彼氏の甘えん坊を改善する、上手な声かけの極意

彼氏の甘えん坊を改善する、上手な声かけの極意
付き合い当初は彼氏の甘えん坊に「もう、○○君ったら」と優しく接することができたあなた、交際期間が長くなったり、結婚・出産などにより、徐々に彼氏の甘えん坊に対して寛容になれなくなりますよね。

彼氏の甘えん坊にイライラしたり、ときには「私はあなたのママじゃない」なんて怒鳴りたくなることも!その結果、拗ねた彼氏をなだめるためにさらに手間がかかったり……彼氏の機嫌を損なうことなく彼氏の甘えん坊を改善したいと考えている彼女や奥さんは多いでしょう。

彼氏の甘えん坊を改善するためには、「甘えるな」と真正面から言ったのでは逆効果!彼氏の自尊心をくすぐったり、「俺が守ってあげなきゃ」という気持ちをうまく引き出すことが大切です。ここでは彼氏の甘えん坊を改善する上手な声かけの極意をお伝えします。



 

彼氏の甘えん坊を改善する、
上手な声かけの極意

 

「ずっと一緒にいようね」と彼氏を安心させる一言をかけること


彼氏が甘えん坊になる理由の一つは、不安感・心配性です。彼女(あなた)に捨てられるのではないか、フラれるのではないかという不安から、あなたに必要以上にべったり甘えてしまうのですね。

「僕をかわいがって」とママに甘える子供の心理と同じです。彼氏の甘えん坊を改善するためには、この彼氏の不安感を取り除いてあげることが一番!

「ずっと一緒にいようね」「大好きだよ」とあなたの方から彼氏を安心させる一言をかけてあげましょう。いつもは自分ばかりが「好き、好き」と言っている彼氏は、あなたからの「大好き」の一言であなたの愛情を感じとることができ、度を過ぎた甘えん坊の言動をしなくなります。

 

「すごいね」と彼氏をほめる・持ち上げる一言をかけること


彼氏の甘えん坊に困ったときには、彼氏をほめて付き合う前・付き合い始めた頃の「頼れる男性」に戻ってもらいましょう。

たとえばあなたが届かない天井の電球を交換してもらう。本当は、イスや脚立を使えば彼氏の手を借りなくても交換することはできるのですが、ここはあえて彼氏にお願いします。

そして、彼氏が交換してくれたら「すごい」「かっこいい」「さすがだね」と感嘆の一言!これだけで彼氏は鼻高々、と同時に「彼女に頼られることの喜び」「頼れる男性としての自覚」を取り戻してくれます。彼氏の甘えん坊の言動も改善しますよ。

 

「お願い。私にはできないの」と彼氏にお願いごとをすること


彼氏の甘えん坊に付き合って、あなたばかりが彼氏にあれこれやってあげていたのでは、いつの間にか彼氏はあなたの「子供」、あなたは彼氏の「ママ」になってしまいます。

そうならないうちに、あなたも彼氏に頼み事をして、彼氏に頼ることを覚えましょう。炊事洗濯掃除などの家事はもちろん、子供の面倒をみる、買い物に行く、運転、電球の交換何でもよいです。

「自分でやった方が早い」なんて思わず、彼氏にお願いしてみてください。このとき、「忙しいからお願い」ではなく、「私にはできないからお願い」という言い方をします。

「彼女のできないことを簡単にやってのける男らしい俺」という気持ちにさせることが大切!さらに、彼氏がお願い事をやってくれたら、すかさずほめます。

「頼って、ほめる」この2ステップで、彼氏の甘えん坊を改善して「頼りになる男性」になってもらいましょう。

 

「嫌なことがあった?」と彼氏の弱音に吐かせてあげること


「昔はこんなことなかったのに、最近、急に甘えるようになった」というときには、彼氏は外でのストレスをあなたに甘えることで癒しているのかもしれません。

こんなときは、甘えるだけ甘えさせてあげることはもちろん、「嫌なことがあった?」「疲れているんだね」と彼氏が弱音を吐きやすくなる一言をかけてあげましょう。

同じ甘えるにしても、ストレスを抱え込んだまま甘えるよりも、ストレスを全て吐き出してから甘える方がストレス解消には効果的!甘える時間も短くなりますよ。

 

何も言わずに放置すること


彼氏の度を超す甘えん坊には、もうあえて声かけはしない!「放置」が一番の手です。声をかけるときも、「私はあなたのママじゃないから」「私も疲れているし」「自分のことは自分でやってね」と、甘えを許さない断固とした言葉をかけます。

あなたの冷たい言葉や態度で、彼氏も自分の甘えが度を越してしまったことを自覚、大人・彼氏の自覚を取り戻してくれますよ。

きっぱり断固とした言葉をかけるのが苦手な方は、あなたの方が彼氏の上をいく甘えん坊になるのがおすすめです。

うっとうしがられてもべたべてくっつきに行く、「できない」「やって」を繰り返すことで、彼氏は「自分がしっかりしなければ」という自覚を持つようになります。こうなればしめたもの、あとは彼氏に甘えん坊のポジションを再度明け渡すことのないように気を付けるだけです。

 

いかがでしたか。以上が、彼氏の甘えん坊を改善する上手な声かけの極意についてでした。彼氏の甘えん坊にイライラすると、つい「甘えるな」と怒ったり「もう知らない」と突き放してしまいたくなりますが、そこはぐっと我慢!

彼氏のプライドを傷つけないよう、むしろ男としてのプライドを思い出させる一言で彼氏の甘えん坊を改善していきましょう。そのためには、「すごい」「私にはできない」「さすが○○君だね」、この3つの言葉がポイントです。

これらの言葉をガンガンつかって、彼氏をその気にさせてしまいましょう。また、彼氏に甘えさせるのではなく、あなたの方から彼氏に甘えることも効果的!先手必勝で、彼氏が甘えてくる前にあなたの方から甘えてみてください。

まとめ

彼氏の甘えん坊を改善する声かけとは

・ 「ずっと一緒にいようね」と彼氏を安心させる一言をかけること
・ 「すごいね」と彼氏をほめる・持ち上げる一言をかけること
・ 「お願い。私にはできないの」と彼氏にお願いごとをすること
・ 「嫌なことがあった?」と彼氏の弱音に吐かせてあげること
・ 何も言わずに放置すること

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c


1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c