浮気性を治して幸福な家庭をきずく5つのステップ

浮気性を治して幸福な家庭をきずく5つのステップ
「浮気性は病気」とも言われますが、妻や夫の浮気に「病気だから仕方ないね」とはいかないですよね。ある調査では、浮気経験のある人は男女ともに30%、このうち浮気を繰り返したことのある人は84%にのぼるという結果が出ています。

つまり、浮気をした夫・妻は、高い確率で浮気を繰り返すということ!夫や妻に浮気の前科がある方、「相手は反省しているからもう大丈夫、二度目はない」と安心するのは危険です。

また、夫や妻の浮気性に悩んでいる方、浮気をすることが癖になっている浮気性はちょっと痛い目をみるくらいでは治りませんが、だからといって、諦めてはいけません。ここでは浮気性を治して幸福な家庭をきずく5つのステップをお伝えします。
[ →続きを読む… ]

夫婦生活を始める前に確認しておく5つのポイント

夫婦生活を始める前に確認しておく5つのポイント
晴れて結ばれていよいよ夫婦生活のスタート、となると多少なりともドキドキワクワクするものですよね。ですが忘れないでいていただきたいのはここが本当に「スタートである」ということ。

ここから先お互いに、親と一緒に生きた時間よりも長くともに歩んでいくことになるわけです。となると仲が良くきちんとお互いが向き合えている今のうちに、話し合うべき点についてはきっちり話し合っておくことが重要ですよね。

あなた方ご夫婦が末永く仲良しでいられるか否かはまさに今この瞬間にかかっていると言っても過言ではありません。そこで今回は、10年先・20年先も穏やかな夫婦生活を送るために今確認しておきたいポイントについてお伝えします。
[ →続きを読む… ]

旦那がむかつくときに試す、サッとストレス発散する方法

旦那がむかつくときに試す、サッとストレス発散する方法
結婚してしばらくすると、旦那にむかつくことが少しずつ増えてきますよね。結婚って、恋愛をして、この人とずっと一緒にいたいと思ってするもののはず。

ですが、お見合いや何となく結婚を決めたという人も、意外と多いのです。どんなに好きでも、ケンカしたりむかついたりすることがあるのですから、そうでない人と結婚した人は、仕方がないのかもしれません。

ちなみに、旦那にむかつく理由は、『話を聞いてくれない』『家事を手伝ってくれない』『感謝の言葉がない』など、○○してくれないというものが多く、それの積み重ねが、最悪、離婚という結果をもたらします。

でも、縁あって一緒に人生を歩むことになったのですから、少しでも楽しく仲よく暮らしたい。そんなあなたの為に、今日は旦那がむかつくときに試したい、ストレスを発散出来る方法を、5つお伝えします。
[ →続きを読む… ]

旦那にむかつく人がストレスを溜め込まない為の5つの術

旦那にむかつく人がストレスを溜め込まない為の5つの術
旦那にむかついた時は顔を合わせるのすら嫌になりますよね。同じ家の中で続く居心地の悪い雰囲気。そんな生活が続くと、ストレスがどんどん溜まり健康的にも決して良くありません。

何気ない一言で旦那にむかつくのはよくあること。しかし大変なのは、そこから機嫌を直していつも通りの生活に戻るまでのプロセスです。

女性が集まれは、旦那の悪口大会は当たり前。ストレスを溜め込まないように、皆さんがどんな工夫をされているかちょっと気になりませんか。

最近では離婚する夫婦の数も急増しています。バツイチなんて当たり前の時代になりつつありますよね。しかし好きで結婚した相手。

うまくいかない時こそ上手に乗り越えて、幸せな家庭を維持しないといけません。そこで早速ですが、本日は旦那にむかつく時にストレスを溜めない5つの方法をお伝えします。
[ →続きを読む… ]

家庭内別居の苦しみから脱出して幸福になる方法

家庭内別居の苦しみから脱出して幸福になる方法
一緒に暮らしながらも、まるで別居のような生活を送る家庭内別居。お互いに干渉せず、必要最低限の会話しかしない、夫婦とは名ばかりの関係です。

結婚したばかりのころは、いつまでの仲の良い夫婦を夢見ていたのに、一緒に暮らし始めると価値観や生活観の違いから、ケンカになることも多いですよね。

初めは些細なケンカでも、そのたびにしっかりと修復しておかないと、だんだんと夫婦の間の溝が大きくなり、気づいたら家庭内別居状態だったということも。

家庭内別居は、経済的や世間体などさまざまな理由により離婚や別居できないときに選択される夫婦の形のひとつですが、思いのほかストレスがかかるもの。

子どものために選択したつもりでも、まったく子どものためになっていないばかりか、お互いの幸せを遠ざけてしまうことにもなりかねません。そこで今回は、家庭内別居から抜け出して、幸せを手に入れる方法をお伝えします。
[ →続きを読む… ]