迫り来る空腹を我慢せずに痩せる5つの方法

迫り来る空腹を我慢せずに痩せる5つの方法
美しく痩せたい願望は、女性なら誰でもあるものですよね。痩せる方法に関する情報が数多く飛び交っているので、どれか一度は試してみたことがあるのではないでしょうか。

痩せる方法として即座に思いつくのが食事量を減らすことですが、今まで好きに食べていたものを制限し、我慢するのは本当に辛いものですよね。痩せるためには空腹も仕方ない、と思っていても体は正直、お腹が人前でグーっとなって恥ずかしい思いしたり・・・なんてこともあるでしょう。

空腹を我慢せず、食事を楽しみながら痩せる方法があればこんなに嬉しいことはありません。実は痩せるための少しの工夫で空腹を我慢することなく、美しく痩せる方法があるんですよ。ここでは今からその方法を具体的にお伝えします。



 

迫り来る空腹を
我慢せずに痩せる5つの方法

 

空腹のメカニズムを知って空腹を乗り切る工夫を


普段、食事を取るタイミングを逃したり食べ損ねたりした時、また痩せるために食事量を減らしたりすると当然空腹を感じるようになります。では、空腹はなぜ感じるようになるのでしょうか。

空腹には血糖が関係しているのです。人は血糖値が下がると空腹と感じるようになります。逆に食事を取ると血糖値が上がり満腹感を覚えます。とういうことは、痩せるためには、少量の食事で満腹感が得られれば良いわけです。

ではここで少量の食事で満腹感を得て、痩せる方法をお伝えします。

①食べる順序に気を付ける
最初に野菜やこんにゃくなどの繊維質を食べ、その後に肉や魚、ご飯と続けます。
こうするとゆっくり血糖値が上がるので満腹感を感じやすくなります。

②ゆっくり、よく噛んで食べる
早食いは絶対してはいけません。ゆっくり、できれば30回ほど噛んで食べましょう。

③味噌汁を食べたり、お茶や水を少しずつ飲む
汁物は満腹感が得やすいので、おすすめです。お茶や水も冷たいものではなく、低温のものを少しずつ食間に飲むようにしましょう。

この食事方法は、空腹感に悩まされることもなく、食事量も減らせるので痩せる方法としては最適です。

 

週2日のゆる断食でストレスなく痩せよう


断食と聞くと、辛い、苦しい、リバウンドがありそう、そんなイメージを持ちますよね。でも週2日のゆる断食なら、痩せる方法としてストレスなく大きな効果が期待できるんですよ。

ゆる断食は、胃腸を休めて空の状態にすることで一旦体内をリセットし、代謝を高めることができるので、痩せることに繋がるというわけです。ではその具体的な方法をお伝えしましょう。

① 1週間のうち2日だけゆる断食の日と決め、1日の摂取カロリーを女性なら500キロカロリー、男性なら600キロカロリーまでに抑える。

② ゆる断食中の2日間は、ウォーキングやストレッチなど軽い有酸素運動を意識して取り入れる。

③ ゆる断食日以外の日は、基本的に何を食べてもOK。ただし早食い、大食い、必要以上のカロリー摂取はNG。

全く何も食べない断食だと、続けられる気がしませんが、500キロカロリー程度まで食べることができる、ゆる断食なら続けられそうですね。500キロカロリーのメニューにはどんな食材を取り入れたらよいのでしょうか。

痩せる方法として行うゆる断食では、低GI食品を摂取するのがおすすめです。低GI食品は、玄米、そば、りんご、グレープフルーツ、バナナ、大豆、アボガド、チーズ、ヨーグルトなど、肉類では豚もも肉、鳥のささみ、飲み物ではお茶、水、ブラックコーヒーなどです。

低GI食品をうまく組み合わせれば、500キロカロリーに抑えて満足感のある食事をすることは可能です。ゆる断食は、痩せる方法としてだけではなく老化をふせぐ効果もあるので、一石二鳥ですね。是非試してみてください。

 

空腹の時こそ痩せるチャンス!


