離婚したくないと真剣に悩んだら読む、関係修復の5つの秘訣

離婚したくないと真剣に悩んだら読む、関係修復の5つの秘訣
パートナーに離婚を切り出されても、まだ好きな気持ちがあったり、子どものことなど今後のことを考えたりすると、離婚したくないと思うことってありますよね。

どうしても離婚の要求に応じなければいけないのか、なんとかして関係を修復する方法はないかとお悩みの方も少なくないのではないでしょうか。

夫婦どちらかが何度も浮気を繰り返していたり、身体的・精神的DVが日常的に起こっていたりなど、夫婦関係を修復するのが困難なケースもありますが、そうでない場合には、夫婦関係を修復できる余地はあります。ただし、すでに離婚を切り出されてしまっている場合には、かなりの覚悟が必要です。

とは言え、実際に離婚を切り出されても、夫婦関係を修復できた人はいるので、離婚したくないなら諦める必要はありません。今回は、離婚の危機を乗り越えるための夫婦関係を修復する秘訣をお伝えします。



 

離婚したくないと真剣に悩んだら読む、
関係修復の5つの秘訣

 

相手が離婚したいと思う理由を知りましょう


離婚を切り出される側から見れば、多くの場合、それはある日突然やってきます。なぜパートナーが離婚を切り出してきたのか、その理由が全く分からないなんて人も少なくないのではないでしょうか。

でも、離婚を切り出した側からすれば、ずっと以前から二人の関係について考え、その上で決断したということ。つまり、離婚を切り出された時点で、言葉で関係を修復するのは難しいということです。

だからこそ、夫婦関係を修復するには、かなりの覚悟が必要になります。あなたがパートナーと離婚したくないなら、まずは、パートナーがどうして離婚したいと思ったのか、その理由を知るところから始めましょう。理由が分かれば、離婚を回避する方法が見えてきます。

言い変えれば、理由が分からないままなら、関係を修復するのは難しいということです。感情的にならずに、冷静にどうして離婚したいと思うのか、その理由をパートナーに聞きだしましょう。このとき、パートナーの気持ちをできるだけ理解しよう努力することが大切です。

 

これだけはやらないようにしましょう


突然離婚を切り出されると、つい感情的になって話し合いにならなくなってしまうことがあります。すると、どんなに離婚したくないと思っていても、つい思ってもいない行動を起こしがち。本当に離婚したくないなら、次のことは絶対にやらないようにしましょう。

・暴言や暴力
・パートナーの考えを全否定
・離婚届の記入
・別居

感情的になってこれらをしてしまうと、夫婦関係を修復するのが難しくなってしまうので、離婚したくないなら冷静に対応することが大切です。

また、離婚理由を聞き出そうとしても、答えてくれないケースもあります。理由を知ろうとするあまり、尾行したり、勤め先に電話したりなどの行動に出てしまう人もいますが、本人にバレると関係を修復することができなくなってしまうので、どうしても知りたい場合は、探偵会社に依頼するなど適切な方法を取りましょう。

 

相手に感謝の気持ちを伝えましょう


長い間生活を共にしていると、パートナーの嫌な部分にばかり目が向くようになってしまって、良い部分が目につかなくなってしまいますよね。

いつの間にか相手がしてくれることすべてが当たり前のことになってしまうので、パートナーを責めたり、否定したりする言葉ばかりで、感謝の気持ちを持つことさえ忘れてしまうものです。

でも、パートナーがしてくれる「当たり前」のことは、決して当たり前のことではありません。あなたも家族のためにしていることが「当たり前」のことだと思われていたら、気分が悪くなるでしょう。

パートナーも同じです。離婚したくないなら、この機会にパートナーが家族のために何をしてくれているのかを見つめ直し、どんな些細なことでもパートナーがしてくれたことには感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。

 

あなた自身が変わりましょう


夫婦関係を修復するには、あなた自身が変わる必要があります。パートナーが離婚したいと思う原因が、過干渉や束縛といった二人の距離感にある場合は、パートナーを信頼して、適度な距離感を保つよう心がけることが大切です。

些細なことで喧嘩が絶えないことが理由となっている場合には、感情をコントロールする、パートナーに対する思いやりを持つなど、パートナーへの接し方を見直すと良いでしょう。

あなたが、離婚したくない、夫婦の関係を修復したいという場合には、家庭を居心地の良い場所だと思ってもらえるよう努力する必要があります。

自分が変わることに対して「どうして私だけが変わらなければいけないのか」と思ってしまう部分もありますが、自分が変わればいつの間にか相手も変わっているものです。

また、努力した結果、離婚が白紙に戻っても、パートナーを思いやる気持ちを忘れてしまえば、再び離婚を切り出されるかもしれません。

そうなれば、関係を修復するのは不可能に近くなってしまうので、将来的な危険を回避するためにも、あなた自身が変わることが大切なのです。

 

第三者に相談しましょう


離婚を切り出された場合、どんなにがんばっても一人では問題を解決できないことがあります。そんなときには、弁護士やカウンセラーなど第三者に相談しましょう。

意外なところでは、家庭裁判所もおすすめです。家庭裁判所と言えば、離婚するための調停が行われるイメージが強いものですが、実は離婚の回避をサポートしてくれる「円満調停」というものがあります。

これは、夫婦二人と調停委員によって執り行われるもので、調停委員が夫婦の間に入り、お互いの話を聞くことで、離婚を回避する方法や夫婦関係を修復する方法を話し合ったり、今後の方向性をアドバイスしてくれる場です。

弁護士を通さなくても申し立てできるので、離婚したくないけれど、一人ではどうにもならないという人は、検討してみても良いですね。

また、あなたが離婚したくないと拒否しても、パートナーが一方的に離婚届を書いて役所に提出してしまうことがあります。これが受理されてしまうと、法律上の夫婦でなくなるだけでなく、それを無効とする手続きをするのが大変になってしまうので、離婚を強行されてしまう前に、役所で離婚届の「不受理申出」を提出しておくと安心です。

 

いかがでしたか。ある日突然、何の前触れもなく離婚を切り出されると、驚きとショックで冷静な判断ができなくなってしまいますよね。パートナーをまだ好きだったり、子どものことやこれからのこと、世間体を考えたりすると、離婚したくないと考える人も少なくないのではないでしょうか。

夫婦の関係を修復してやり直したいと思うときには、まずパートナーがどうして離婚しようと考えているのか、その理由を知るところから始めましょう。この理由を知っておくことで、離婚を回避する方法が見えてきます。

離婚について話し合いをしていると、感情的になり、冷静な判断ができなくなってしまうため、その場の勢いで相手を責めたり、暴力を振るったり、離婚届を記入したりしがちですが、これらをすると、関係の修復が困難になってしまうので、絶対にやらないようにしましょう。

離婚を切り出されても離婚したくない人はぜひ、ここにご紹介した方法で夫婦関係の修復につとめてみてください。

まとめ

離婚を回避して夫婦の関係を修復するには

・ 相手が離婚したいと思う理由を知りましょう
・ これだけはやらないようにしましょう
・ 相手に感謝の気持ちを伝えましょう
・ あなた自身が変わりましょう
・ 第三者に相談しましょう

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c


1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c