膚の下にあるコラーゲンも減少するため肌のはりやうるおいがなくなります。

その結果、かさかさしわしわの肌の出来上がり!これではつやつや素肌美人からは程遠いですよね。肌がきれいになる方法ではたんぱく質の摂取はとても大切!毎日、肉や魚などの良質なたんぱく質を摂取してください。

にきびができやすい方やダイエット中の方は、肉や魚そのものの摂取量を減らすのではなく、高たんぱく低脂肪の魚や肉を摂取します。白身魚やとりのささみ、胸肉がおすすめです。

 

保湿成分の入った化粧水や乳液を使うこと

肌がきれいになる方法で一番大切なことは、美白ケアでもアンチエイジングでもなく保湿!保湿を意識したスキンケアを行いましょう。保湿ケアでは、保湿効果の高い化粧水や乳液を選ぶことが大切です。

保湿成分には色々ありますが、おすすめはセラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸など私たちの体が元々持っている保湿成分と同じ、もしくは近い成分です。これらの成分が入った化粧水や乳液を選んでみてください。また、保湿ケアでは洗顔時のお湯の温度も大切です。

必要な皮脂を洗い流してしまわないように、35度以下のお湯で洗うようにしましょう。乾燥肌の方では25度以下のお湯がおすすめです。冬やエアコンのきいた室内など、空気が乾燥するときには加湿器も使います。

 

ビタミンCを摂取してシミや日焼け対策!アンチエイジングも行うこと

ビタミンCには肌のメラニン色素を排出する効果があります。日焼けをした後のシミやそばかすを防ぐことができるので、つやつやの素肌美人になるためにビタミンCを摂取しましょう。

ビタミンCの入った化粧水や乳液を使って肌の外側からケアするのもよいですし、食べ物から摂取したビタミンCで肌の内側からケアするのも効果的です。ビタミンCは熱に弱いので、果物や野菜は加熱せず生のまま食べてくださいね。

また、ビタミンCは水溶性ビタミンなので体内にためておくことができません。毎日の食事からビタミンCを摂取しましょう。ビタミンCには抗酸化作用もあるため、アンチエイジングの効果もありますよ。

 

いかがでしたか。以上が肌がきれいになる方法でつやつやの素肌美人になるコツでした。上記の肌がきれいになる方法はいずれも簡単でお金も手間もかからない方法なので、ぜひ試してみてください。

肌がきれいになる方法は、一朝一夕では効果は出ません。継続することで効果を実感することができるので、飽きたりあきらめたりせず続けてみましょう。洗顔やスキンケアに肌がきれいになる方法を取り入れたら、あとは歯磨きと同様、慣れてしまえば特に意識せずに続けることができますよ。

また睡眠時間や食事を気を付けることは、肌がきれいになるだけでなく健康にも効果があるのでおすすめです。ビタミンCについては、野菜ジュースを飲んだりサプリメントで摂取するのも効果的です。

まとめ

肌がきれいになる方法でつやつやの素肌美人になるためには

・ 肌をこすらない!摩擦ゼロでシミやしわを防ぐこと
・ 睡眠は肌のゴールデンタイムに!新陳代謝を促すこと
・ 肌の材料であるタンパク質を摂取すること
・ 保湿成分の入った化粧水や乳液を使うこと
・ ビタミンCを摂取してシミや日焼け対策!アンチエイジングも行うこと


連記事