夫婦喧嘩がすぐ終わる!相手が先に謝る魔法の行動

夫婦喧嘩がすぐ終わる!相手が先に謝る魔法の行動

夫婦喧嘩が始まってしまうと、仲直りするのには大変な時間を要します。友人同士や恋人同士の喧嘩は、その場でいくらヒートアップしても、いったん別れてお互いに家に帰ると冷静になることができるので翌日には関係を容易に修復することができるのです。

しかし、夫婦は一つ屋根の下に暮らしているため、気持ちのリセットをすることが難しく、夫婦喧嘩は長期化する傾向にあります。しかも、夫婦というのは非常に親しく近い距離にいる存在のため、相手に気を遣う気持ちが他人に対する気持ちより少ないのです。

そのため、自分に非があると自覚したとしても素直に謝るということができないのです。そこで今日は、夫婦喧嘩で相手が先に謝ってくれる魔法の行動をお伝えします。



 

夫婦喧嘩がすぐ終わる!
相手が先に謝る魔法の行動

 

心が傷ついたことを表現する


夫婦喧嘩をすると、お互いに相手のことが悪くて仕方がない位まで気持ちが高ぶります。そうなってしまうと、相手に対して攻撃しようとする気持ちがどんどん強くなるのですが、心が傷ついているということが相手に伝えることができると相手は一気にひるんでしまいます。

例えば、ちょっと涙目になるであるとか、夫婦喧嘩から少し時間が経過しているようであれば、部屋にこもって静かにしてみるなどの行動です。

喧嘩相手ではありますが、家族には違いないので、自分が相手を傷つけてしまったということに気づくと、罪悪感が芽生えて謝ってくれる可能性が高いのです。

 

あえてしばらく距離を置く


夫婦喧嘩がヒートアップした状態が続くのはせいぜい数十分から2時間程度でしょう。お互い言いたいことをすべて吐き出してしまったら、あえて相手と距離をおいて家の中で過ごしてみましょう。

途中にしていた家事の続きをしたり、お風呂に入ったりなどの物理的な距離をとることが重要です。つい数十分前まで目の前にいたパートナーが姿を消すことで、相手は冷静な気持ちになることができます。

そして、相手の大切さや自分に悪いところはなかったかということを冷静になって考えることができるのです。結果的に相手から謝ってくれることに繋がるのです。

 

メールや手紙で相手を思いやる気持ちをまとめて伝える


夜に夫婦喧嘩をして、翌朝も会話がないような冷戦状態に突入してしまったら、夫婦喧嘩を長期化させないようにすることが重要です。そこで最も相手が先に謝ってくれることに効果を発揮するのが、メールや手紙を送ることです。

電話や面と向かってだと、言いたいことの整理が不十分なまま相手に意見をしてしまうことがありますが、メールや手紙の場合、読みなおして内容をまとめる事ができるのです。

喧嘩に至ってしまった経緯について、自分は相手のことを思ってした、とか、悪気がなかったというようなことをしたためましょう。作成したら、相手に送る前に客観的な気持ちになって内容を確認してみましょう。

 

冗談っぽくいじけてみる


夫婦喧嘩は、家の中や屋外でしたとしても仲裁に入ってくれる人は基本的にいないことがほとんどです。すなわち、いったん喧嘩がヒートアップしてしまうとその場の雰囲気は一気に張り詰め、本人同士でさえも居心地の悪さを感じる程の空気になるでしょう。

そこで、冗談っぽくいじけてみたり相手にちょっかいを出してスキンシップをとることで場の雰囲気が和み、相手も謝りやすくなるのです。

 

反抗的な態度を取らずに反省している様な表情を見せる


夫婦喧嘩をすると、物の扱い方が荒くなったりする人は多いでしょう。洗い物をする時に大きな音を立てたり、ドアを強く閉めてみたりといった行動です。

これはイライラしているために起こしてしまう行動ですが、夫婦喧嘩の状況を悪化させるだけだということを覚えておきましょう。相手を挑発するような行動はせずに、肩を落として落ち込んでいる様な態度をしてみましょう。

反省や落ち込んでいる様な表情を相手に見せることで、相手も「自分も言い過ぎたかもしれない」と感じてくれ、謝ってくれるでしょう。

 

喧嘩中でも相手の食事や洗濯などをきちんとしてあげる


喧嘩中でよくあるのが、妻が夫の食事を作らない、洗濯物をしないなどの嫌がらせ行為です。相手の事が憎いのはよく分かりますが、このような行動は相手の気持ちを逆なでするだけです。

むしろ、夫婦喧嘩中でも相手の好物の食事を作ってみたり、洗濯物にきちんとアイロンをかけて上げるなどの行動をしてみましょう。ただこれだけで、相手から先に謝ってくれるでしょう。

相手は、喧嘩中にもかかわらず、自分のことを考えて尽くしてくれているということを感じさせることで、相手は反省して謝ってくれるでしょう。

 

謝ってくれたらこれまで以上の愛情表現をする


夫婦喧嘩は、1回だけでなく何回もすることになるでしょう。そんな時になるべく早い段階で相手に先に謝らせる方法は簡単です。相手に対して先に謝ることがベストな判断だということを教えこませておくのです。

方法は、簡単で、夫婦喧嘩の際に相手に謝られたら、一気にご機嫌になり、相手にこれまで以上の愛情表現を示すだけです。こうしておくことで、相手は「自分が謝れば相手の機嫌は直り、平穏に解決できるのだ」と学習するのです。

 

いかがでしたか。夫婦喧嘩は、一緒に暮らしている家族だからこそ、必ず避けて通れないものです。しかも夫婦同士だと自分から謝りたくないという気持ちになりがちです。そんな時、自分から謝らなくても、自分の言動や態度次第で、相手から先に謝らせることが可能なのです。

大切なのは、相手を思いやる気持ちを態度で示すことです。今回ご紹介したような行動を参考にして、もし夫婦喧嘩をしてしまった時にはぜひ実践してみましょう。きっと効果を実感できるでしょう。

 

今日のまとめ

夫婦喧嘩で相手が先に謝ってくれる魔法の行動

・心が傷ついたことを表現する
・あえてしばらく距離を置く
・メールや手紙で相手を思いやる気持ちをまとめて伝える
・冗談っぽくいじけてみる
・反抗的な態度を取らずに反省している様な表情を見せる
・喧嘩中でも相手の食事や洗濯などをきちんとしてあげる
・謝ってくれたらこれまで以上の愛情表現をする

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c