口下手を長所に転換して最高の恋人と巡り合う5つの方法

口下手を長所に転換して最高の恋人と巡り合う5つの方法
自分は口下手で恋人以前に新しい人間関係を築くのも苦手だと、気に病んでいる方は多いと思います。ただ、人とうまく話せない、気の利いた事が言えないという悩みは、決して珍しいことではありません。

言葉が足らないから、誤解を受けることを恐れて人と接することに消極的になってしまうのはとても勿体ないことなのです。

「口下手」という表現にネガティブなイメージがあるかもしれませんが、一方で“物静かで言葉を選ぶ”とも言えるのではないでしょうか。そして、そういうタイプの異性を好む人も決して少なくないはずです。

口下手であることを無理に克服しようとせず、むしろ長所として口達者な人とは違う良さを伸ばしていくべきでしょう。そこで今回は、口下手を長所に転換して最高の恋人と巡り合う5つの方法をお伝えします。



 

口下手を長所に転換して
最高の恋人と巡り合う5つの方法

 

相手が話をしたくなる“聞き上手”になりましょう


恋人に限らず、新しい友人や仲間をつくる際などにもコミュニケーションが重要ですよね。口下手であることを自覚している方は、コミュニケーション能力に関して自信が持てない事があるかもしれません。けれど、話題が豊富で口数が多い人の方が良好な人間関係を築きやすいとは限りません。

一方的に話すばかりでは相手を疲れさせてしまいますし、“我の強い人”だという印象を持たれてしまう可能性もあります。人は自分の話を真剣に聞いてくれる人、気持ち良く話をさせてくれる相手に好感を抱くものです。

ひたすら黙ってしまうのは問題ですが、たとえ少ない口数でも相手の話に共感している事を示しながら、なるべく相手に話をしてもらえるように会話を進める事を意識してみてください。話すのが苦手なら聞き上手を目指しましょう。

 

余計な事を言わない口の堅さで信用を得ましょう


口下手であることや、口数が少ないということは、別の見方をすれば「余計な事を話さない」「不用意に口にしない」とも言えますね。つまり、口が堅いという事です。口の堅さは信用や信頼に繋がります。

良好な人間関係を築く上で、信用や信頼はとても大切な要素です。恋人のように親密な関係にある相手に対しては、特に求められるものではないでしょうか。こうした口の堅さに関しては、聞いてもいないのに自分から「口が堅い」と言う人の方がむしろ信用できません。

普段から口数が少ないからこそ、口の堅さについて説得力があるということです。先の項目で、聞き上手を目指しましょうとお伝えしましたが、口の堅さに対する信頼感が高いほど、話す側は安心して大切な話ができますよね。そして、そんな大切な話ができる相手にこそ、心を許してくれるはずです。

 

悪口や嘘が言えない誠実さを示しましょう


先ほどお伝えした「口下手な人は口が堅いとも言える」のと同じように、口下手であることは、「悪口を言う」ことが少ないとも言えますね。さらに、人を騙すような嘘もつけない、とも言えるでしょう。

つまり、「口は災いのもと」や「舌先三寸」という口数が多いことによるトラブルやネガティブなイメージとは無縁だということです。いくらおしゃべりが上手で楽しい人でも、他人の悪口を平気で言うような相手は信用できませんよね。

心にもないことをペラペラと話すような人は尚更です。口数が少なく上手い言い回しができなくても、嘘のない真摯な言葉は必ず伝わりますし、誠実な印象を与えます。

もちろん、言葉にしなさ過ぎることもトラブルの元になることはあります。ただ、周囲の会話に合わせようと無理に余計なことを言う必要はありません。言葉にも「量より質」があると考えると良いですね。

 

感情的にならず落ち着きのある振る舞いをしましょう


言葉に関するトラブルとして「売り言葉に買い言葉」というものがあります。思ったことをスラスラと言える人は、反面、感情的になった時に言うべきではないことを口走ってしまうことも少なくないのではないでしょうか。

その点、口下手な人はとっさに気の利いたことを言うことが苦手かもしれませんが、感情的になって「あんなこと言うつもりじゃなかった…」と後悔するようなことは少ないのではないでしょうか。

言葉を選んで丁寧に話すことは、緊迫した状況の中では案外難しいものです。気持ちが昂ぶっている相手の気持ちを抑えることにも繋がりますね。

また口数が少ない人は、周囲を急かすことなどをしない落ち着いた印象もあります。そうした、穏やかで静かな雰囲気を好む異性は少なくないですよ。

 

口に出さない気配りや気遣いを見せましょう


口下手で言葉が少なくても、仕事をしっかりするということや周囲の人に対して親切であることがわかると、人間的に信頼度は高くなりますよね。

言葉ではなく態度で示す方がより伝わるという場合も少なくありません。また、例えば仕事で疲れている友人に「無理しないでね」とメモをつけてちょっとしたお菓子などをそっと差し入れる、というような場面を想像してみてください。

話しかけなくともさりげなく見せる優しさや気遣いが強く心に残ることもあるのではないでしょうか。有言実行できることはもちろん素晴らしいですが、言葉足らずでもしっかりと行動で示すことができれば印象は良くなることはあっても悪くなることはないはずです。

そして、こうした言葉だけではなくさり気なく見せる行動をちゃんとわかってくれる人は良い理解者となってくれるでしょう。

 

いかがでしたか。

口下手を長所に転換して最高の恋人と巡り合う5つの方法をお伝えしました。性別にかかわらず、初対面の人と円滑にコミュニケーションをとるのは、話が上手な人や会話が面白い人の方がスムーズかもしれません。

しかし、口下手であることを自覚している人が人間関係を築いていこうとするときに、無理に話好きの人々と同じように振る舞う必要はないのです。

むしろ、口下手であることを長所として活かすことで、言葉ではなく行動や内面をみて自分のことを認めてくれる、理想の相手と出会える可能性が高まるはずですよ。

ただ、そのためには口下手であることで後ろ向きにならず、自分に自信を持って相手と接することです。今回ご紹介した5つの方法を参考に、ぜひ最高の相手を見つけてください。

 

まとめ

口下手を長所に転換して恋人と巡り合うには

・ 相手が話をしたくなる“聞き上手”になりましょう
・ 余計な事を言わない口の堅さで信用を得ましょう
・ 悪口や嘘が言えない誠実さを示しましょう
・ 感情的にならず落ち着きのある振る舞いをしましょう
・ 口に出さない気配りや気遣いを見せましょう

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c