人は血糖値が下がると空腹を感じるようになるので、血糖値が上がり満腹感が得られるような食事の方法を1でお伝えしました。人間の体は、空腹時に血糖値が下がり、更に脂肪が燃焼する作用が働きます。逆に満腹時は脂肪を蓄積しようとします。

空腹時に脂肪が燃焼するのであれば、このチャンスを逃さないわけがありません。空腹時に軽い運動をすることで、より効果的に痩せることができるのです。空腹時なのでハードな運動はする必要はありません。軽いジョギングや早歩きをしたり、階段を使って上り下りしたり、自分ができる範囲の運動を痩せる方法として空腹時に取り入れてみましょう。

運動をした後は、不思議と食欲が減っています。是非試してみてくださいね!

 

空腹を我慢するという意識を捨てよう


こんなにお腹がすいているのに、痩せるためには食事をガマンガマン・・・少しの間はガマンできてもこんな痩せる方法では、長続きしません。逆にガマンしていた分、反動でドカ食いしてしまい、リバウンドでかえって前より太ってしまうかもしれません。

まずは空腹を我慢する、耐えるという意識を今日から捨てましょう。空腹感は今までお伝えした食事や軽い運動で体の中から痩せる体質に改善することが一番ですが、空腹に耐えきれず食べ物に手が伸びてしまう前に、ほんの少しのことで簡単に空腹を紛らわすことができます。今からその方法をお伝えしましょう。

①黒砂糖をいつもカバンに入れておく
黒砂糖は白砂糖よりもゆっくり血糖値が上がるので、少し食べるだけで空腹感が抑えられます。

②ドライフルーツやナッツ類をいつも手の届く場所においておく
ドライフルーツやナッツはよく噛むことで満腹感が得られます。

③水をこまめに飲む
食事の前に水を飲んだり、空腹の時に水を飲むだけで食事の量は確実に減ります。

④ガムを噛む
噛むことで、満腹中枢が刺激されるので空腹時に効果的です。

⑤時間があれば寝てしまう
家にいて時間がある場合は、とりあえず寝てしまいましょう。
起きると意外に空腹がおさまっているものです。

 

水や炭酸水をこまめに飲もう


お腹がすいてどうしても食べ物に手が伸びそうな時、痩せる方法として水や炭酸水を飲み空腹を紛らわすことが効果的です。

特に炭酸水は水に炭酸ガスが溶け込んだものなので、炭酸水を飲むと胃が膨れ上がって満腹中枢が刺激されることがわかっています。

空腹をいつも手元に水や炭酸水を常備しておくようにしましょう。

 

さて、痩せる方法として食べないことが一番だと、誰でも分かっていることです。いつも好きなだけ同じように食べていては痩せることはできません。しかし、空腹を我慢するということはとても辛いものですし、日中仕事をしていると体力を消耗し、空腹もピークに達してしまうでしょう。

そこで、ここでご紹介した空腹を我慢せずに痩せる5つの方法を試してみましょう。どの痩せる方法も空腹を我慢して健康を害するようなものではありません。これらの痩せる方法を試していくうちに、痩せる体質に変わっていくので空腹を我慢するという意識もなくなってきます。

痩せたい人にとって、食べる楽しみも大切なことです。空腹を我慢するという意識をなくして、食べるべきとにしっかり食べたいものを食べ、食事をセーブしている時には、ご紹介した痩せる方法を実践し、健康的に痩せて美しい体を手にいれましょう。

 

今日のまとめ

迫り来る空腹を我慢せずに痩せる5つの方法

1. 空腹には血糖値が関係しているというメカニズムを知ることで
→ 食事をコントロールできる

2. 週2日のゆる断食で胃腸を休め
→ 痩せる体質をつくろう

3.血糖値の下がり脂肪が燃焼する空腹時に
→軽い運動をして効果的に痩せよう

4. 空腹を我慢するという意識を捨て
→空腹を紛らわすことができることを試してみよう

5. 水や炭酸水をいつも手元に置いて
→こまめに飲むようにしよう

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c