結婚資金の相場はどのくらい?式の会場・タイプ別に解説

結婚資金の相場はどのくらい?式の会場・タイプ別に解説
ご結婚が決まった方、ご婚約おめでとうございます。これから結婚式の準備をする方が多いことでしょう。一生の一度の大切な日ですから、成功させたい、素敵な結婚式にしたいと思うことは当然ですが、なにぶん初めてのことですから、わからないこと、不安なこともあるでしょう。特に、大きなお金が動くことですから慎重になりますよね。

結婚式を挙げるために必要な結婚資金がいくらかご存じでしょうか。ハネムーンや新生活に必要な経費を抜くと、300万円前後と言われています。もちろん、そのうちいくらかはご祝儀として返ってきますが、ひとまず結婚資金は300万円と考えておいていいでしょう。

また、結婚式もどの会場、どのタイプで行うかによって料金に差があります。今回は挙式、披露宴をいくつかのタイプに分けてお伝えします。それぞれで結婚資金がいくら必要かも記載しておりますので、ぜひ参考にしてみてください。



 

結婚資金の相場はどのくらい?
式の会場・タイプ別に解説

 

挙式1:女性の憧れ!純白なドレスを纏いチャペルで愛の誓い


女性なら一度は憧れるであろう純白のウェディングドレスとバージンロード。非日常的なロマンチックな空間で親族、友人に祝福されるチャペル式はいつの時代も人気があります。多くのカップルは街の教会ではなく、ホテルや専門式場内にあるチャペルで挙げることがほとんどです。

気になる結婚資金ですが、挙式自体は5万から10万ほどで行うことができます。その他に新朗新婦や親族の控え室代、衣装代、ヘアメイク代、ブーケ代などが追加されます。

女性が一番気になるウェディングドレスの料金ですが、20万円以上かけた新婦が多く傾向にあります。20万以上かけないと気に入ったドレスが見つからないという理由もあるようです。

 

挙式2:身の引きしまる厳かな神前式・仏前式


ウェディングドレスを着るチャペル式の挙式が人気な一方、身内や本当に親しい友人数人のみで行う神前式・仏前式も人気があります。

神社やお寺を訪れた際に、挙式を行っているシーンに出会ったことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。こちらも非日常的であり、厳かな雰囲気で結婚の重さを改めて感じた方や気を引き締める方が多いようです。

結婚資金ですが、挙式の費用は5万から20万円と幅があり、チャペルで挙げるよりやや高めになっています。挙式を行う神社やお寺によって料金がかなり違うため、事前に調べておくことをオススメします。衣装代は新郎新婦で20万円前後となっています。

 

披露宴1:安心と信頼のホテルや専門式場での披露宴


披露宴を行ったカップルの半数以上がホテルや専門式場で披露宴を行っています。ホテルや専門式場は披露宴も慣れていますから、プランナーも様々なアイディアを出してくれたりきめ細やかなサービスを受けられる利点があります。また、料理のレベルが高いこともいいですよね。ホテルは融通が利かないと思われがちですが、そんなこともありません。

オプションや料理のグレード、招待する人数にもよりますが、100名で300万円前後の結婚資金が必要だと考えておけば問題ないでしょう。最終的には新郎側と新婦側で折半することが多いですから、自身の結婚資金は100万円前後になるでしょう。

 

披露宴2:友人とパーティー感覚!素敵なレストランの貸切披露宴


ホテルや専門式場に根強い人気がある一方、レストランを貸し切って披露宴を行うカップルもいらっしゃいます。こちらはパーティーに近い感覚で、友人と一緒に楽しむ披露宴になっています。

ホテルですとお花やカメラマンなど、提携したお店を勧められたり、他の業者に頼もうとすると持ち込み料を取られることがほとんどですが、こちらはレストランなのでそのような縛りはないところも多く、安いお店を選べるなどの利点があります。ただし、自分で手配しなくてはいけないので計画的に進めなくてはいけません。

結婚資金ですが、こちらはどのようなレストランを貸し切るかで料金の幅がかなり出てきます。料理代と貸切代で150万円から200万円くらいが多いようです。上手に行えばホテルや専門式場より安くなりますが、オプションを凝るとホテルや専門式場と同等、もしくは割高になるので注意が必要です。

 

披露宴3:クレイジー!?今話題の個性を表現する披露宴


「クレイジーウェディング」聞いたことがない方もいらっしゃるかもしれません。最近若いカップルに注目されているウェディングで、個性を表現することに特化したウェディングです。

「ホテルや専門式場では自分たちのやりたいことができない。けれど、自分たちで1から全てを作り上げる時間もスキルもない」と悩んでいる方のためにできたもので、クレイジーウェディングをサポートする会社では、新郎新婦が求めるコンセプトを元にアイディアを出してウェディングを一緒に考えてくれます。また、制約や持ち込み料なども発生しないため、かなり融通が利きます。

気になる結婚資金ですが、こちらはやりたいことによって料金が決まるため、数十万円で済むこともあれば300万円程かかることもあります。自分たちのお金のかけたいところにかけられることが強みのクレイジーウェディングですから、自分たち次第になります。

 

いかがでしょうか。結婚式をするにはお金がかかると言われています。結婚資金をしっかりと貯めておかなければならないと聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれませんね。事実、お金はかかります。

しかし、事前に予算をしっかりと決めておけばそれ以上かかることはないですし、なにより大切なことはどこで妥協するかでしょう。ドレスひとつにしても、お金に糸目をつけないというならば最高クラスのドレスを選べますが、予算のことを考えてランクを落とせるかなどが大切になってきます。一生に一度のことですから、凝りたい気持ちもありますが、冷静に判断しましょう。

また、結婚資金がさほどなくてもクレイジーウェディングのように、お金をかけたいところにかけられたり、自由な形式のものができたりしますので、どれが自分たちに合うか考えてみてはいかがでしょうか。この記事を読んで、挙式・披露宴にどれくらいの結婚資金が必要か参考になれば幸いです。

 

まとめ

結婚資金の式会場別相場はどのくらい?

・ロマンチックなキリスト教挙式は約5万〜
・厳粛で身内だけで誓う神前式・仏前式は約5万〜
・親身になってくれるホテルや専門式場での披露宴は100名で約300万
・周りを気にせず楽しめるレストラン披露宴は約150万〜
・「やりたい」を叶えるクレイジーウェディング披露宴はそれぞれ

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c