クマを治す方法で睡眠不足の疲労を解消する5つの術

クマを治す方法で睡眠不足の疲労を解消する5つの術
朝起きて鏡を見た時にクマができていると、一刻も早くクマを治す方法を知りたくなりますよね。クマができている顔は、いかにも睡眠不足という感じがして、不健康そうなイメージを持たれます。

また、一度できたクマがなかなか消えないと悩んでいる人も多いことでしょう。実は、クマはできる原因によって、3種類に分けることができます。

その3種類とは、血行不良が原因の青クマ、目元がたるむことでできる黒クマ、そして色素が沈着してしまう茶クマなんですよ。まずは、できたクマがどのタイプなのかを確認しましょう。

そして、クマの種類がわかったら、今度はそれぞれのクマを治す方法を知ることで、少しでも早くクマを解消したいですよね。そこで、今回は、クマを治す方法を知り、睡眠不足の疲労を解消する5つの術をお伝えします。



 

クマを治す方法で
睡眠不足の疲労を解消する5つの術

 

体を温めることで血行を良くしよう


まずは、血行不良が原因で起こる青クマを治す方法を知って、クマを解消しましょう。青クマを治す方法は、ずばり、血行を良くすること。血行をよくするためには、体を温めることが大切です。

なぜなら、体を温めると血管が緩んで血液が流れやすくなるからです。体を温めるには、外側から温める方法と、内側から温める方法があります。

外側から温める場合は、お風呂にゆっくり入ったり、運動をすることで体が温まりますし、内側から温める場合は、体を温める食事がポカポカ体を作ることでしょう。

また、寝起きに白湯を一杯飲むだけでも体を温めることができます。特にしょうがは体を温める効果があり、色んな料理に使うこともできますし、飲み物に入れることもできるので、おすすめですよ。

 

適度に目を休ませる


青クマを治す方法は、もう一つあります。それは、目を使いすぎないこと。目を酷使すると、目の周りの血流が悪くなるので、血行が悪くなり、クマの原因となります。

そうならないためには、目を適度に休ませることが大切なんですよ。普段から、一点を集中してみる癖がある人は、数分に一度は意識して焦点をずらしてみましょう。

また、遠くを見つめることも効果的です。目に疲れを感じた時には、意識的に瞬きをすると、目の乾燥を防ぎ、栄養補給と殺菌を行うことができますよ。

もし、目が充血したり、かゆみや痛みがある時には、目を冷やすと症状がやわらぎます。そして、一日の終わりには、温かいタオルなどで目を温めると、血行がよくなり目の疲れが取れるので、青クマの解消が期待できることでしょう。

 

眼輪筋を鍛えよう


黒クマの原因とは、目の周りにある眼輪筋という筋肉が緩み、たるんでできた影です。ですから、たるみを解消することが、黒クマを治す方法となるのです。

そもそも、目元がたるんでしまうのは、繊維芽細胞が、加齢や紫外線、乾燥によって、細胞が破壊されたり性質が変わったり、数そのものが減少するからです。

繊維芽細胞は、コラーゲンやヒアルロン酸などを作り出す細胞で、この細胞の数が多いと、皮膚に張りを与えてくれます。

ですから、皮膚のたるみを予防するためには、繊維芽細胞の数を増やし活性化する必要があるんですよ。この細胞を増やすには、眼輪筋を鍛えると良いでしょう。眼輪筋の鍛え方は次の通りです。

1.目を軽く閉じる
2.目をぎゅーっと強く閉じ5秒キープ
3.少しずつ目の力を抜く
4.眉を上げ目をパッと開いて5秒キープ
5.ゆっくり自然の状態に戻す

いつでもどこでもできる簡単な方法なので、ぜひ試してみてください。

 

目元をこすりすぎない


茶クマは、目元をこすり過ぎてしまい、目元に色素が沈着して起こります。ですから、目元をこすり過ぎないようにすることが、とても大切になります。

花粉症などのアレルギーで目が痒くなる時期がある人は、アレルギーを緩和する対策を取りましょう。次に、クレンジングや洗顔は、ゴシゴシこすると刺激になってしまい、色素が沈着しやすくなってしまいます。

ですから、たっぷりの泡で優しく洗ったり、クレンジング剤をオイルにして汚れを浮かせるなどが、茶クマを治す方法として有効でしょう。

目元は特に皮膚が薄いので、ちょっとしたことが刺激となります。目元にはあまり手を持っていかないよう、普段から意識することで、色素が沈着するのを防ぎましょう。

 

普段から美白対策をしよう


茶クマを治す方法は、もう一つあります。それは、普段から美白対策を取ること。茶クマの原因となる色素沈着とは、言い換えればシミなのです。

シミを解消するためには、美白成分が効果的です。外側から行う美白対策は、化粧水や美容液などの基礎化粧品でしょう。化粧品を選ぶ際は、ビタミンC誘導体が入ったものが美白に効果がありますよ。

また美白対策は、体の内側からも行うことができます。美白に効果のある食べ物は、セラミドが多く含まれるこんにゃくやブロッコリーなどと、ビタミンCが多く含まれる柑橘類などです。

抗酸化作用の強いトマトや、色んな栄養価の高いはちみつ、乳酸菌やビタミンB2の豊富なヨーグルトも、美白効果が高いので、茶クマの解消に役立つことでしょう。

 

いかがでしたか。クマは原因によって、青クマ、黒クマ、茶クマと3種類があり、それぞれに改善策があります。まずは自分のクマがどのタイプか、知ることから始めましょう。

タイプがわかったら、自分のクマを治す方法をぜひ実施してみてください。どれも簡単に取り入れることのできるものばかりです。しばらく実施していると、少しずつクマが消えていくことを実感できることでしょう。

また、どんなタイプのクマにも効果的な方法があります。それは、規則正しい生活を送ること。規則正しい生活をして、健康を維持することは、クマを根本的に治す手助けとなりますよ。

そして、クマがなくなることで、睡眠不足の疲労感漂う顔から、明るく元気な印象へと変わり、あなたが楽しく幸せな日々を送るきっかけとなることでしょう。

まとめ

クマを治す方法とは

・ 体を温めることで血行を良くしよう
・ 適度に目を休ませる
・ 眼輪筋を鍛えよう
・ 目元をこすりすぎない
・ 普段から美白対策をしよう



1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c