彼氏がいるのに別の人を好きになった人への5つのアドバイス

彼氏がいるのに別の人を好きになった人への5つのアドバイス
彼氏がいるのに別の人を好きになってしまうこと、ありますよね。「いけないこと」だと分かっているのに気持ちを止められない、そんな経験は誰にでもあるはずです。

彼氏がいるのに別の人を好きになってしまったとき、どのように対処すればよいのでしょう。できれば、彼氏を傷つけずきれいに別れて、新しい恋をスタートさせたい!図々しい希望かもしれませんが、別の人を好きになってしまったときは仕方ない、どんないい子ちゃんだってこのような結果を望んでしまうものです。

とはいえ、この希望を叶えるのはなかなか難しいもの、まずは今の彼氏との関係を清算しなければいけませんが、「別の人を好きになったから」と言って「はいそうですか」と別れてくれる彼氏なんてそういませんよね。

しかし、新しい恋愛を始めるためにはこの難しいことをやってのけなければなりません。ということで、今回は彼氏がいるのに別の人を好きになった人への5つのアドバイスをお伝えします。



 

彼氏がいるのに別の人を好きになった人への
5つのアドバイス

 

彼氏以外を好きになったとき、すぐにはその気持ちを大っぴらにしないこと


彼氏がいるのに別の人を好きになってしまったとき、その気持ちはひとまず心の奥に隠しておきましょう。何事もきっちりしたい方、彼氏をだますのに罪悪感を覚える方には非常に辛いことかもしれませんが、大っぴらにしない方があなただけでなく彼氏も無駄に傷つかずに済みます。

彼氏がいるのに別の人を好きになったとき、その気持ちが本当に恋愛感情なのか、すぐには判断できません。時間が経てば自然に消えてしまう浮気心の可能性もありますし、彼氏への不満が別の人を「好きだ」と思わせているのかもしれません。

自分の気持ちを確かめるまでは、彼氏以外の男性が好きということは隠しておくことです。好意の正体が浮気心や彼氏への不満だったときには、あなたの中だけで問題をとどめておけば彼氏に気付かれずこれまで通りの交際を続けることができます。

もし、「別の人を好きになっちゃった」と彼氏に告げた後、自分の本当の気持ちに気付いたとしたら、悔やんでも悔やみきれません。彼氏がいる身であるのなら、「好き」という気持ちだけで突っ走らず、慎重に対処しましょう。

 

好きになった人を諦める努力をすること


彼氏がいるのに別の人を好きになったとき、あなたに彼氏への愛情が残っているのなら、新しく好きになった人は諦めなければいけません。二股はだめですよ。好きという気持ちを消すための努力をしてみましょう。

その男性に恋人がいることを知る、男性に「自分には彼氏がいること」を宣言する、男性ともう会わないなどの努力で好意を消すことができます。一番効果的なのは「もう会わない」でしょう。彼氏と他の男性の間で心が揺れ動くときには、その男性とは会わないのがおすすめです。

 

彼氏と別の男性を天秤にかけ、自分が本当に好きな男性を見極めること


彼氏がいるのに別の人を好きになる、そのこと自体は悪いことではありません。結婚しているのであれば話は別ですが、単なる恋愛関係であるのなら、二股をかけない限り別の人を好きになったり、それが理由で彼氏に別れを告げることは非難されるべきことではありません。

つまり、きちんと「別れ」の手続きをすれば、彼氏と別れて新しく好きになった人にアタックすることに問題はないわけです。ここで大切なのがあなたの本当の気持ちです。彼氏と別の男性の間で心が揺れ動ている方、「本当に好きなのはどちらの男性なのか」、よく考えてみましょう。

自分の本当の気持ちが見えないときには、しばらくどちらの男性とも会わないのがおすすめです。会わない日々を過ごしているうちに、自然と「会いたいな」という気持ちが募る男性こそがあなたの本当に好きな人です。ぜひ試してみてください。

 

彼氏とは円満に別れること


彼氏がいるのに別の人を好きになった、彼氏への愛情がなくなってしまった、そんなときは今の彼氏とは別れるしかありません。このとき、なるべく円満に別れる努力をしましょう。

「別に好きな人ができた」ということを隠せば、後々、嘘をついたことがばれたとき彼氏に恨まれてしまいますので、別れたい理由については嘘をつかずに真実を語った方がよいです。

大切なのは相手に別れの原因を求めないこと、「あなたがだらしないから、別の人を好きになった」「私が浮気したのはあなたのせいでもある」のように別れの原因を相手のせいにしてしまえば、あなた自身は気持ちが楽になりますが、相手は納得できません。

あなたから持ち掛ける別れ話です。あなたが100%悪いというスタンスで別れ話に臨みましょう。そうすれば、別れ話が泥沼化することなくきれいに別れることができます。

 

別れ話の成立前から好きになった人にアタックするのはルール違反、順番を守ること


彼氏がいるのに別の人を好きになった、彼氏とはもう別れると決めた、そうなれば好きになった人を別の女にとられる前に自分の彼氏にしたいという気持ちが強くなりますよね。

彼氏との別れ話がこじれればこじれるほど、「早くしなきゃ別の女にとられちゃう」という焦りは大きくなります。こんなときは別れ話が成立する前に新しい恋愛をスタートしてしまいたくなりますが、それはルール違反!焦る気持ちは分かりますが、恋愛のルールは守りましょう。

ルール違反をすれば、別れ話が余計にこじれるのはもちろんのこと、新しい恋愛もうまくいきません。新しい恋愛は別れ話が成立してから!順番は守ってくださいね。

 

いかがでしたか。

以上が、彼氏がいるのに別の人を好きになった人への5つのアドバイスでした。彼氏がいるのに別の人を好きになってしまったときは、まずは冷静になって、自分の気持ちを確かめましょう。

胸のときめき、ドキドキ感はちょっとした出来心や錯覚の場合があります。よくよく自分の気持ちを確かめたうえで、やっぱりその人を好きになってしまったというときには、今の彼氏に別れを納得してもらわなければいけません。

このとき、嘘や隠し事をするよりも、素直に自分の気持ちを伝える方がよいです。後で「好きな人ができたから別れた」ということを元彼に知られてしまうと、トラブルになることがあるからです。

また、新しい恋愛は必ず今の彼氏との関係を清算してから始めましょう。順番を破ると、後でとんだしっぺ返しにあいますよ。気をつけてください。

 

まとめ

彼氏がいるのに別の人を好きになった人へのアドバイスとは

・ 彼氏以外を好きになったとき、すぐにはその気持ちを大っぴらにしないこと
・ 好きになった人を諦める努力をすること
・ 彼氏と別の男性を天秤にかけ、自分が本当に好きな男性を見極めること
・ 彼氏とは円満に別れること
・ 別れ話の成立前から好きになった人にアタックするのはルール違反、順番を守ること

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c