こめかみニキビを一週間で治す5つの方法

こめかみニキビを一週間で治す5つの方法
気付くといつの間にか出来ている、こめかみのニキビ…意外と気になるニキビですよね。普段は髪の毛で隠れてあまり見えませんし、鏡でよーく見る部位でもないのです。

でも、いつの間にか小さいものがたくさん出来ていて、大きく育ってしまうととても痛い…気付いたら最後、ついつい触りたくなってしまうこめかみのニキビ。隠せば隠すほど表情も暗くなって、自信もなくしてしまいますよね。

このニキビは、ちょっとした生活習慣を見直すことで改善する可能性があるのです。治ったら前髪のアップスタイルも出来て、明るい演出で楽しみも出来ると思いませんか。

今回は、しつこく増えていってしまうこめかみのニキビを、一週間で治していく方法をお伝えします。

シャンプー・リンスはしっかり洗い流すこと

問題のこめかみニキビと一番近い場所にあるのが、髪の毛です。この髪の毛のお手入れは行き届いているでしょうか。毎日お風呂に入っていたら「自分は大丈夫、ちゃんと清潔に洗ってるもの!」と思いますよね。

実のところ、普段私達が使っているシャンプーとリンス…特にドラッグストア等で売っているシャンプーやリンスは、髪のサラサラ感やしっとり感を出すために、ありとあらゆる化学物質や香料を使っているのです。

最近はそれも話題になり、ノンシリコンシャンプーや天然素材を使ったシャンプーというものも出て来ています。しかしそういった商品は、総じてお値段が張るもの…だからこそ、今使っているものでなんとかしたい!という考えになりませんか。

答えはとても簡単なことなのですが、洗髪で一番大事なのは『すすぎ』。しっかり流せていると思っていても、髪の先までシャワーを当てて、分け目を作り、地肌も指でシャカシャカしながら丁寧に流してみて下さい。

地肌から洗い流せたら、次の日汗や皮脂が髪を伝ってきても、こめかみに当たる毛先まで清潔な状態をキープすることが出来ますよ。

 

洗髪をしてから洗顔をすること

大多数の人が実行している事と思いますが、入浴で洗う順番は髪を先に洗い、その次に身体、最後に顔の順番が望ましいです。

単純に上から下に洗った方が順序良く流せる、というのが理由ですが、顔を最後にするのは、洗ったばかりの髪から水が流れて顔に付くのを防ぐためと、洗顔料のさっぱり感による乾燥状態の時間を、少しでも短くするため。

身体を洗っている間に髪から滴る水気は切ってしまいましょう。補足をすると、身体を洗う時には、手の届きにくい背中もしっかりと洗いましょう。そうすることで、化学物質が原因となってしまう背中のニキビも予防出来ますよ。

 

洗顔と保湿は正しい方法で行うこと

肝心の洗顔と、保湿のお話です。

1.洗顔メディアでも言われていますが、洗顔料はしっかりと泡立てて、ふわふわの泡で肌に触れないように、やさしく洗いましょう。

すすぐ時にもしっかり流すのですが、ぬるま湯をたっぷり使って、決してこすらないことが大切。拭く時も、顔にタオルをポンポンと当てて、柔らかく拭き取ってあげて下さいね。

2.保湿保湿はとても重要です。よく『ニキビの原因は顔の脂』という情報を耳にしませんか。これもよくある話なのですが、「それなら薬だけにして、保湿で顔に何か塗るのはやめよう…」と、保湿をしない方もいたりする様です。

この方法は、肌にとてもよくありません。確かにクリームをべたべたに塗るのは逆効果ですが、乾燥が原因のニキビがあるくらいなのです。

低刺激でエタノールなどを使っていない化粧水やローションを使い、なじませる感覚で顔全体をやさしく保湿。薬を使いたい場合は保湿をした上で、塗り過ぎない程度にニキビの上に薄めに塗りましょう。

外出の予定がないのであれば、その後は前髪をあげてニキビに髪が当たらない様にして下さい。顔も潤い、次の日までずっと清潔に出来るので、ニキビが回復する時間を長く保てますよ。

 

食生活を改善すること

「脂っこいものは控えなきゃ…」と食べ物を制限してストレスを抱え込んでしまうよりも、こめかみニキビ改善のための食べ物を摂取するよう心掛けること…ここに焦点を当ててみましょう。

新陳代謝、皮膚や粘膜を元気に保つ、疲労回復に貢献しているのは、ビタミンB郡だと言われています。

その役割を持つ、私達の生活に根付いた食べ物をご紹介すると、豚肉・レバー・卵・ほうれん草やブロッコリー・アサリ・海苔・かつおやいわし・納豆等。また整腸効果、便秘解消のために乳酸菌やビフィズス菌の入ったもので身体を綺麗にします。

そして、忘れてはいけないのが水分。身体がカラカラでは、代謝も滞ってしまいますよね。置き換えで摂取できるものは、積極的に食べてみましょう!

 

ストレスを軽減すること

ストレスを溜めると、皮脂の分泌量が多くなり、ホルモンのバランスを崩してしまうということをご存知でしょうか。こめかみは私達が動き回っている時間に、皮脂の分泌を盛んに行っている部位でもあります。

せっかく身体の外も中もケアしているのに、ストレスでニキビがひどくなってしまったら、それこそ台無し…とても勿体無いことですよね。特にホルモンバランスを整える重要な期間、思春期の若い人はこのトラブルに悩むことも多いのです。

大切なのは、・睡眠時間はたっぷりととること・リラックス出来る時間をきちんと作ることこの二点を、こめかみニキビ改善のために心掛けていきましょう。

 

このように、普段は髪に隠れて目立たないこめかみも、私達の肌は勿論、心身を守るために大事な役割を担ってくれています。

こめかみは私達に、ニキビを作ることで「毛穴詰まっちゃって苦しいよー!」とか、「ちょっと最近頑張り過ぎじゃない…?」ということを教えてくれているのですね。邪険にしてばかりでは、ストレスが溜まる一方になってしまうと思いませんか。

これも身体に必要なSOSと捉えて、適切な方法で優しくケアしてあげるのも、自分を大切にすることに繋がっていきます。

そうなれたらオシャレも気軽に楽しめて、自然に笑顔も増えて来るでしょう。是非ともこの方法にチャレンジして、明るい表情で過ごせる毎日を手に入れて下さいね。

まとめ

こめかみニキビを一週間で治すには

・ シャンプー・リンスはしっかり洗い流すこと
・ 洗髪をしてから洗顔をすること
・ 洗顔と保湿は正しい方法で行うこと
・ 食生活を改善すること
・ ストレスを軽減すること


連記事