結婚式の予算の算出方法とは?項目ごとに解説します

結婚式の予算の算出方法とは?項目ごとに解説します
一生に一度の結婚式は、お嫁さんの希望を叶えた豪華なものにしたいですよね。しかし挙式にはいったいいくらかかるか見当もつきません。「結婚式のために300万円貯める」とよく言いますが、300万円とはどこから割り出された金額なのでしょうか。

そこで今回、結婚式にかかる費用を項目別に解説していきます。自分たちの希望の結婚式にするためにかかる費用を知ることで、的確な予算を算出することができるでしょう。

また、単純に結婚式にかかる費用を貯金するのではなく、ご祝儀で賄える分を後払いにする方法もあるのです。式場に問い合わせて、結婚式の費用の支払い方法などを聞いてみましょう。

若いうちに結婚式の予算を数百万円貯金するのは大変ですが、一生に一度の記念と思い、二人で協力して頑張ってください。



 

結婚式の予算の算出方法とは?
項目ごとに解説します

 

式場にかかる費用


結婚式場にかかる費用は文字通りピンキリです。安いところは「10万円から」を売りにしています。高いところはオプションなどつけていけば天井が見えない価格でしょう。

「ディズニーランドで式を挙げたい!」「ハワイで式を挙げたい!」などのこだわりがある方は、独身時代の貯金を頑張ってください。貯蓄に時間をかけた甲斐のある、充実した結婚式を挙げられるでしょう。

しかし単純に「結婚式を挙げられれば、場所にこだわらない。」という方々は、地域を絞り込んでその中の式場を片っ端からあたってみましょう。式場によりプランも費用も変わってくるので、まずは式場選びから始め、結婚式の予算の基礎とするといいでしょう。

 

花嫁の衣装代


結婚式で最も見どころがあるものは、きれいに着飾った花嫁さんでしょう。花嫁のウェディングドレスは、一生の記念として後悔のないものを念入りに選んであげたいところです。

式場によって「一種類しかない。」「100種類から選べます!」などの大きな違いが出てくるため、衣装のサービスの質の違いで式場を選ぶのもいいでしょう。ウェディングドレスの試着は、「結婚式まで夫に見られたくない。」という花嫁さんでなければ、男性も一緒に行ってアドバイスをしてあげるといいでしょう。

結婚式の予算として衣装のレンタル代は、ウェディングドレスが40万円ほどで、新郎の衣装も20万円ほど見ておくといいでしょう。式場で衣装を借りずに、レンタルドレスのお店などで衣装を借りると、費用を半額ほどに抑えられることもあります。

 

招待客への食事代


結婚式はたいていの場合フルコースの料理が振る舞われます。フルコースのフランス料理が好まれるため、大抵の式場ではフランス料理コースが一般的となっています。もちろん和食や中華も選べます。

どの料理であっても、費用は大して変わりません。招待客一人当たり5000円×人数が相場となっています。より豪華にしたいときなどは、金額の上乗せを計算して結婚式の予算を組むといいでしょう。

また、主役である花嫁と花婿の料理ももちろん出るのですが、主役の二人はほとんど料理に手を付けないことが多いようです。歯に食べ残しがついてしまったら、せっかくの結婚式が台無しになりますからね。

 

記念写真はスタジオで別撮り


結婚式場の外などで、風船をたくさん飛ばして招待客たちとスナップ写真を撮る式場もあります。それとは別に、日を改めて花嫁と花婿がスタジオに行って衣装に着替え、プロのカメラマンの手によって写真を撮るサービスがあります。

一生残り、子どもや孫の目にもとまるであろう結婚記念写真は、スタジオで別撮りをすることをお勧めします。結婚式場でとるスナップ写真は、来場者に配るなどのサービス付きで10万から20万円の予算を考えておいてください。

また、結婚式のビデオ撮影も、20万ほどでしてもらえます。結婚式の予算を抑えたい場合は、友人などにビデオ撮影を頼むといいでしょう。

 

引き出物の定価は?


引き出物の定価は、大体一人当たり3000円から5000円といったところでしょう。何を贈るかにもよりますが、印象に残る素敵な引き出物を、お二人で時間をかけて選んでいくといいですね。

グラスやお皿などの食器が一般的ですが、ユニークな引き出物も印象に残っていいでしょう。二人の名前や日付を入れる人もいるのですが、入れない方が喜ばれます。その代り、二人からの感謝のメッセージカードなどを添えておくといいでしょう。

 

挙式での花代


まずは花嫁の持つブーケですが、3万から5万円が一般的です。こだわりのある可愛いブーケにしたところで、値段はあまり変わらないでしょう。

また、卓上や会場の花をすべて合わせると、20万円ほどになります。卓上の花などは、招待客が持ち帰れるように工夫したりすることで、若干値段は上がりますが、サービスとしてとても喜ばれます。

 

さて、結婚式にかかる予算を項目別に書いてきましたが、参考になりましたでしょうか。結婚式にかかる総額を「20万円でやった!」という人もいれば、こだわりの結婚式で「400万円かかった!」という人もいるため、当人たちの希望によって大きく予算がかわります。

一生に一度の結婚式なので、悔いのないものにしてほしいですが、一方では、「あまり気合いを入れすぎず、ほどほどに。」というアドバイスも添えておきます。

結婚式は一つの通過点であり、本当の「結婚」はその後の長い年月をかけて作っていくものです。二人の思い出を作るチャンスはまだまだたくさんあるので、結婚式は予算に無理のない程度で、周りの方々への感謝を込めて挙げるといいでしょう。

 

まとめ

結婚式の予算の算出方法

・挙式代は10万~天井知らず
・新郎新婦の衣装代は合わせて40万円ほど
・招待客への食事代は5000円×人数分
・写真代は10~20万円
・引き出物は3000円×人数分
・挙式での花代は20万円ほど

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c